東京都大田区で50代以上のベビーシッターを探す|ベビーシッター探すならキズナシッター

東京都大田区で50代以上のベビーシッターを探す

検索結果 2 件
1

大田区東京都で50代以上のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう大田区東京都で50代以上のベビーシッターを探せます。「保育士の田中まゆみと申します。昨年結婚した娘と社会人3年目の息子がいます。子どもたちは乳児期から5~6人の友人たち...」「こちらにお立ち寄りくださいましてありがとうございます。二人の子供も手が離れ、小さなお子さんを見ると懐かしい気持ちで...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、大田区の待機児童は減少傾向にありますが、東京23区のなかでは4番目に待機児童が多く認可保育園に入りにくい状況になっています。認可保育園の入園については、加点の可能性を探ることが重要になってきますが、そこで注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターの利用は、選考内容で加点の対象になり保活を有利に進めていくことができるでしょう。ベビーシッターは、子どもの個性や興味にあわせ、きめ細かい保育を実現します。また、キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士や幼稚園教諭など100%資格保有者です。安心して子どもを預けられるベビーシッターサービスに登録し、ベビーシッター選びから始めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
平日休みの共働き夫婦が行なっている子育てや家事の工夫。土日の子どもの預け先について
平日休みの共働き家庭では、土日の子どもの預け先など子育てについて気になることもあるのではないでしょうか。今回は、平日休みの共働き夫婦が行なっている工夫や、土日に働く場合の子どもの預け先、子どもを預けるときに意識していることを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。
幼稚園の保護者会に下の子は連れて行く?連れて行かない場合の預け先など
幼稚園の保護者会に出席するときに、下の子を連れて行くかどうかで悩むママもいるのではないでしょうか。今回は、保護者会に出席するために下の子を預ける場合のママたちが行なったことや下の子の預け先、連れて行く際に意識したことを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。
ワーキングマザーが感じる小1の壁とは?学童保育や児童クラブの利用の仕方など
ワーキングマザーとして生活しているママは、学童保育や児童クラブについて知りたい方もいるかもしれません。今回の記事では、ワーキングマザーが感じる小1の壁と、小学生が利用している学童保育について、学童保育を利用できない場合の対応の仕方をママたちの体験談を交えてご紹介します。