神奈川県横浜市で3人以上対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 11 件
1

横浜市神奈川県で3人以上対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう横浜市神奈川県で3人以上対応可能なベビーシッターを探せます。「ご覧頂き有難うございます。専門学校を卒業後、私立幼稚園で6年間、3歳児、4歳児、5歳児の担任をし、結婚、出産、子育...」「^^2つの保育園で、合計6年目の勤務経験があります。保育園での仕事も毎日とても楽しく過ごしていましたが、集団生活と...」「私は短大卒業後、幼稚園にて7年間勤務。3.4.5歳児の担任を務めておりました。結婚を機に退職致しました。現在は保育...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

横浜市は待機児童が63人(2018年)ですが、希望した保育施設を利用できていない「利用保留児童」は3080人いる現状です。横浜市では、待機児童ゼロを目指し、保育ニーズの高い地域を重点に、横浜保育室や小規模保育事業など、認可保育園とあわせて受け入れ枠の増加に取り組む方針です。横浜市は、フルタイム共働き家庭であっても待機児童になる場合があり、内定をもらうためには加点を獲得することが重要になってくるでしょう。選考内容では、ベビーシッター利用が加点対象になり保活を有利に進める事ができると注目されています。ベビーシッターは、家庭の要望にあわせ、マンツーマンの関わりのなかで、子どもの思いに寄り添った細やかな対応を実現します。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】パート勤務での一時保育。利用内容や一時保育を活用してよかったこと
これからパートを始めようと考えているママのなかには、保育園の一時保育を、子どもの預け先として検討している方もいるかもしれません。そのなかで、一時保育を利用することでどのような働き方ができるのか、一時保育のメリットなど気になる方もいるようです。そこで今回は、体験談を交えながら、一時保育の利用内容の例や利用してよかったことなどを紹介します。
保育園の入園に関するベビーシッター加点とは?国や東京都の補助制度の紹介
待機児童が多い地域では、両親共にフルタイムで勤務している場合であっても、認可保育園の入園が厳しい現状もあるようです。そのような状況のなかで、地域によってはベビーシッターを利用することで保活を有利に進めることができることをご存知ですか?そこで今回は、入園選考のベビーシッター加算やベビーシッターの補助事業について紹介します。
【体験談】子どもを泊まりで預けるときの預け先や気をつけたこととは
子育て中のママのなかには、仕事をしていて出張がある場合や2人目の出産など、子どもをどうしても泊まりで預けなければならない状況になることがあるかもしれません。しかし、泊まりが必要になることで、子どもの預け先について悩みを抱えている方もいるかもしれません。そこで今回は、体験談を交えて泊まりで預ける利用シーンや預け先の場所などを紹介します。