キズナシッター トップ > 大阪府 > 1時間あたり1,000円台

大阪府で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探す

検索結果 24 件
1

大阪府で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう大阪府で1時間あたり1,000円台のベビーシッターを探せます。「保育園と幼稚園で合わせて約10年の保育経験があります。保育園では0・1・2・3歳クラスの担当が多く、自分の子どもも...」「保育実務経験は3年ぐらいと短いですが、子どもがのびのび、好きなことをできるような保育がしたい、色んな子どもと関わり...」「プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。これまで5年間、保育士として公立保育所で勤務していました。0歳〜...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

大阪府は待機児童が677人(2018年)となっており、都市部を中心に認可保育園に入りにくい現状があります。都市部では待機児童解消に向け、保育所等の整備や保育の担い手確保などの対策により利用枠の拡大に努めていますが、今後も子育て世帯の都市部への集中等により、地域的な偏りが現れる見通しです。そのため、少しでも入園の可能性を高くするために加点の可能性を探ることが重要になってくるでしょう。待機児童が多い地域では、ベビーシッター利用で加点対象になる場合があり、保活を有利に進める事ができると注目されています。ベビーシッターは、一対一の関わりとなるため、子どもの様子や気持ちに寄り添いきめ細かい保育を実現していきます。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
ファミリーサポートとベビーシッターの違いは?それぞれの特徴や使い分けの仕方
子育てをしている家庭では、ファミリーサポートやベビーシッターサービスといった、子どもの預かりサービスについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。今回は、ファミリーサポートセンターとベビーシッターサービスの特徴、2つのサービスに関する違いについてご紹介します。
人事労務必見!たった70円で導入できるベビーシッター割引券の特徴や申請の仕方など
子育て中の従業員を雇用する企業のなかには、10月1日始動の企業主導型ベビーシッター派遣事業割引券について知りたい方もいるのではないでしょうか。今回は、企業主導型ベビーシッター利用支援事業についてや企業が子育て中のスタッフのサポートをしたいシーン、企業がベビーシッター割引券を導入するメリットとベビーシッター割引券の申請の仕方をご紹介します。
【体験談】共働き家庭の子育て。残業や夜勤など働き方に応じた工夫とは
共働き家庭のなかには、仕事内容によりママが残業や夜勤に対応している場合もあるかもしれません。そのような場合、子育てや家事の対応などがうまく回らず悩みを抱えている家庭もあるようです。そこで今回は、残業や夜勤があるときの子育ての工夫や急な仕事が入ったときの対処法について体験談を交えて紹介します。