幼保無償化の対象ベビーシッターの利用について
よくある質問

Q
幼保無償化の対象ベビーシッターの利用について

幼児教育・保育の無償化とは、国の子育て支援のひとつとして、幼児教育の重要性や少子化対策として取り組まれている制度です。

今回の幼児教育・保育無償化制度によって、認可外保育施設に含まれるベビーシッターの利用料も無償化の対象になりました。

情報元:幼児教育・保育の無償化 特設ホームページ

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/about/index.html

利用料は、3歳から5歳までの子どもを対象に、月額で合計37,000円を上限に無償化。住民税非課税世帯の0歳から2歳の子どもについては、月額42000円を上限に無償化されます。

ベビーシッターを含む認可外保育施設の無償化の制度を利用するためには、お住まいの自治体から「保育の必要性の認定」を受けないと対象になりません。認定を受けるためには、お住まいの市区町村に申請書を提出が必要です。

「保育の必要性の認定」の要件については、就労等の要件(認可保育所の利用と同等の要件)があるため、問い合わせをして確認しておきましょう。認定には時間がかかる場合もあるようです。

<KIDSNAシッターのご利用方法・流れ>

■条件を満たすベビーシッターを探す

KIDSNAシッターのご利用で幼児教育・保育の無償化を受けるためには、無償化の対象となるベビーシッターに依頼する必要があります。

無償化対象ベビーシッターのプロフィールページを見ると、目印となるバッジが付与されています。ご予約前に必ずご確認ください。

アプリ内でベビーシッターを探す際に、絞込検索をすると対象ベビーシッターのみを表示することもできます。

■ご利用後、通常通りアプリ内で決済をする

面談・シッティングが終わりましたら、シッターさまから「完了報告(決済依頼)」が届きます。内容を確認の上、ご登録いただいたクレジットカードで支払いをしましょう。

■お住まいの自治体で無償化の手続きをする

一度支払ったシッティング費用は、お住まいの市区町村に請求をすることで還付されます。

請求手続きの際は、シッターさまが記入する「特定子ども・子育て支援提供証明書」が必要です。自治体によってはKIDSNAシッターが発行する領収書の提出が求められる場合もあります。

▼特定子ども・子育て支援提供証明書 見本

https://sitter.kidsna.com/assets/attachments/yohomushoka_certificate.pdf

※利用金額にはKIDSNAシッターのサービス手数料・交通費は含めない、シッティング料金のみを記載いただきます。

※面談料に関しては幼保無償化の対象外となりますので、シッティングにかかった料金のみを記載いただきます。

※「特定子ども・子育て支援提供証明書」の入手先はお住まいのエリアを管轄する自治体になります。詳細は自治体へお問合せください。

領収書が必要な方は下記の手順の沿ってダウンロードを行ってください。

▼領収書の発行について

https://sitter.kidsna.com/help/payment_receipt

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。
ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

KIDSNAシッター アプリ