神奈川県横浜市で1時間あたり1,600円以下のベビーシッターを探す|ベビーシッター探すならキズナシッター

神奈川県横浜市で1時間あたり1,600円以下のベビーシッターを探す

検索結果 42 件
1

横浜市神奈川県で1時間あたり1,600円以下のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう横浜市神奈川県で1時間あたり1,600円以下のベビーシッターを探せます。「保育園では主に0〜2歳のお子さんの担任していました。現在3人の男の子(高校生・中学生・小学生)を子育て中です。私の...」「プロフィールを見ていただきありがとうございます。私は四年制大学で幼児教育と心理学を学び、保育士免許と幼稚園教諭第一...」「保育現場での経験はほぼありませんが、大学4年間で保育のことを多く学び、実習では十分に子どもと関わり、子どもが好きな...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

横浜市は待機児童が63人(2018年)ですが、希望した保育施設を利用できていない「利用保留児童」は3080人いる現状です。横浜市では、待機児童ゼロを目指し、保育ニーズの高い地域を重点に、横浜保育室や小規模保育事業など、認可保育園とあわせて受け入れ枠の増加に取り組む方針です。横浜市は、フルタイム共働き家庭であっても待機児童になる場合があり、内定をもらうためには加点を獲得することが重要になってくるでしょう。選考内容では、ベビーシッター利用が加点対象になり保活を有利に進める事ができると注目されています。ベビーシッターは、家庭の要望にあわせ、マンツーマンの関わりのなかで、子どもの思いに寄り添った細やかな対応を実現します。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
兄弟育児をして疲れたと感じるときは?辛いと感じるときの対処法
兄弟がいる子どもの育児をしているママやパパのなかには、辛い、疲れたと感じることがあるかもしれません。今回は、兄弟の育児で疲れたと感じるときや兄弟の育児で疲れたときの対処法、育児に疲れたときの子どもの預け先について、体験談を交えてご紹介します。
【お知らせ】お盆期間のサポートデスクの営業について
ダブルケアをしながら仕事もしているママやパパの対応。子育てと介護を行なうための工夫
ダブルケアをしているママやパパは、仕事と子育てと介護をどのようにしていけばよいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、ダブルケアが必要になった場合の対応の仕方や、親を介護するときの子どもの預け先、ダブルケアで疲れたときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。