保育士資格

子どもに関わるお仕事には何がある?やりがいや資格の有無を解説

お仕事を考えるときに、「子どもが好きだから、子どもに関わる仕事がしたい」そんな気持ちを持っている方もいるでしょう。その定番が幼稚園教諭や保育士ですが、それ以外にも子どもに関わる仕事がたくさんあるのをご存知ですか?そこで今回の記事では、子どもに関わる仕事にはどんな種類があり、その仕事内容、やりがい、また資格が必要なのかも合わせて紹介します。

子どもに関わる仕事

子どもに関わる仕事といえば、「保育士」「幼稚園の先生」が出てくる方も多いと思います。

 

しかし、世の中にはそれ以外にも多くの子どもに関わる仕事があります。学童のスタッフや作業療法士を始め、ベビーシッター、テーマパークのスタッフなど多岐に渡ります。

 

どのように子どもに関わっていきたいか、じっくり考えながら、理想のお仕事を見つけていきましょう。

 

一度に多くの子どもと関われる仕事

子どもに関わる仕事といっても、関わる人数などはお仕事によってさまざま。

 

こちらでは、一度に多くの子どもと関わる職業として、保育士、幼稚園教諭、作業療法士、学童クラブのスタッフについて紹介します。

 

保育士

保育士は0歳から小学校就学前の子どもの保育を行うお仕事です。

 

子どもたちの生活全般のお世話をしながら、食事、排泄、衣服の着脱など基本的な生活習慣を身につけられるよう援助をしています。

 

また、集団生活や遊びを通して社会性を身につけられるようサポートします。

保育士になるためには、国家資格である「保育士資格」が必要です。

 

資格の取得には、保育士養成校(専門学校、短大、大学など)にて保育や福祉に関する単位を取り卒業をするか、国家試験に合格する方法があります。

 

この仕事のやりがいは、子どもと密接に関わる中で「昨日出来なかったことを出来るようになった」など成長を間近に感じられることでしょう。

 

子どもたちの笑顔がモチベーションへとつながっていくようです。

 

幼稚園教諭

幼稚園教諭は、主に満3歳から小学校入学前の子どもの教育・保育を行います。

 

幼稚園での基本的なカリキュラムは保育園と共通化されてきていますので、異なるのは子どもと一緒に過ごす時間の長さ。

 

幼稚園は14時~15時など、比較的早い時間で子どもが帰るのが特徴ですが、預かり保育などで保育園並みの時間まで子どもと接する園も年々増えてきています。

 

保育園と同様、子どもが遊びの中からさまざまなことを学んでいくことをサポートするのが、幼稚園教諭のお仕事です。

 

幼稚園教諭になるには「幼稚園教諭免許状」が必要になります。

 

免許状は、幼稚園教諭養成課程のある大学、短大、専門学校にて所定の課程を終了することで取得できます。

 

この仕事のやりがいは、保育士と重なる部分がありますが、運動会など子どもと作り上げていく行事が、成功したときには達成感を感じられることでしょう。

 

毎日が新鮮で充実した仕事の中で、幼稚園教諭自身も成長していけることでしょう。

 

作業療法士

作業療法士は、怪我や病気などで体に不自由がある人などの、リハビリをお手伝いをする仕事です。

 

体に不自由を抱える、子どもから大人、高齢者まで幅広い年齢の方と関わりがあります。

 

最近では、子どもの発達障害(ADHD、LD、アスペルガー症候群など)を改善するための療育ニーズが高まっています。

 

作業療法士が、様々な運動や遊びを通じて子どもの体の感覚や、運動能力を高める指導を行います。

作業療法士になるには、国家試験に合格する必要があります。

 

受験するためには、作業療法学科など養成課程のある大学や短大、都道府県知事が指定する作業療法士養成施設で3年以上、必要な知識と技能を修得することが必要です。

 

この仕事のやりがいは、プログラムを行う中で、うまく体を動かすことが出来ない、悩みや困難を抱えた子どもたちが成長する姿を感じたときでしょう。

 

子どもや保護者にとっても、変化は嬉しい瞬間であり、ともに喜びを分かち合えるでしょう。

 

学童クラブのスタッフ

学童クラブのスタッフは、子どもが小学校の授業を終えた後に過ごす学童保育にて、子どもたちをサポートするお仕事です。

 

関わる子どもの年齢は、小学校1年生から6年生まで。

 

最近では共働き家庭が増えていることから、各地域に学童クラブの存在は不可欠になってきています。

学童クラブのスタッフは資格要件があまり無く、無資格でも働くことができます。

 

ただ、その中で、2015年度に新設された「放課後児童支援員」という学童保育の専門資格もあり、専門的に学びたいときには検討してもよいでしょう。

 

就職先によっては保育士資格、教員資格を持っていることで有利になることもあります。

 

この仕事のやりがいは、長い目で子どもの将来を支えていると感じること。

 

また、保育園や幼稚園と比べると、より遊びが発展を見せる6歳以上児との活動もあります。

 

働く保護者にとっても大きな存在として必要とされていることを実感出来ることでしょう。

 

一人ひとりの子どもと深く関われる仕事

一人ひとりの子どもと深く関われる仕事

T.TATSU/Shutterstock.com

 

子どもと関わる仕事の中には複数ではなく、一人の子どもとより深く接していく仕事もあります。

 

そういった仕事として、ベビーシッター、チャイルドマインダー、幼児英会話教師、ピアノ教室の先生について紹介します。

 

ベビーシッター

ベビーシッターは、0歳から12歳の子どもを対象に、主に子どもの自宅に行き、保護者に変わって保育を行うお仕事です。

 

子どもの身の回りのお世話や、遊び相手になることが多く、サービスによっては幼稚園や習い事などの送迎や、宿題を見てあげることもあります。

 

ベビーシッターは特別な資格が必要なお仕事ではありません。

 

しかし、詳しく学びたいときには「認定ベビーシッター」という専門的な資格もあり、取得することで採用時に有利になったり、利用者からの信頼へとつながるでしょう。

 

この仕事のやりがいは、一人の子どもと深く関わることができ、子どもの興味や関心に応じて関わり方を工夫していくことで、子どもが満足感を持ってくれることでしょう。

 

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーは、0歳から12歳の子どもを対象に、少人数生の家庭的な保育を行う専門家であり「少人数保育のスペシャリスト」と言われています。

 

保護者の自宅に行き、子育て家庭の育児や教育方針に沿って保育を行ったり、少人数の保育所で保育を行うこともあります。

 

このお仕事は、「チャイルドマインダー」という資格が必要となります。

 

資格の取得には所定の講座受講によります。この仕事のやりがいは、保育できる子どもの人数が少人数となるため、一人ひとりに合った保育ができることでしょう。

 

また、一人の子どもと深く関わることで、より細かな成長も感じられるでしょう。

 

児童英会話教師

児童英会話講師とは、幼稚園に入園する前の幼児から12歳の子どもを対象に、英語を学ぶ楽しさを教えます。

 

英語の「読み」「書き」「ヒアリング」「日常会話」を遊びを通して、子どもたちに楽しんでもらいながら教える必要があるので、専門のスキルは必要です。近年、小さな子どもを持つ保護者にとって、英会話を習わせたいという需要が増えています。

 

また、公立小学校でも英語が必修化されていくことで注目されていくことでしょう。

 

特別な資格がなくても、児童英会話教師になることはできます。英語が得意な人にぴったりなお仕事でしょう。

 

この仕事のやりがいは、子どもが英語を身につけ成長する姿を実感したり、英語を好きになってくれる姿を見ることでしょう。

 

ピアノ教室の先生

ピアノの先生は、ピアノの経験を活かし、小さな子供から大人まで幅広い年齢に、ピアノの楽しさを教えていくお仕事です。

 

子どもにピアノを習わせたいと思っている保護者も多く、ピアノが得意な方にとっては特技を活かせる職業でしょう。

 

自宅や物件を借りて、ピアノ教室を開く際には、特別な資格は必要ありません。

 

しかし、音楽教室の講師として活躍するためには、一定の学歴や資格が必要になります。

 

教室によってさまざまですが、音楽大学あるいは短大卒・卒業見込みは必須なようです。

 

音楽教室によっては、検定試験やグレートテストが行われることも。

 

この仕事のやりがいは、教えている子どもが、ピアノを楽しみ技術が上達していくことでしょう。

 

子どもの個性に応じて、教え方を工夫していくことも醍醐味かもしれません。

 

ベビーマッサージインストラクター

ベビーマッサージインストラクターは、赤ちゃんの肌や身体の仕組みに関する基礎知識から、ベビーマッサージに関する専門的な知識と技術を備えている、プロのインストラクターです。

 

対象となる子どもの年齢は、活発に動き回るおおよそ1歳半までの子どもが中心となるようです。

 

この仕事を始めるためには「ベビーマッサージインストラクター」という資格が必要となります。

 

資格は、通信講座や一定の期間専門の学校に通うスクール型講座があります。

 

働く際には、自宅やマンションの一室を借りて開業をしたり、派遣で講座を開く場所に出向いていくこともあります。

 

この仕事やりがいは、お客様から喜びの声を聞けたときでしょう。

 

自分の身につけた技術によって、赤ちゃんが喜んでいたり、お母さんから「子どもとの関わり方が分かった」や「リフレッシュできた」という声を聞くことで、自信につながることでしょう。

 

子ども向けの施設の仕事

子ども向けの施設の仕事

Takamex/Shutterstock.com

 

子どもと関わる仕事の中には、子ども向けの施設のお仕事もあります。

 

子ども服の販売員、テーマパークのスタッフ、プレパークのプレリーダーを紹介します。

 

子ども服の販売員

子ども服の販売員は、子ども服についての知識があり、保護者が感じる悩みに寄り添いながら洋服選びをサポートするお仕事です。特別な資格は必要ありません。

 

子育ての経験があったり、子どもと関わる仕事をしていた人にとっては、経験を活かすことが出来るでしょう。

 

この仕事のやりがいは、自分の経験を活かし、洋服選びの工夫を伝えることで、お客様に満足した洋服を購入してもらえたり、子どもが喜んで着ている姿を見たときでしょう。

 

より、納得して購入してもらえるよう、子どもの発達について詳しく学ぶとともに、洋服の流行や機能なども理解しておくとより具体的なアドバイスを行えるでしょう。

 

テーマパークのスタッフ

テーマパークのスタッフは、子どもの安全を守り、楽しい時間を過ごしてもらうことがお仕事となります。

 

テーマパークによっては、アトラクションの受付、誘導、案内、運転、店舗での販売、飲食の提供、清掃などさまざまな作業を担当します。

 

各テーマパークではそれぞれテーマが設定されているので、どの業務に従事するにしてもそのイメージや世界観を大切にする必要があります。

 

この仕事を始めるために、特別な資格は、必要ありません。

 

安全面に十分に配慮し、子どもの思いに寄り添い楽しく過ごせるよう、工夫していける人にぴったりの仕事でしょう。

 

この仕事のやりがいは、子どもの喜んでいる笑顔を見たときでしょう。

 

子どもの笑顔は、仕事の疲れを吹き飛ばす程の力を持っています。

 

「楽しかった」「また来るね」と声をかけられたときには、頑張ろうと思えることでしょう。

 

プレーパーク(遊び場)のプレーリーダー

まず、プレーパークとは、従来の遊具がある公園とは違い、子どもの想像力で工夫して、遊びを作り出すことが出来る遊び場のことを言います。

 

自然の素材を使い、ときには遊び場にあるスコップや金づちや大鍋などを活用し、自分の「やってみたいと思うこと」を実現していく遊び場です。

 

この遊び場で、子どもの安全を確保し、子どもがいきいきと遊ぶことが出来る環境を作る人を「プレーリーダー」と呼ばれています。

 

この仕事を始めるために、特別な資格は必要ありません。

 

しかし、プレーリーダーの知識や経験は身につけたいものです。

 

そんなときには、全国でさまざまな団体で行われている「プレイリーダー養成講座」を受講するとよいでしょう。

 

この仕事のやりがいは、子どもたちにとって思い出を作ってあげられることです。

 

子どもが、夢中になって遊んだ経験は、思い出となり子どもの心にいつまで残ることでしょう。

 

そして、プレーリーダーとして、子どもや保護者をはじめ、地域の人たちとの関わりも増えていきます。

 

たくさんの人にとって喜んでもらえる環境を作っていくことは大きなやりがいとなるでしょう。

 

「子どもが好き」な気持ちを仕事にしてみては

「子どもが好き」な気持ちを仕事にしてみては

Tom-Wang/Shutterstock.com

 

子どもに関わる仕事について、それぞれの仕事内容、資格の有無、やりがいを中心に紹介しました。

 

「子どもに関わる」というだけで、さまざまなお仕事がありました。どのお仕事も、子どもの笑顔や成長を感じられることが大きな魅力と言えるでしょう。

 

子どもの気持ちに寄り添いながら、子どもにとってかけがえのない存在になっていけたら嬉しいものですね。

 

「子どもが好き」という気持ちを大切に、理想とするお仕事を見つけてみてはいかがでしょうか。

ベビーシッターの登録はアプリから

面倒な手続きは一切不要!アプリをダウンロードしていただき、無料の登録説明会にご参加ください。

キズナシッターアプリAppstore

キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
保護者の方向けの記事はこちら