保育・保活記事一覧
  • 保育・保活

    一時保育のリフレッシュ利用。悩みや利用できなかったときの対処法とは

    子育てをしている方のなかには、リフレッシュの時間を作るために、一時保育を検討している方もいるかもしれません。その一方で、周りはどんな理由で一時保育のリフレッシュを利用しているのか、預けられなかったときはどうしているのか気になる方もいるようです。そこで今回は、体験談を交えて、一時保育のリフレッシュ利用の理由や悩み、預けられなかったときの対処法について紹介します。
  • 保育・保活

    待機児童問題について。解消しない原因や待機児童にならないための対策とは

    待機児童の悩みに直面している方や、今後厳しい保活が待っているのではと不安を抱えている方もいるかもしれません。待機児童問題は、さまざまな取り組みが行われていますが、都市部を中心にまだまだ解決への糸口は見えていない状態です。そこで今回は、待機児童問題について、解消しない原因などに触れるとともに、体験談を交えて、待機児童にならないための対策について紹介します。
  • 保育・保活

    自宅保育の過ごし方。自宅保育を通して感じたことや心がけていること

    子どもが生まれ、夫婦で子育てについて考える際「自宅保育」を検討する方もいるのではないでしょうか。しかし、自宅保育とはどのようなことを行うのか、子どもが大きくなったとき毎日どのように過ごしているのか気になる方もいるようです。そこで今回は、自宅保育と集団保育の違いに触れながら、体験談を交えて、自宅保育での過ごし方、行ってみて感じたことや心がけていることを紹介します。
  • 保育・保活

    居宅訪問型保育とは?利用者や保育内容について解説

    居宅訪問型保育という言葉を聞いたことがありますか?「保育」と聞くと、保育園で多くの子どものお世話をするイメージを持たれる方も多いかもしれません。居宅訪問型保育は、「子ども・子育て支援新制度」によって新たにできた支援制度の一つとなり、一般的な集団保育とは異ります。そこで今回は、この居宅訪問型保育の内容について、自治体の取り組みに触れながら紹介していきます。
  • 保育・保活

    待機児童が発生する理由と待機児童解消に向けた対策。預け先の解決策とは?

    共働き家庭にとって、保育園に子どもを預けることができるかは仕事を継続する上でとても重要な問題ではないでしょうか。最近では、都市部を中心に待機児童の問題が大きく取り上げられることもあり、政府もさまざまな対応をしているようです。そこで今回は、待機児童が発生する原因と解消に向けた対策、また預け先の解決先について紹介します。
  • 保育・保活

    待機児童の現状を踏まえた保活事情と、保活でのベビーシッター利用とは

    共働き家庭にとって、子どもが保育園に入れるかどうかはとても大きな問題です。特に都市部では、子どもを保育園に入園させるために「保活」を行い、子どもの預け先を確保するために苦労している方も多いようです。そこで今回は、体験談を交えて待機児童の現状を踏まえた保活事情と、選考基準の点数を獲得するためのベビーシッター利用について紹介します。
  • 保育・保活

    東京23区の待機児童の現状と、子育てを考えた街選びとは

    共働き家庭において、子どもが生まれると保育園に入園できるか気になる方も多いのではないでしょうか。ましてや東京23区となると、待機児童の数も多く「保活」を早めに開始する家庭も少なくないようです。そこで今回は、東京23区の保活事情や待機児童の推移に触れるなかで、体験談を交えて、子育てを考える街選び、ベビーシッター加点について紹介します。
  • 保育・保活

    パート勤務での一時保育。利用内容や一時保育を活用してよかったこと

    これからパートを始めようと考えているママのなかには、保育園の一時保育を、子どもの預け先として検討している方もいるかもしれません。そのなかで、一時保育を利用することでどのような働き方ができるのか、一時保育のメリットなど気になる方もいるようです。そこで今回は、体験談を交えながら、一時保育の利用内容の例や利用してよかったことなどを紹介します。
  • 保育・保活

    保育園の入園に関するベビーシッター加点とは?国や東京都の補助制度の紹介

    待機児童が多い地域では、両親共にフルタイムで勤務している場合であっても、認可保育園の入園が厳しい現状もあるようです。そのような状況のなかで、地域によってはベビーシッターを利用することで保活を有利に進めることができることをご存知ですか?そこで今回は、入園選考のベビーシッター加算やベビーシッターの補助事業について紹介します。
  • 保育・保活

    パートでの一時預かり。利用シーンや利用のメリット、泣いたときの対応は

    子育てをしているママのなかには、保育園の一時預かりを利用してパートで働こうと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、子どもを預けることに不安を感じていたり、泣いたときの対応などに悩みを感じている方もなかにはいるようです。そこで今回は、体験談を交えて利用シーンの例や一時預かりのメリット、泣いたときの対応方法など紹介します。
  • 保育・保活

    【体験談】2歳児の一時預かりの利用。利用シーンや泣くときの対応、預け先の選択肢とは

    子どもが大きくなり、保育園の一時預かりを利用しているママもいるかもしれません。2歳児くらいになると、預けられることがわかり、泣いたり嫌がったりして預けることが一苦労と感じている方もいるかもしれません。今回は、体験談を交えながら、2歳児の一時預かりの利用シーンや泣くときの対応、一時預かり以外の預け先の選択肢を紹介します。
  • 保育・保活

    子どもの一時預かりを依頼できる場所。利用シーンに応じた活用例とは

    育児をしているなかで、子どもを預けて用事を済ませたい、緊急時にお願いをしたいと感じることがある方もいるかもしれません。しかし、一時預かりできる場所を知らなかったり、詳細がわからず、なかなか利用に踏み込めない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時預かりできる場所の詳細や、体験談を通して具体的な活用例を紹介します。
  • 保育・保活

    保育所の一時預かりの内容とは。利用できる理由や気をつけるポイント

    日頃、保育園を利用していないパパやママにとって、急用やリフレッシュなどを理由に、一時的に子どもを預けたいときがあるかもしれません。そのようなときに利用できるのが、保育所の一時預かりです。しかし、詳しい内容を知らず、なかなか利用できずにいる方もいるのではないでしょうか。今回は、保育所の一時預かりについて、利用できる理由や内容などについて詳しく紹介します。
  • 保育・保活

    子どもを一時的に預ける場所の種類。預け先の具体的な活用法とは

    日頃、子どもを保育園などに預けていない場合や、預けている場合であっても一時的に子どもを預けられる場所を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、預けたい理由に応じて、どんな預け先があるのかわからない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時的に預ける場所の種類や、具体的なシーンに応じた活用内容を紹介します。
  • 保育・保活

    産後の保育園はどうする?保育園情報や上の子の送迎について

    これから働こうと思っているママにとって、保育園の入園は重要な問題になってくるでしょう。いつから入園できるのか保育時間など、基本的な情報が気になる方もいるかもしれません。また産後、上の子の保育園の送迎について悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。そこで今回は、保育園の基本情報や保活内容、二人目の保育園について紹介します。
シッター希望の方向けの記事はこちら