保育士資格記事一覧
  • インタビュー

    ベビーシッターは「究極の保育園?!」現役保育士てぃ先生が体験したベビーシッターのお仕事

    保育士、幼稚園教諭、看護師…有資格者100%のベビーシッターマッチングサービス「KIDSNAキズナシッター」では、同サービスのエグゼクティブプロデューサーのてぃ先生を招き、登録者限定イベントを開催しました。今回はてぃ先生のトーク内容をご紹介します。てぃ先生が語る、保育士だからこそ感じる個別保育、ベビーシッターの魅力とは?
  • インタビュー

    【取材】てぃ先生がベビーシッター初体験「保育士が葛藤する“個別の配慮”を心置きなく実現できた!」

    大人気の保育士「てぃ先生」。普段は保育園で働く保育士ですが、個人宅でのベビーシッターは未経験。今回は特別企画「てぃ先生があなたの家でお子様をシッティング!」に当選された伊藤さんのお宅に伺い、シッティングを行いました。初めてのベビーシッターを終え、てぃ先生が感じたのは「保育士の葛藤である“個別の配慮”が、ベビーシッターだと存分にできる」という手応えでした。
  • 保育士資格

    在宅保育とは?個別保育サービスの開業について

    子どもを預かる場所と聞くと「保育園」を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、子どもを預かる保育サービスは保育園以外にもあります。「在宅保育」という言葉をご存知ですか?在宅保育とは、保育者や保護者の自宅で保育を行うことです。保育に携わるお仕事の開業を考える方にとって、この「在宅保育」は、選択肢の一つとなる保育サービスといえます。今回は、この在宅保育に注目し、「保育者の自宅で預かる保育」「保護者の自宅で保育を行う」の2つの開業について紹介します。
  • 保育士資格

    保育士の副業について解説!アルバイトや内職、ベビーシッターなど

    保育士は、子どもの笑顔や成長を身近で感じられたりと、やりがいを感じられるお仕事です。しかし、実際に働いている保育士さんの中には、給与が安いと感じている方も多いようです。生活費を補い、貯金するために副業を考える方もいるでしょう。そこで今回の記事では、保育士は副業をしてもよいのか、保育士が副業しやすいお仕事にはどのような職業があるのかを、副業を行う上で大変なことも合わせて紹介します。
  • 保育士資格

    保育士とベビーシッターのお仕事を比較!給与、業務内容、人間関係、働きやすさの違いは?

    近年、共働きの家庭が増えていますが、待機児童の解消はなかなか進まず、核家族化によって、子育てで頼れる人が少ない家庭も増えています。そんな中、ベビーシッターという仕事に期待が寄せられ、注目が集まっています。保育士経験がある方で、ベビーシッターに興味を持った方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、保育士とベビーシッターの違いや、保育士の経験をどのようにベビーシッターに活かすことができるのかご紹介します。
  • 保育士資格

    パート保育士の人間関係の悩みを解説。こんなときどうしていけばよいの?

    どんな仕事でも人間関係の悩みはありますが、保護者や同僚、パートや正規職員などさまざまな立場の人と接する保育士の世界は特に複雑と言われることが多いようです。特にパート保育士となると、勤務時間が限られたり、交流の場も少ないため、正職員と人間関係を築いていくことが大変と感じている人もいるでしょう。今回は、保育園での人間関係の悩みについて具体例とともに解決策も紹介します。
  • 保育士資格

    保育士に復帰。ブランクなど不安への解決策とは

    結婚や出産などで保育士を辞めた方の中には、子育てが一段落したタイミングや、また働いてみたい、と思ったときに、保育士として「復帰したい」と考える方も多いようです。しかし、現場から離れたブランク期間や仕事と家庭の両立に不安を感じる方もいるでしょう。ここでは、復帰する保育士さんの不安に対する、具体的な解決策を紹介します。
  • 保育士資格

    保育園以外の保育士資格を活かした仕事を解説!ベビーシッター、施設職員など

    学校の授業や実習、試験を経て、せっかく取得した保育士資格。保育園以外にも、資格を活かした仕事で働きたいと思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、ベビーシッターや施設職員、病院内保育など、保育園以外でどのような仕事があるのか、そこで保育士の経験をどのように活かせるのかを中心にご紹介します。
  • 保育士資格

    子どもに関わるお仕事には何がある?やりがいや資格の有無を解説

    お仕事を考えるときに、「子どもが好きだから、子どもに関わる仕事がしたい」そんな気持ちを持っている方もいるでしょう。その定番が幼稚園教諭や保育士ですが、それ以外にも子どもに関わる仕事がたくさんあるのをご存知ですか?そこで今回の記事では、子どもに関わる仕事にはどんな種類があり、その仕事内容、やりがい、また資格が必要なのかも合わせて紹介します。
  • 保育士資格

    パート保育士とはどんな仕事?仕事内容や給料を解説

    保育士資格を持っている方の中には「パート保育士」という働き方に興味を持っている方もいるでしょう。園にもよりますが、パートの保育士は通常の正職員での働き方と比べ、保育や仕事への参加度合いが異なる場合もあります。そうした実際の仕事内容や給料など詳しく知らない方も多く、なかなか一歩を踏み出せない方もいるようです。そこで今回は、パート保育士の仕事内容や給料、そして実際働く中で感じるメリット、デメリットについても合わせて紹介します。
  • 保育士資格

    パート保育士が「辞めたい」と思う理由と解決策を紹介!

    保育園では正規職員の他にもさまざまな立場の人が働いていますが、正規職員だけでは手が回らない所に、パート保育士が入り、円滑に保育を進めてている現場も多いようです。働く側にとっては、比較的短い時間で働けるなどメリットがあるパート保育士ですが、中には、思い描いていた仕事と現実が異なり「辞めたい」と悩みを抱えている方もいるでしょう。ここでは、パート保育士の具体的な悩みとその解決策を紹介します。
  • 保育士資格

    個別保育の魅力、ベビーシッターのやりがいを解説

    近年、時間の融通が効きやすく、比較的高い収入が得られる「ベビーシッター」の働き方に注目が集まっています。子どもの自宅に行き、保育するベビーシッターについて、お仕事としての「やりがい」はどんなところにあるのでしょうか。今回は、子どもを預かる職場の代表である保育園と比較しながら、ベビーシッターのやりがいを具体的に紹介します。
  • インタビュー

    【取材】「先生また来てね」─現役保育士がベビーシッターで得たお金以上のやりがいとは

    先日、キズナシッターでベビーシッターデビューした長谷川さん。現役保育士の安心感ある保育は、「期待以上のご対応にこれまでベビーシッターに預ける抵抗感が一切なくなりました!」「祖父母に預けられるのですら嫌がる息子がまた会いたい!というくらいお気入りの先生になりました」とご家庭からも大好評。ベビーシッターの視点から見ても、保育士ならではのやりがいや充実感を強く感じたそうです。不安だったことや、保育園の集団保育との違いもあわせて聞いてみました。
  • インタビュー

    【取材】てぃ先生「シッターという仕事は、保育者が目指す“究極の保育”かもしれない」

    保育士・幼稚園教諭・看護師100%のベビーシッターサービス「キズナシッター」(0〜12歳対象)。今回、ツイッターのフォロワー数44万人の現役カリスマ保育士・てぃ先生がエグゼクティブ・プロデューサーに就任しました。保育の有資格者がベビーシッターという働き方を選ぶメリットとは? 保育現場では実現できない、ベビーシッターだからこそできる保育にとは?てぃ先生に聞きました!
保護者の方向けの記事はこちら