東京都目黒区で50代以上のベビーシッターを探す|ベビーシッター探すならキズナシッター

東京都目黒区で50代以上のベビーシッターを探す

検索結果 3 件
1

目黒区東京都で50代以上のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう目黒区東京都で50代以上のベビーシッターを探せます。「このたびはプロフィールをご覧頂きありがとうございます。会社員経験後、男女の双子を授かり育てて気がつけば23年過ぎま...」「(^-^) 経験豊かに心身ともに健やかにをモットーに3人の子育てをしました。園と家庭でモンテッソーリ教育を行い...」「▶︎資格◀︎保育士・幼稚園教諭◾︎理念◾︎安心安全を第一優先に保育いたします!笑顔が増やせる愛ある保育を心がけます...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、目黒区は待機児童が減少傾向にありますが、東京23区のなかで3番目(2018年)に待機児童が多い地域となっています。認可保育園の入園については、加点の可能性を探ることが重要になってきますが、そこで注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターの利用は、選考内容で加点の対象になり保活を有利に進めていくことができるでしょう。ベビーシッターは、自宅保育となるため送迎の負担もなく、子どもに寄り添った丁寧な保育を可能にします。なお、キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士や幼稚園教諭など100%資格保有者となり経験豊富なベビーシッターも多いです。アプリを使い手軽に活用できるので、希望にあったベビーシッター探しから始めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
ワーキングマザーが感じる小1の壁とは?学童保育や児童クラブの利用の仕方など
ワーキングマザーとして生活しているママは、学童保育や児童クラブについて知りたい方もいるかもしれません。今回の記事では、ワーキングマザーが感じる小1の壁と、小学生が利用している学童保育について、学童保育を利用できない場合の対応の仕方をママたちの体験談を交えてご紹介します。
子どもが留守番をするときの約束。気になることや子育て支援サービスの利用について
子どもの留守番の仕方について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、安全面などの子どもが留守番をするときに気になることや、火や刃物を使わないといった留守番の約束、子どものために行なった工夫を、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。
働くママを応援する子育て支援制度とは?制度の内容やママたちが利用しているサービス
働くママのための子育て支援について気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は「子ども・子育て支援新制度」の概要や、新たにできた「地域型保育」などの働くママを支援する教育や保育の場、働くママのニーズに応じた子育て支援やサービスについて、内閣府と文部科学省、厚生労働省の資料をもとにご紹介します。