群馬県で30代のベビーシッターを探す

検索結果 2 件
1

群馬県で30代のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう群馬県で30代のベビーシッターを探せます。「保育士として16年目になりました。乳児園で10年勤め、現代の子育て事情やそれを取り巻く社会情勢、行政仕組み等学ばせ...」「保育園の経験が七年あります、今までは一歳のお子さんから担任として見させて頂いていましたが、一人一人丁寧に子供と接し...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、群馬県の待機児童は増加傾向にあり、認可保育園に入りにくい状況になっています。認可保育園の入園については、加点の可能性を探ることが重要になってきますが、そこで注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターの利用は、自治体によっては選考内容で加点の対象になり保活を有利に進めていくことができるでしょう。ベビーシッターはマンツーマンの保育となるため、子どもとの距離も近く、気持ちの変化にすぐに対応することで丁寧な保育を実現します。また、キズナシッターでは、ベビーシッターを利用者が選ぶことができ、定期利用をすることも可能です。信頼関係も築きやすく、育児の相談もしやすいベビーシッターは、保護者にとっても心強いパートナーとなるでしょう。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育児疲れによる保育園の一時利用はできる?保育園以外に子どもを預ける先など
育児疲れを感じるとき、保育園に赤ちゃんや子どもを一時的に預けることはできるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、育児疲れによる保育園の利用はできるかや保育園以外の子どもの預け先、ママたちが考える育児疲れの解消方法を体験談を交えてご紹介します。
共働き家庭の仕事と家庭を両立するコツ。1日のスケジュールや利用したサービスなど
小学校に通う子どもと暮らしている家庭のなかには、夫婦が共働きをしていることもあるようです。子どもの習い事の送迎をどのように行うか考える方もいるかもしれません。今回は、共働き家庭のママの1日のスケジュールや仕事と家庭を両立するコツ、共働き家庭の子どもが習い事をするときのポイントと、活用している子育て支援サービスを体験談を交えてご紹介します。
子どもが一人で留守番をするのはいつから?一人で留守番をしてもらうときの約束や工夫
両親に用事があるとき、子どもに一人で留守番をしてもらいたいと感じることもあるのではないでしょうか。子どもだけで留守番をするとき、誰かに付き添ってほしいと考える家庭もあるかもしれません。今回は、いつから子どもに一人で留守番をしてもらったかや心配なこと、子どもが一人で留守番をするときにした約束と工夫したことを体験談を交えてご紹介します。