東京都港区で40代のベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

港区東京都で40代のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう港区東京都で40代のベビーシッターを探せます。「ご覧いただきありがとうございます。直塚(なおつか)と申します。中学生の娘が二人おります。二人共、学校や部活、塾等で...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、東京都港区の待機児童は減少傾向にありますが、今後も申込者の増加が見込まれ入園しにくい状況になっています。認可保育園の入園については、少しでも入園の可能性を高くするために選考基準の優先順位についても確認してみましょう。区では、ベビーシッター利用が優先順位において優先度が高くなるようです。キズナシッターでは、ベビーシッターを利用者が選ぶことができ、専用のアプリを使いやり取りすることも可能です。打ち合わせをしっかり行うことで丁寧な保育を実現していくため、保護者にとっても信頼関係を築きやすく安心感が持てるでしょう。専門知識を身につけた経験豊富なベビーシッターサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育休明けの働き方。復帰に向けて会社に確認したことや家庭で取り入れたこと
育休復帰後の働き方について、悩みを抱えている方もいるかもしれません。子育てしながらの仕事は「不測の事態に備えておきたい」「仕事と育児を両立できるよう準備しておきたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、体験談を交えて、育休明けの働き方について触れるなかで、復帰に向けて会社に確認したことや家庭で取り入れたことなどを紹介します。
働くママの仕事と育児を両立するコツや仕事面での工夫とは
働くママにとって、仕事と育児を両立することに悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。「どうやったら家事を上手に進めるのか」「育児をしながら仕事をこなしていくには」など悩みの内容は人それぞれかもしれません。そこで今回は、仕事と育児を両立するコツや仕事面での工夫、預け先の選択肢について体験談を交えて紹介していきます。
育休中の学童利用はできる?できなかったときの子どもの対応や過ごし方
上の子が小学校に通っている場合、下の子の出産で育休を取得した際、学童利用についてどのような対応になるのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、体験談を交えながら育休中の学童は利用できたか触れるとともに、学童を利用できなかったときの子どもの対応や過ごし方の工夫について紹介します。