神奈川県横浜市で1歳に対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 35 件
1

横浜市神奈川県で1歳に対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう横浜市神奈川県で1歳に対応可能なベビーシッターを探せます。「小学3年と中学1年の子を持つ母です。子育て中に横浜市子育てサポートに登録両方会員となり約6年間活動させて頂いており...」「横浜市のベビーシッターさん」「子どもが大好きな22歳です。おばあちゃんが倒れてしまい、自営業の花屋を手伝うことになり保育園から離れてしまいました...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

横浜市は待機児童が63人(2018年)ですが、希望した保育施設を利用できていない「利用保留児童」は3080人いる現状です。横浜市では、待機児童ゼロを目指し、保育ニーズの高い地域を重点に、横浜保育室や小規模保育事業など、認可保育園とあわせて受け入れ枠の増加に取り組む方針です。横浜市は、フルタイム共働き家庭であっても待機児童になる場合があり、内定をもらうためには加点を獲得することが重要になってくるでしょう。選考内容では、ベビーシッター利用が加点対象になり保活を有利に進める事ができると注目されています。ベビーシッターは、家庭の要望にあわせ、マンツーマンの関わりのなかで、子どもの思いに寄り添った細やかな対応を実現します。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】働くママのタイムスケジュールや仕事と家事を両立する工夫とは
日々の料理や洗濯、掃除などママにとってはやらなければならない家事がたくさんあります。さらに、仕事をしているママは、時間に追われることも多く、どのように家事を進めればよいのだろうと悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、体験談を通して、働くママのタイムスケジュールや仕事と家事の両立の工夫について紹介します。
パートでの一時預かり。利用シーンや利用のメリット、泣いたときの対応は
子育てをしているママのなかには、保育園の一時預かりを利用してパートで働こうと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、子どもを預けることに不安を感じていたり、泣いたときの対応などに悩みを感じている方もなかにはいるようです。そこで今回は、体験談を交えて利用シーンの例や一時預かりのメリット、泣いたときの対応方法など紹介します。
【体験談】2歳児の一時預かりの利用。利用シーンや泣くときの対応、預け先の選択肢とは
子どもが大きくなり、保育園の一時預かりを利用しているママもいるかもしれません。2歳児くらいになると、預けられることがわかり、泣いたり嫌がったりして預けることが一苦労と感じている方もいるかもしれません。今回は、体験談を交えながら、2歳児の一時預かりの利用シーンや泣くときの対応、一時預かり以外の預け先の選択肢を紹介します。