保育・保活

保育園に入園するための点数とは?計算方法やパートや時短勤務で点数を上げるための工夫

保育園への入園を希望するとき、保育の必要性を数値化した点数が気になる家庭もあるのではないでしょうか。パートタイムや時短勤務、自営業などママ・パパたちの働き方によって点数が変動することもあるようです。今回は、保育園入園基準となる点数とはどのようなものかや計算方法、入園に向け点数を上げる方法などについてご紹介します。

保育園へ入園するための点数とは?

子どもが通う保育園を探すとき、入園のために保育の必要性をポイント化した点数があることを初めて知るママ・パパたちもいるようです。都市部の保育園の場合は入園を希望する家庭が多いことから、入園の基準を点数化して優先順位をつけることもあるとされています。

保育園の入園のために2種類に分けられた指数をご紹介します。

基準指数

保護者の就労状況や健康状態などの基本情報を計算し、点数化したものを基準指数というようです。フルタイムや時短勤務、自営業など就労形態や月の就労日数と時間、保護者自身の病気や障害、家族の介護などの状況によりそれぞれ点数化されるそうです。自治体によっては、基準指数表をホームページなどで公開しているようなので、確認してみるとよいかもしれません。

調整指数

調整指数とは、家庭の状況にあわせて加点や減点の調整をする点数をさすようです。基準指数が同じ家庭が複数あった場合には、保育の必要性がより高いと自治体が判断する目安のひとつになるそうです。

保育園入園に向けた点数の計算方法

stock.adobe.com/tamayura39

保育園の入園に向け、自分の家庭の点数がどのくらいなのか知りたいママ・パパたちもいるようです。保育園入園に向けた点数の計算方法をご紹介します。

1.両親それぞれの基準指数を計算
自治体が公表している点数表にあわせて、両親それぞれの基準指数を計算します。項目毎に点数が振り分けられているので、該当する部分にチェックを入れて点数を計算するとよいでしょう。自治体によっては点数表を公開していない場合や、ランクに分けて公開していることもあるようなので、保育課の窓口で問い合わせたというパパの声もありました。

2.調整指数を加点や減点
自治体毎の調整指数表を参考に、調整指数に該当する項目を確認するとよいでしょう。例として、入園を希望する保育園にきょうだいが在園していることや、ひとり親家庭であることが加点の対象となる場合もあるそうです。また、減点の対象となる項目の例としては、65歳以下の祖父母と同居をしていることや、自営業で子どもを見ながら就労していることなどがあるとされています。

3.選考指数=基準指数(父)+基準指数(母)+調整指数
保育園入園の選考指数は、両親それぞれの基準指数と調整指数を合算したものです。選考点数がより高い家庭が、優先的に希望する保育園に入園できるとされています。ママのなかからは、自分が計算した選考指数が合っているかを保育課の担当者に確認してもらったという声も聞かれました。

入園に向けて点数を上げる方法

stock.adobe.com/polkadot


希望する保育園に入園するために、点数を上げられないか考える方もいるかもしれません。ママ・パパたちに、入園に向けて点数を上げるために行ったことを聞いてみました。

働き方を見直す

「娘の保育園入園に向け、私の働き方を見直したことがあります。育休明けは時短勤務として復帰する予定でしたが、フルタイムの方が点数がより高くなるため会社に申請しました」(20代/2歳児のママ)

基準指数の点数を上げるために、働き方を見直したママがいるようです。他にも、パートタイムの仕事を複数掛け持ち、フルタイムとみなすことで点数を上げられたというママの声もありました。

認可外保育施設や一時保育を利用する

「私の住んでいる地域では、認可外保育施設を継続的に利用していると加点の対象になるようでした。我が家の場合は希望する保育園に入園できなかったので、1年間は別の認可外保育施設を利用し、翌年度に再申し込みをして入園が決まりました」(40代/3歳児のパパ)

認可外保育施設を利用することで加点されることがあるようです。就労のための一時保育を加点対象としている自治体もあるようなので、公開されている情報を確認して利用を検討するのもよいかもしれません。

ベビーシッターサービスを利用する

「我が家は自営業ということもあり、入園の半年前からベビーシッターの方に子どもを見てもらいながら短時間のパートで就労をしていました。保育課に問い合わせたときに、ベビーシッターサービスの継続的な利用は受託実績になると聞いていたので希望する園に入れました」(30代/4歳児のママ)

ベビーシッターサービスを継続的に利用している場合、受託証明書を提出することで点数が上がる自治体もあるようです。人気があり、倍率の高い保育園に入園を希望する家庭のなかからは、加点の対象となるベビーシッターサービスを利用していたという声も聞かれました。

優先順位を上げるためにした工夫

stock.adobe.com/miya227

点数アップが見込めないとき、希望する保育園へ入園するために少しでもできることがあれば知りたいママ・パパたちもいるようです。実際に、優先順位を上げるためにした工夫をママ・パパたちに聞いてみました。

希望する保育園を見直す

「私がパート勤務で復職予定だったこともあり、我が家の点数は希望する園に対して低めかもしれないと感じていました。保育園に入園できないと生活が困るため、前年度倍率が高くなかったとされる保育園も候補に加えて見直しました」(30代/2歳児のママ)

優先順位を高めるため、入園を希望する保育園を見直した家庭があるようです。第一希望がひとつの園に集中した場合、その他の園を第一希望にした家庭は入園が決まりやすかったというパパの声もありました。

書類に不備がないか確認する

「入園の申し込みに必要な書類を用意するとき、不備がないかを夫婦でダブルチェックしました。入園説明会で書類が揃っていないと選考の対象外になることもあると聞いていたので、点数以外でも入園のためにできることのひとつだと考えて丁寧に記入したことを覚えています」(40代/5歳児のパパ)

入園申し込みの書類に不備がないかを確認することも大切なポイントかもしれません。パパのなかからは、万が一書類に記入ミスがあったときに備え、提出時に訂正印や印鑑を持参したという声も聞かれました。

必要書類に嘆願書を添える

「我が家は自営業なので、調整指数の減点がありそうだと考え、必要書類とともに嘆願書を添えました。保育課の方に、『嘆願書は審査に関係ない』とは聞いていましたが、少しでも希望を伝えたかったからです。書面には、入園できないと仕事を失う可能性が出ることや、両親が遠方でに住んでいて頼れないことなどを書きました」(30代/3歳児のママ)

保育園入園時に提出する嘆願書は、「保育園に入園しないと仕事ができないため、生活に支障をきたす」という内情を書く書類をさすようです。嘆願書は保育園入園手続きの必要書類に含まれておらず、入園の可否は自治体側の点数計算で判断されるため、その内容は考慮されにくいといえそうです。

ただし、点数アップが見込めず、優先順位を少しでも上げたいという願いがあれば、嘆願書を添えるのもひとつの方法かもしれません。

入園を希望するときは家庭の点数を確認しよう

stock.adobe.com/buritora

子どもが通う保育園の入園申し込みをするとき、保育の必要性を点数化したものが基準となるようです。点数は、フルタイムや時短勤務、パートタイムといった両親の就労などを点数化した「基準指数」と、自宅での自営業といった加点や減点の対象となるものを計算する「調整指数」の2種類から、自治体が算出するものとされています。

点数を上げる方法として、認可外保育施設やベビーシッターサービスを継続的に利用したという家庭もありました。住んでいる自治体のホームページなどで自分の家庭がどのくらいの点数なのかを知ることから始め、入園を希望する保育園の選考基準に近づけるための工夫ができるとよいですね。

加点の対象にもなる「キズナシッター」を活用

保育園入園のために点数を上げたいとき「自営業だから希望する保育園に入園するための点数が足りない」「パートだから点数を上げるためにベビーシッターサービスを利用したい」というママ・パパたちもいるようです。保育園入園の加点対象のひとつとして「キズナシッター」を利用してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターのベビーシッターは、全員が保育士や幼稚園教諭などの国家資格を所有しています。保育現場での経験があるベビーシッターによる丁寧なシッティングが好評です。

一時利用の他にも、子どもが慣れているベビーシッターの定期利用も可能なため、保育園へ入園が決まるまでの期間利用している家庭も少なくありません。ベビーシッターサービスが加点対象になる自治体もあるようなので、子育てのパートナーにキズナシッターの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら