保育・保活

保育園の途中入園で入りやすい時期とは?取り入れたことや途中入園の流れや手続き方法

保育園の途中入園で入りやすい時期があるのか、知りたい方もいるのではないでしょうか。今回は、保育園の途中入園で入りやすい時期はいつなのかや、検討するときに取り入れたこと、途中入園の流れや手続き方法について、ママやパパの体験談を交えてご紹介します。

保育園の途中入園で入りやすい時期はいつ?

保育園の途中入園とは、年度始めである4月以外の月に入園することを指すといわれています。転勤や急な引越しなどで、途中入園を検討している方のなかには、入りやすい時期がいつなのか知りたい方もいるようです。

一般的に、保育園の途中入園がしやすいと言われている時期をご紹介します。

年度初め後の追加募集時期

4月の入園募集後に定員に満たない場合は、5月に追加募集する保育園もあるようです。再募集は、基本的に空きがある状況のため希望者が少ない場合は、スムーズに入園できる可能性が高いでしょう。

再募集を行っている園の情報を確認し、入園を希望する際は、早めに手続きをしていけるとよさそうです。

会社の人事異動がある時期

会社の人事異動があるような、9月や10月も空きが出やすく入りやすい時期といわれています。この時期に間に合うよう手続き準備を進めておくと、入園も決まりやすいでしょう。

一方で、待機児童が多い地域では、先に自治体に申し込みを済ませ「保留通知書」といった書類を受け取っている方が、優先される場合があります。途中入園がわかった時点で、早めに引越し先の情報を収集していけるとよいかもしれません。

途中入園を検討するときに取り入れたこと

stock.adobe.com/maroke



ママ・パパたちに、途中入園を検討するときに取り入れた工夫を聞いてみました。

こまめな情報収集

「転勤が決まったタイミングから、こまめに引越し先の保育園の情報を集めるようにしました。気になる保育園を見つけた場合は、電話で問い合わせて空き状況を聞くようにしました」(40代/3歳児のパパ)

引越し先にある保育園の情報を知りたい場合、ホームページや問い合わせといった方法でこまめに確認していくとよいでしょう。役所に引越しの手続きに行く際に、保育園の空き状況や入園手続きの方法を確認したというママもいました。

預け先候補の拡大

「引越し先から、通いやすい範囲で保育園を探していましたが、なかなか見つからなかったです。小規模保育園や保育ママなど預け先の候補を拡大して探すと、預け先が確保できたので嬉しかったです」(30代/2歳児のママ)

保育園以外にも、子どもの年齢が対象になるような預け先の候補を選択肢に入れたママもいるようです。駅から遠い園や出勤先と逆方向の園など、条件を変更して預け先の候補を見直すと、選択肢が広がったと話す方もいました。

勤務時間の変更

「選考時は、両親がフルタイム勤務の方が入園しやすいと聞いていたので、勤務時間の変更をしました。すぐに入園に結びつくわけではありませんでしたが、選考が有利になることは積極的に取り入れました」(20代/1歳児のママ)

自治体の選考基準の内容を把握し、少しでも入園しやすくなるよう取り組むこともひとつの方法かもしれません。他にも、認可外保育園やベビーシッターサービスを利用していたほうが、認可保育園に入園しやすいと聞き、預け先のひとつとして検討したとの声も聞かれました。

途中入園の流れや手続き方法

stock.adobe.com/mapo



保育園に途中入園をする場合、どのような流れで入園が決まるのか知りたい方もいるかもしれません。ママ・パパたちに聞いた途中入園の流れと手続きの方法をご紹介します。

入園申し込み時期の確認をする

「我が家は10月の途中入園を希望していました。保育園の空き状況を確認し、入園希望時期を伝えたところ、9月10日までに手続きを済ませてほしいとのことだったので、急いで対応したことを覚えています」(30代/2歳児のママ)

途中入園の申し込みの期間は、自治体や保育園によって異なるため、いつから手続きが行えるのか早めに確認しておくと余裕をもって準備ができそうです。待機児童が多い地域では、自治体が入園先の調整を行うケースがあるため、自治体に途中入園する場合の手続き方法を確認してから行動していくとよいでしょう。

提出書類の準備をする

「入園申請を行う際は、提出書類の準備を進めていきました。自治体の窓口で早めに必要書類を一式もらっておくと、会社に書いておいてもらいたい書類なども計画的に準備ができたのでよかったです」(40代/5歳児のパパ)

途中入園する時期が決まったら、必要な書類を期限までに提出できるよう早めに用意していけるとよさそうです。認可外保育園は、園によって申込書や必要書類が異なるようなので、必要書類の内容を細かくチェックして、漏れのないよう対応できると安心でしょう。

合否の連絡を受ける

「5月から認可保育園に入園を希望しましたが、入園の合否がわかったのは申し込みの申請を行ってから2週間後の4月20日頃でした。いざというときのために、認可外保育園にも入園手続きを行ったところ1週間後には結果が来ました」(20代/1歳児のママ)

合否の連絡がいつ来るのかは、保育園や自治体によってさまざまのようです。一般的に認可保育園の途中入園の合否連絡は、入園希望月の前月〇日頃と決まっているようなので、前もって確認しておくと計画が立てやすいでしょう。

保育園の途中入園は入りやすい時期を検討してみても

stock.adobe.com/tatsushi



保育園の途中入園は「年度初め後の追加募集時期にあたる5月」と「会社の人事異動がある9、10月」が入りやすい時期とされているようです。途中入園を検討する際は、こまめな情報収集や預け先の候補の拡大などを取り入れると、スムーズに入園先が決まるケースもあるようです。

途中入園の手続き方法は、自治体や保育園によっても異なるため、入りやすい時期も視野に入れながら早めに進めていけるとよいですね。

「キズナシッター」は途中入園の預け先としての利用も

途中入園を検討している方のなかには、保育園などの預け先が見つからず悩む場合もあるようです。子どもの預け先に悩んだときには「キズナシッター」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

キズナシッターは、保育士や幼稚園教諭、看護師のいずれかの資格をもった方のみが登録できるベビーシッターのマッチングサービスです。対象年齢は0歳の赤ちゃんから12歳の子どもまでで、同時に3人まで預かりが可能なため、兄弟育児をしている家庭にも利用しやすいでしょう。

担当するベビーシッターは、利用者自身が選択できるため、家庭の要望に応じた方に依頼することも可能です。気に入ったベビーシッターの方への継続的なシッティング依頼もできるキズナシッターを、預け先のひとつとしてご検討ください。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら