キズナシッター トップ > 茨城県 > 2人以上対応可能

茨城県で2人以上対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

茨城県で2人以上対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう茨城県で2人以上対応可能なベビーシッターを探せます。「現在、幼稚園の非常勤講師をしています。四年制大学を卒業後、12年間公立小中学校に勤めていました。仕事と家庭とのバラ...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、茨城県の待機児童は減少傾向にありますが、都市部を中心に待機児童が多く入りにくい状況になっています。認可保育園の入園については、加点の可能性を探ることが重要になってきますが、そこで注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターの利用は、自治体によっては選考内容で加点の対象になり保活を有利に進めていくことができるでしょう。ベビーシッターは、マンツーマンの保育となるため子どもとの距離も近く、きめ細かな保育を可能にします。なお、キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士や幼稚園教諭など100%資格保有者となり経験豊富なベビーシッターも多いです。希望にあったベビーシッター探しから始めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
パートでの一時預かり。利用シーンや利用のメリット、泣いたときの対応は
子育てをしているママのなかには、保育園の一時預かりを利用してパートで働こうと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、子どもを預けることに不安を感じていたり、泣いたときの対応などに悩みを感じている方もなかにはいるようです。そこで今回は、体験談を交えて利用シーンの例や一時預かりのメリット、泣いたときの対応方法など紹介します。
【体験談】2歳児の一時預かりの利用。利用シーンや泣くときの対応、預け先の選択肢とは
子どもが大きくなり、保育園の一時預かりを利用しているママもいるかもしれません。2歳児くらいになると、預けられることがわかり、泣いたり嫌がったりして預けることが一苦労と感じている方もいるかもしれません。今回は、体験談を交えながら、2歳児の一時預かりの利用シーンや泣くときの対応、一時預かり以外の預け先の選択肢を紹介します。
ワーキングマザーが抱える子どもの習い事の悩み。送迎方法の対応や解決策
子どもの可能性を伸ばしたり、子どもの興味にあわせて習い事を検討しているママもいるのではないでしょうか。しかし、共働き家庭のなかには、習い事の送迎をどのように行えばよいのかなど悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、ワーキングマザーが抱える子どもの習い事の悩みや体験談を交えながら、送迎方法の解決策について紹介します。