キズナシッター トップ > 東京都 > 目黒区 > シッタープロフィール

寄り添う保育を心がけ、対話しながらお子様の主体性や考える力を大切にしている工作お兄さん♫

東京都 > 目黒区
東急東横線 > 学芸大学駅
2,300円/時間
預かり年齢 1歳〜12歳、2人まで
年齢 30代
性別 男性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
はじめまして。
私はシュタイナーとモンテソッリー教育を
受けて育ちました。
幼少時代から人前で話すこと、自分の気持ちを
表現することが上手くできず大学生までいましたが、
世界を旅しながら社会人経験及びこども園での経験を経て「みんな同じ」ではなく「私は私で良い」
その選択に至り、現在ではベビーシッターとして
活動しております。

≪私が心がけて保育をしていること≫
ありのままの姿を尊重し「やってみたい!」
その気持ちにとことん寄り添い、見守る。
なにげない1日をもっと楽しめる素敵な日に
なりますように。

☆12月27日〜1月7日までは年末年始の料金とし、
時給2500円となります。
(内、12月31日〜1月7日までお休みです。)

【楽しく学ぶ】
【自分で考える力】を大切にしています。

≪保育経験≫
■公立幼保学童保育:通年5年
(内、乳幼児クラス担任経験、2年)
■ベビーシッター:3年
≪教育関連のボランティア経験≫
■ガールスカウトのリーダー 13年
■海外ボランティアの保育 1年
(ヨーロッパ・南米にてチャイルドケアを経験)

≪その他経歴≫
■横浜美術短期大学クラフトデザイン科卒業
■京都伝統工芸大学校卒業
■イタリア、フィレンツェにて家具修復短期留学
■イベント会社により企画、運営関連 10年
■乳幼児を対象に造形ワークショップ 独立 6年
■2018年3月よりあそびば「ネコトヤギ」
子ども向けワークショップ運営
https://m.facebook.com/nekotoyagi/

≪旅≫
■九州一周の旅
■地球一周の船旅

≪活動≫
■Bradipo
■Bradipo.como
2つのブラントを立ち上げ、
木のおもちゃや小物を制作しています。
参考までに以下のURLをどうぞ。
http://theskybluesnow.wix.com/mobili-bradipo
*画像が多いため、PCでご覧下さい。

【交通費の目安】
≪(自宅)最寄駅:東横線 学芸大学駅≫
 (ICカードの場合)
 渋谷まで片道154円
 新宿まで片道308円

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 2,300/時間
2人 ¥ 3,000/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

東急東横線 > 学芸大学駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

ご自身がシュタイナー教育とモンテッソーリ教育を受けて育ったという男性保育士さん。子どもの自主性・自己肯定感を大事に、自分で考えることができる子供に成長できるよう、寄り添う保育を実践してくださるのではないでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】産後の育児疲れを感じたとき。具体的な解決方法とは
産後は、ママの体調が少しずつ回復していく期間でもありますが、慣れない子育てのなかで育児疲れを感じているママもいるのではないでしょうか。なかには、育児疲れに対して、どのように対応していけばよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、育児疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の育児疲れの解決方法を紹介します。
子どもを一時的に預ける場所の種類。預け先の具体的な活用法とは
日頃、子どもを保育園などに預けていない場合や、預けている場合であっても一時的に子どもを預けられる場所を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、預けたい理由に応じて、どんな預け先があるのかわからない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時的に預ける場所の種類や、具体的なシーンに応じた活用内容を紹介します。
【体験談】産後に疲れやすいと感じたとき。対策方法や息抜き時間の工夫とは
産後は、夜中の授乳や慣れない育児に追われ疲れやすいと感じるママもいるのではないでしょうか。なかには、疲れを感じたときに、どのように対応すればよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、ママが疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の疲れに対しての対策方法や息抜き時間の工夫について紹介します。