保育・保活記事一覧
  • 保育・保活

    保育所の一時預かりの内容とは。利用できる理由や気をつけるポイント

    日頃、保育園を利用していないパパやママにとって、急用やリフレッシュなどを理由に、一時的に子どもを預けたいときがあるかもしれません。そのようなときに利用できるのが、保育所の一時預かりです。しかし、詳しい内容を知らず、なかなか利用できずにいる方もいるのではないでしょうか。今回は、保育所の一時預かりについて、利用できる理由や内容などについて詳しく紹介します。
  • 保育・保活

    子どもを一時的に預ける場所の種類。預け先の具体的な活用法とは

    日頃、子どもを保育園などに預けていない場合や、預けている場合であっても一時的に子どもを預けられる場所を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、預けたい理由に応じて、どんな預け先があるのかわからない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時的に預ける場所の種類や、具体的なシーンに応じた活用内容を紹介します。
  • 保育・保活

    産後の保育園はどうする?保育園情報や上の子の送迎について

    これから働こうと思っているママにとって、保育園の入園は重要な問題になってくるでしょう。いつから入園できるのか保育時間など、基本的な情報が気になる方もいるかもしれません。また産後、上の子の保育園の送迎について悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。そこで今回は、保育園の基本情報や保活内容、二人目の保育園について紹介します。
  • 保育・保活

    フリーランスで働く場合の保育園入園。手続きに必要な書類や保活を進める上でのポイント

    現在、都市部を中心に保育園に入園しにくい現状があります。そのなかで、フリーランスで働いている方のなかには「保育園は入りにくいの?」と漠然とした不安を抱えている方もいるかもしれません。そこで今回は、フリーランスは保育園の入園が不利になるのかという疑問とともに、入園に必要な書類や保活を進めていく上でのポイントを紹介します。
  • 保育・保活

    ママがフリーランスで働く場合。女性にかかわる保険や産休など働き方について

    妊娠や出産をきっかけに、働き方について考え直す女性もいるのではないでしょうか。なかには、子どものことを優先できるような働き方がしたい、自分な好きなことを仕事にしたいなど「フリーランス」で働くことを検討する方もいるかもしれません。そこで今回は、女性がフリーランスで働くときの職種や保険、産休などの制度、ママがフリーランスで働くときの工夫について紹介します。
  • お仕事情報

    ママがフリーランスになったとき、扶養内で働くとは?税金や社会保険について

    夫婦共働き家庭のなかには、働き方を扶養の範囲内に抑え、税金が無駄にならないように努めている方もいるでしょう。ママがフリーランスに転身したいと考えたとき、扶養内で働くためには、会社員のときとは異なる部分があるためポイントを抑えていくことが大切でしょう。今回は、税法上や社会保険の扶養についてと、年収はいくらまでがよいのか調べてみました。
  • 保育・保活

    ワンオペ育児中の二人目の子育て。上手に乗り越えるコツとは

    二人目の出産とともに、子ども二人を抱えての育児の大変さを感じている方も多いかもしれません。さらに、パートナーの仕事の関係や協力体制によって「ワンオペ育児」になっている場合、二人目育児の負担が増加することも少なくないでしょう。今回は、ワンオペ育児中の二人目子育ての悩みの体験談や二人目育児を乗り越えるコツを紹介します。
  • 保育・保活

    保育園に落ちた理由とは?点数のしくみや落ちたときにできること

    認可保育園に子どもを預けるために、見学に行ったり入園案内を何度も確認して保活に懸命に取り組んだ方も多いことでしょう。そのなかで、保育園に落ちたとわかったとき、なぜ落ちたのか理由がわからず不安に感じる方もいるかもしれません。そこで今回は、保育園入園に関係している点数制度の内容や落ちたあとでもできる対応策について紹介します。
  • 保育・保活

    ワンオペ育児中の赤ちゃんとのお風呂。便利グッズや事前準備などスムーズに入れるコツ

    慣れない育児の中で、赤ちゃんをお風呂に入れることはなかなか難しいものではないでしょうか。さらに、パートナーの仕事の関係や周囲に頼れる人がいない場合、ワンオペ育児になり一人で対応しなければならないこともあります。そこで今回は、ワンオペ育児中の赤ちゃんとのお風呂の悩みとともに、赤ちゃんと2人でお風呂入る上での工夫を紹介します。
  • 保育・保活

    認可保育園に落ちたらどうする?不承諾通知が届いたときにやること

    育休明けとともに職場復帰を目指していた方にとって、不承諾通知が届くと子どもの預け先はもちろん仕事についても深く悩む方もいることでしょう。保育園に一日でも早く入園するために、落ちたあとでもできることはあります。今回は、保育園に落ちたらどうしたらよいのか対処法や子どもの預け先の選択肢について紹介します。
  • 保育・保活

    保育園に落ちたら退職?入れないときの対応や退職時の保険について

    育休を取得した後、子どもを保育園に預け職場復帰される方も多いでしょう。しかし、待機児童が多い地域などでは、保育園に落ちたことで退職を選択するケースも少なくはありません。そこで今回は、保育園に落ちたときの体験談と対応策、また退職した場合の育児休業給付金や社会保険等保険について紹介します。
  • 保育・保活

    子どもの保育園や習い事の送迎サービス。ベビーシッターの活用方法とは?

    急な残業や用事ができてしまい、子どもの保育園や習い事のお迎えに行けないとき、周囲に頼れる祖父母やママ友がいないと困ってしまうものですね。そのようなとき、気軽にベビーシッターの送迎サービスを利用できることをご存知ですか?ここでは、ベビーシッターの送迎サービスの活用方法やキズナシッターのサービスについて詳しく紹介します。
  • 保育・保活

    ベビーシッター利用で点数を獲得?調整指数における加点とは

    保育園の入園に欠かせない選考基準の点数。点数が高いほど、入園の確率が上がりますが、都市部を中心にフルタイムの共働きであっても、入園できない現状があります。そこで、注目したいのが、調整指数においてベビーシッター利用が加点対象になることです。ここでは、ベビーシッター利用で狙える加点について詳しく紹介します。
  • 保育・保活

    保育園入園の点数とは?計算方法や点数表ついて

    職場復帰に向け保育園の入園を考えている方にとって、保育園の選考基準はとても気になるものですね。近年、共働き家庭の増加に伴い保育園に入園する家庭が増え、入園の選考は家庭状況をポイント化した「点数」によって行われています。ここでは、この点数のしくみについて、点数表や計算方法と合わせて詳しく紹介します。
  • 保育・保活

    保育園見学の電話のかけ方。かけるタイミングや電話の仕方のコツとは

    保育園見学の予約の電話をするとき「忙しいのではないか」「何を聞いておくとよいの?」と悩みが出てくることもあるかもしれません。そのようなとき、園側の電話対応がしやすい時間帯や、電話のかけ方の対応方法を事前に把握しておくと、落ち着いて電話ができるでしょう。ここでは、保育園見学の電話のかけ方やかけるタイミング、電話の仕方のコツについて紹介します。
シッター希望の方向けの記事はこちら