北海道札幌市で50代以上のベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

札幌市北海道で50代以上のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう札幌市北海道で50代以上のベビーシッターを探せます。「公立の保育園勤務にて1、2歳児を担任。院内保育園では日勤 ・夜勤を。認可保育園では、フリーの保育士として0歳児〜5...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

札幌市は待機児童が654人(2018年10月)ですが、 特定の保育施設を希望し入所していない「利用保留児童」は1369人いる現状です。年度当初の4月では、待機児童数ゼロとなっていますが、年度途中になると大幅に増え厳しい状況がうかがえます。今後も保育を必要とする家庭の増加が見込まれるため、市では、待機児童解消を目指し施設整備を進め定員増加を図る方針です。子どもの預け先に悩んだ場合には、ベビーシッターを活用してみてはいかがでしょうか。ベビーシッターは、マンツーマンの保育のなかで、子どもの様子や思いに寄り添いながらきめ細やかな保育を行うことができるので、保護者にとっても安心感を感じられるでしょう。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】共働き家庭の子育て。残業や夜勤など働き方に応じた工夫とは
共働き家庭のなかには、仕事内容によりママが残業や夜勤に対応している場合もあるかもしれません。そのような場合、子育てや家事の対応などがうまく回らず悩みを抱えている家庭もあるようです。そこで今回は、残業や夜勤があるときの子育ての工夫や急な仕事が入ったときの対処法について体験談を交えて紹介します。
育児疲れによる保育園の一時利用はできる?保育園以外に子どもを預ける先など
育児疲れを感じるとき、保育園に赤ちゃんや子どもを一時的に預けることはできるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、育児疲れによる保育園の利用はできるかや保育園以外の子どもの預け先、ママたちが考える育児疲れの解消方法を体験談を交えてご紹介します。
共働き家庭の仕事と家庭を両立するコツ。1日のスケジュールや利用したサービスなど
小学校に通う子どもと暮らしている家庭のなかには、夫婦が共働きをしていることもあるようです。子どもの習い事の送迎をどのように行うか考える方もいるかもしれません。今回は、共働き家庭のママの1日のスケジュールや仕事と家庭を両立するコツ、共働き家庭の子どもが習い事をするときのポイントと、活用している子育て支援サービスを体験談を交えてご紹介します。