東京都港区で乳幼児に対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 3 件
1

港区東京都で乳幼児に対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう港区東京都で乳幼児に対応可能なベビーシッターを探せます。「ご覧いただきありがとうございます。直塚(なおつか)と申します。中学生の娘が二人おります。二人共、学校や部活、塾等で...」「子どもさんと保護者の方の「心を繋ぐ」シッター、育ちを支えるサポートを目指しています🤲✨◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇...」「保育歴は10年、大規模、小規模、どちらも経験があります。乳児クラスの担任経験も多くあり、新生児から対応可能です。保...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、東京都港区の待機児童は減少傾向にありますが、今後も申込者の増加が見込まれ入園しにくい状況になっています。認可保育園の入園については、少しでも入園の可能性を高くするために選考基準の優先順位についても確認してみましょう。区では、ベビーシッター利用が優先順位において優先度が高くなるようです。キズナシッターでは、ベビーシッターを利用者が選ぶことができ、専用のアプリを使いやり取りすることも可能です。打ち合わせをしっかり行うことで丁寧な保育を実現していくため、保護者にとっても信頼関係を築きやすく安心感が持てるでしょう。専門知識を身につけた経験豊富なベビーシッターサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】共働き家庭の子育て。残業や夜勤など働き方に応じた工夫とは
共働き家庭のなかには、仕事内容によりママが残業や夜勤に対応している場合もあるかもしれません。そのような場合、子育てや家事の対応などがうまく回らず悩みを抱えている家庭もあるようです。そこで今回は、残業や夜勤があるときの子育ての工夫や急な仕事が入ったときの対処法について体験談を交えて紹介します。
育児疲れによる保育園の一時利用はできる?保育園以外に子どもを預ける先など
育児疲れを感じるとき、保育園に赤ちゃんや子どもを一時的に預けることはできるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、育児疲れによる保育園の利用はできるかや保育園以外の子どもの預け先、ママたちが考える育児疲れの解消方法を体験談を交えてご紹介します。
共働き家庭の仕事と家庭を両立するコツ。1日のスケジュールや利用したサービスなど
小学校に通う子どもと暮らしている家庭のなかには、夫婦が共働きをしていることもあるようです。子どもの習い事の送迎をどのように行うか考える方もいるかもしれません。今回は、共働き家庭のママの1日のスケジュールや仕事と家庭を両立するコツ、共働き家庭の子どもが習い事をするときのポイントと、活用している子育て支援サービスを体験談を交えてご紹介します。