子どもにかかわる仕事

ベビーシッターに向いているとは?ベビーシッターの適性や必要なスキル

ベビーシッターをお仕事にすることを考えている方のなかには、ベビーシッターの適性とはどのようなものか知りたい方もいるのではないでしょうか。今回は、ベビーシッターの適性や、仕事をしていく上で必要になるスキルについてご紹介します。

ベビーシッターの適性とは?

待機児童問題や家族の多様化などにより、ベビーシッターサービスの需要が高まりつつあるようです。そのような中で、ベビーシッターという職業に興味をもち、仕事にしたいと考えている方も少なくないのではないでしょうか。一方で、どのような人が向いているのかベビーシッターの適性が気になる方もいるかもしれません。自分の性格や能力がベビーシッターに合っているのか、適性と照らし合わせながら確認していきましょう。

ベビーシッターに向いている適性

stock.adobe.com/UTS

ベビーシッターには、どのような人が向いているのか適性をご紹介します。

慈愛心

ベビーシッターのお仕事は、利用者の方が不在のなか、子どもの親代わりとなって対応することを求められる場合があります。そのため、子どもが好きという気持ちとともに、どの子どもにも愛情をもって関われるような慈愛心のある人は、ベビーシッターに向いているでしょう。

子どものなかには、慣れないベビーシッターとの関わりのなかで、こちらの話をうまく聞き入れてくれないこともあるかもしれません。そのようなときは、感情的にならずに「どうしてそのような言動をするのか」という理由を考えて、子どもに寄り添い不安を取り除けるようなサポートができるとよいでしょう。

責任感

最も大切なことは、子どもの命を預かる職業として子どもの安全を第一に考えて責任感のある行動ができることです。子どもがケガをすることがないよう、常に子どもの行動や周囲に気を配り、危険を感じた場合には、早めに対応することも必要になってくるでしょう。

また、子どもが危険な行動をする際は、どうして危険なのかを子どもにわかりやすくきちんと伝えることで、危険を回避しやすくなることもあるかもしれません。

観察力

シッティング中は、さっきまで元気だった子どもが急に体調を悪くするといったケースもあるようです。子どもの様子を注意深く見ていられる観察力があれば、大事に至る前に早めの対応ができるでしょう。また、子どもが何をしたいのかや、どのような気持ちなのか理解するためにも観察力は重要となります。日頃から周囲の人がどのような気持ちなのか洞察しながら、観察力を鍛えていくのもよいかもしれません。

コミュニケーション力

コミュニケーション力も、ベビーシッターの大切な適性とされているようです。ベビーシッターのお仕事は、マンツーマンの関わりとなるため、利用者や子どもと信頼関係を築けることが大切となるでしょう。初めて顔を合わせた利用者や子どもの不安や戸惑いの気持ちに寄り添いながら、自分から積極的に関わっていくことが重要になるとされています。

ベビーシッターの仕事は、子どもの身の回りのお世話や遊び相手が中心となるため、マニュアル通りにいかないようなこともあるかもしれません。突然のトラブルの際も、臨機応変に対応できるような柔軟性があることもベビーシッター業務に向いているとされています。また、子どもの様子に応じて気持ちに寄り添った柔軟な対応は、子どもとの信頼関係を築くきっかけにもなっていくでしょう。

ベビーシッターにとって必要なスキル

stock.adobe.com/hanack

ベビーシッターは、特別な資格がなくても仕事として働くことは可能なようです。しかし、仕事を行う上で、必要となるスキルを把握して業務を進めていくことが重要でしょう。ベビーシッターにとって、どのようなスキルが必要なのか具体的にご紹介します。

対応力

ベビーシッターの特徴のひとつに、保育園や幼稚園の集団保育とは異なり、利用者の依頼に基づき「個別保育」を行うことがあります。個別保育となるため、シッティングを行う時間や曜日、仕事内容など、業務内容はすべて利用者の要望に応える形でサービスを提供することが多いようです。

その際、利用者の要望に合わせていく対応力が重要となるとされています。ベビーシッターは、サービス業となるため「いかに利用者に満足してもらえるか」という点が大事となるため、気配りや心配りも大切にしていきたい視点となってくるでしょう。

確認力

子どもの安全と安心を守るために、シッティングの現場で大切になるのが、利用者との事前打ち合わせといわれています。確認事項は、子どものアレルギーの有無や昼寝の時間、おやつの有無、お気に入りの遊び、緊急時の連絡先など多岐に渡ります。

家庭に応じて、方針や要望は異なるため、必ずわからないことは事前にきちんと確認するといったスキルを身につけておくことが重要となるでしょう。実際にベビーシッターとして働いている方のなかには、着替えの場所や入ってほしくない部屋など、気になることはメモを取りながら確認したとの声も聞かれました。

ベビーシッターの適性を意識してみよう

stock.adobe.com/yamasan

ベビーシッターの適性は、子どもが好きといった慈愛心以外にも、コミュニケーション力や柔軟性を通して利用者との信頼関係を築き、責任感のある行動をできることが大切なようです。実際に仕事を行う際に必要なスキルとして、多様なニーズへの対応力と、確認力といったスキルも重要になってくるでしょう。ベビーシッターという職業に興味をもったときには、適性を意識しながら行動してみてもよいですね。

ベビーシッターという仕事に興味のある方は「キズナシッター」へ

保育士や幼稚園の資格をもっている方のなかには「資格を活かした働き方がしたい」「ベビーシッターの仕事に興味がある」といった方がいるようです。資格を活かした柔軟な働き方や、ベビーシッターの仕事を探している場合には「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターとは、保育士や幼稚園教諭、看護師といった資格所有者のみが登録できるベビーシッターと利用者をつなぐマッチングサービスです。業務時間は1時間から自分で設定ができ、設定した時間に応じて利用者の依頼が入るといったしくみとなるため、時間の融通がききやすくライフスタイルに合わせて仕事が行えると登録しているベビーシッターからも好評です。

収入面においては、時給1600円から自分で設定が可能となり、働き方によっては、高収入も期待できます。安心して仕事が行えるよう、シッティング中の万が一のケガや事故に備え保険にも加入しています。資格や経験を活かし、子どもに寄り添いながら「楽しかった」と思ってもらえるような個別保育を実現してみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る
保護者の方向けの記事はこちら