保育・保活

ベビーシッターとは?基本知識やベビーシッター事情について

子どもの預け先に悩んだとき、「ベビーシッター」という選択肢があることをご存知ですか?近年ではベビーシッターは特別な存在ではなく、育児の相談相手のような気持ちで利用できるようになってきています。 そこで今回は、ベビーシッターの基本の内容やベビーシッター事情、利用するときに気をつけることなどもあわせて紹介します。

ベビーシッターとは

知っているようで知らない、「ベビーシッターとは」や、どんな人がどんなことをしてくれるのか、また、どんなときに利用できるのかなどを、詳しく紹介します。

どんな人が来てくれる?

ベビーシッターは、子どもと関わることが好きな方や、実際に保育や子育て経験がある方が、仕事としていることが多いようです。

 

ベビーシッターのなかには、保育士、幼稚園教諭や学校の先生、看護師など、子どもと関わる資格を持った方もいます。

 

こうした国家資格以外にも、専門の勉強を行い、「認定ベビーシッター」などの民間資格を取得して働いている方もいるようです。

どんなことをしてくれる?

ベビーシッターは、主に保護者が不在のときに、自宅に来て子どものお世話をしてくれます。

 

ベビーシッターと聞くと、赤ちゃんのお世話をするイメージが強いかもしれませんが、対象となる子どもの年齢は幅広く、おおむね0歳から12歳の子どもとなっています。

 

そのため、「ベビー&キッズシッター」と呼ばれることもあるようです。

 

最近では、ベビーシッター会社によってさまざまなサービスを提供しています。

 

例えば、子どものお世話の他に、家事代行サービス、保育園や学童、習い事への送迎、病後児保育など保護者の要望にあわせたサポートが多くあるようです。

どんなときに利用できる?

育児をしているなかで、子どもを預けて用事を片づけたい、育児のサポートをしてもらいたい、というときはありませんか。

 

そのようなときが、ベビーシッターの出番です。

 

例えば、冠婚葬祭など、子どもを連れて行くのが難しい用事ができたときや、保育園や幼稚園のお迎えに間にあわないときの対応、産後のサポートなどさまざまな場面でベビーシッターにお願いができるようです。

 

また、子育て中は、子どもが優先となり、自分の時間を後回しにしてしまうこともあるかもしれません。

 

そのようなときも、ベビーシッターを利用することで、夫婦の時間を確保し、ゆっくり食事や買い物に行くことができるでしょう。

 

利用者のなかには「子育てについて夫婦で抱え込むだけでなく、ベビーシッターという頼れる存在を活用することで、気持ちが軽くなった」という声も聞かれました。

 

仕事や家事、子育ての両立に悩んだとき、ベビーシッターに相談してみることもひとつの利用方法かもしれませんね。

お仕事としてのベビーシッターは?

ベビーシッターには特別な資格は必要ありません。

 

そのため、子どもと関わる仕事がしたい、子育ての経験を活かした仕事をしたいという方もなることができます。

 

勤務形態は、パートやアルバイトとして働く人が多く、勤務時間は自分で決められることから、時間の融通がききやすい職業とも言えるでしょう。

 

働き方としては、ベビーシッター専門の派遣会社に登録したり、個人事業主として働く人もいるようです。

 

また、最近広がりつつある、利用者とベビーシッターとして働きたい人をつなぐ、マッチングサービスを利用して、仕事を始める方もいるようです。

 

ベビーシッターの時給はおおむね1000円から1500円で、会社や個人事業主によってはそれ以上のところもあるようです。

ベビーシッター事情

Makistock/shutterstock.com

ベビーシッター事情

ここでは、実際にベビーシッターを利用する際、どのような会社があり、料金の相場はどのくらいなのか詳しく紹介します。

ベビーシッター会社

ベビーシッターを利用するときには、主にベビーシッター派遣会社に依頼する方法と、マッチングサービスを利用する2つの方法があります。

 

ベビーシッターの派遣会社を利用する場合、依頼に応じてベビーシッター会社が調整し、対応できるベビーシッターが派遣されます。

 

定期的に利用をする会員は、ベビーシッターを指名できるようですが、単発的に利用するときには、派遣会社が決めたベビーシッターが派遣されることが多いようです。

 

派遣会社のサービスを利用する場合には、基本料金とは別に、入会費や年会費が発生することもあるでしょう。

 

マッチングサービスを利用する場合、利用者が専用アプリの紹介ページを参考にしながら、自分でベビーシッターを選ぶことができます。

 

利用方法としては、専用アプリを利用し、ベビーシッターのスケジュールを確認しながら、シッティングを依頼することや、支払いすることも可能となるところもあるようです。

 

マッチングサービスの料金体系については、ベビーシッター自身が能力や資格に応じて、自ら設定している場合が多いようでしょう。

 

利用する場合には、事前登録が必要ですが、入会金や年会費が無料のところもあるようです。

ベビーシッターの料金相場

riphoto3/shutterstock.com

料金の相場

基本料金の相場は1時間1000円~4000円ほどを設定しているベビーシッター会社が多いようです。

 

利用するベビーシッター会社によっては、事前に会員登録するために、会員費や年会費が必要になるところもあるでしょう。

 

また、基本料金の他に、ベビーシッターの交通費やきょうだいで預ける、早朝や深夜に預けるなどの特別な対応を依頼するときに、オプション料がかかる場合もあるようです。

 

料金について気になることがあるときには、依頼するベビーシッター会社の専用サイトや問いあわせ窓口で事前に確認をしておくと、安心して利用できるでしょう。

利用するときに気をつけること

ベビーシッターは、自宅に来て子どものお世話をしてくれることがメリットではありますが、一方で利用するときに注意する点もあります。

 

実際にベビーシッターを利用するときに、どのようなことを気をつければよいのか具体的に紹介します。

ベビーシッターと事前に面談をする

ベビーシッターを利用するときには、ベビーシッターと事前に面談することが大切です。

 

依頼するベビーシッター会社によっては、当日までどんな方が来るのかわからないことがあり、不安に感じる保護者もいるようです。

 

そのような場合には、依頼する会社に、担当となるベビーシッターとの事前面談が可能なのかを確認するとよいでしょう。

 

事前の面談では、子どもや保護者との相性を確認しましょう。

 

直接ベビーシッターに会うことで、人柄や雰囲気を肌で感じることができるかもしれません。

 

事前面談を通して、信頼できるベビーシッターを選ぶことで、安心して子どもを預けることができるでしょう。

貴重品の管理

ベビーシッターとはいえ、家庭に第三者が入ることになるので、貴重品の管理はきちんとしておくことが大切でしょう。

 

入ってほしくない部屋には鍵をかけておいたり、触ってほしくないものは金庫に入れておいたりと対応しておくことで、ベビーシッターとのトラブルを回避できるかもしれません。

 

お互い気持ちよくすごせるよう、事前準備を怠らないようにしましょう。

いざというとき連絡が取れるようにする

預けている子どもの体調が変化したときやケガをしたときなど、緊急時にベビーシッターと連絡が取れる体制を作っておくことが大切でしょう。

 

依頼するベビーシッター会社によって連絡方法が異なるので、注意が必要です。

 

派遣会社にシッティング依頼をした場合には、緊急時はベビーシッター本人と直接連絡を取り合うことが多いので、ベビーシッターの氏名や連絡先を確認しておくことが大切でしょう。

 

マッチングサービスを利用する場合には、専用アプリを介して連絡を取り合うので、きちんと連絡が取れる体制ができているかチェックすることが大切でしょう。

 

また、シッティング中の子どもの様子なども、確認できるよう連絡体制を整えておくことで、預けている間も安心してすごせるでしょう。

 

出典:厚生労働省/ベビーシッターなどを利用するときの留意点
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000040712.html

ベビーシッターについて知り、気軽に活用してみよう

buritora/shutterstock.com

ベビーシッターについて知り、気軽に活用してみよう

今回の記事では「ベビーシッターとは」という基本的な内容について紹介しました。

 

利用するときには気をつけたいこともありますが、子どもの預け先に悩んだときなど、便利に利用できそうですね。

 

育児のパートナーとして気軽に活用してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターの解説

キズナシッターでは、登録ベビーシッターが保育士や幼稚園、看護師資格のいずれかの国家資格保有者のマッチングサービスを提供しています。

 

保護者の要望や子どもの様子に応じて、子どもと関わるプロたちによる丁寧で寄り添ったシッティングが利用者から信頼を得ています。

 

ベビーシッターは、専用アプリを使い、直接選ぶことができます。

 

専用アプリには、各ベビーシッターの顔写真や子どもと関わった経歴、自己紹介文、レビューなどが掲載されているので、ベビーシッターの人柄を感じながら、選ぶことができるでしょう。

 

また、シッティングを行う前には、事前にベビーシッターと面談ができ、相性を確認したり、不安を相談することもできるようです。

 

選ぶ際に悩んだときには、カスタマーセンターに相談ができ、要望にあったベビーシッターを探してもらうこともできます。

 

ベビーシッターは初期費用が高いイメージですが、キズナシッターでは、入会費や年会費は必要なく、基本料金は1時間1600円(別途サービス料20%)から利用することができます。

 

ベビーシッターの利用を考えるときには、専用アプリに登録し、どんなベビーシッターが登録しているのか検索してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

専用アプリのダウンロードはこちらから

面倒な手続きは一切不要!ご登録から依頼・料金の支払いまで、専用アプリでカンタンにご利用いただけます。

キズナシッターアプリAppstore

キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら