0歳に対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 314 件
1 2 3 4 5 6 7

0歳に対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう0歳に対応可能なベビーシッターを探せます。「前から子供が好きで保育士の資格を取りたいという思いから、一般企業で働きながら平日の夜と土日を勉強時間にあて資格を取...」「乳児園、保育園、幼稚園で1〜6歳までのお子様との保育に携わってきました。預かり保育では25人1クラスを担当した経験...」「13年間小規模保育園で働いてます!主に0.1歳児クラスの担任が多く、乳児期のお子様と触れあうことに喜びを感じます♪...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育児に自信がなくなってしまいそうなときにできる対処法や大切にしたいこと
子どもが生まれると、子育て自体が初めての経験であったり、子どもによって違う性格に「どう対応したらよいの」と不安な気持ちを抱えてしまう方もいるのではないでしょうか。育児の悩みは、子どもによって異なることもあり、自信をなくしてしまいそうになることもあるかもしれません。そこで今回は、体験談を交えて育児のなかで大切にしていることや育児に悩んだときの対処法について紹介します。
育休復帰が不安。復帰に向けて仕事や家族のことで準備したこと
初めての育休復帰を行う場合、さまざまな不安な気持ちを抱く方も多いかもしれません。 例えば、長期間仕事を休んでいたことで「仕事はきちんとできるだろうか」「復帰後、家庭と仕事を両立できるか」など悩みの内容は人それぞれかもしれません。そこで今回は、育休復帰に向けて、仕事と家庭について準備していたことや心構えについて、体験談を交えて紹介します。
子どもを預けるときのお礼はどうしている?預けたタイミングやお礼の内容
子育て中は、子どもを連れて行かれない用事や2人目の出産などの際、子どもを誰かに預ける場合もあるかもしれません。そのようなとき「親へのお礼は必要なのか」「お礼はどのような内容がよいのか」などお礼の仕方について悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、子どもを預けたタイミングやお礼の内容など、体験談を交えて紹介します。