キズナシッター トップ > 東京都 > 西東京市 > シッタープロフィール

保育士歴25年以上、子育て経験あり。目の前のお子様が笑顔で楽しく過ごすことができるように、丁寧な保育を心掛けていきます。

東京都 > 西東京市
西武池袋線 > ひばりケ丘駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、1人まで
年齢 50代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
はじめまして。
保育士という職業を選んだきっかけは、私自身が小さかった頃の経験が大きく影響をしています。自身が保育園に通っていたときに、自分のことを理解して寄り添い思いを言葉にして共感してくれた素敵な先生にめぐり逢うことが出来たことで、私もこのような保育士になりたいと思い、夢を実現させました。

保育士歴25年以上。途中2年間程度、自身の子ども(男の子)の子育てに専念する為に保育士の仕事からは離れましたが、子どもが保育園入園と共に保育の仕事に復職しました。(自身の子どもも無事成人しています・・・。)
保育士としては、0歳児~5歳児クラスの担任経験があります。年齢別クラスだけでなく、3~5歳児の縦割りクラスの担任も経験しています。0~2歳児クラスを担任している時には、目の前のお子さん一人ひとりに寄り添いながらどのような援助をしていったらお子さん自身、自分できることが増えて楽しく過ごすことができるのかを考えながら関わってきました。『できたよ』と自信満々で見せにきてくれた時のお子さんと一緒になって大喜びをしたのを覚えています。3~5歳児クラスを担任している時には、一人ひとりが自分でやりたいもの(こと)を見つけることができるような援助を心掛けてきました。
また、近年は施設長としても仕事をしており、お子さんの保育だけでなく、仕事と子育ての両立をされている保護者の方のサポートも積極的に行っています。

趣味は旅行と音楽鑑賞。子どもは社会人になっているので、旦那と2人で温泉などに行ってのんびり過ごしリフレッシュしています。その土地の美味しいものを食べてストレス発散しています。

特技は絵本の読み聞かせ。小さい頃から絵本が大好きでお気に入りの絵本がたくさんあります。『ぐりとぐら』や『ぞうくんのさんぽ』が特に気に入っています。中でも『ぞうくんのさんぽ』は簡単なフレーズをつけ歌を歌いながら読み聞かせをしており、お子さん達にも人気があります。絵本によっては通常の大きさの本だけでなく大型絵本も所有しているので、お子様のシッティングの際にお声がけ頂ければ持参することも可能です。

シッターとしてお子様と関わることができましたら、目の前のお子様に寄り添いながら楽しく過ごすことができるように保育をしていきたいと思っています。
よろしくお願い致します。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 200/時間
1歳 ¥ 100/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

西武池袋線 > ひばりケ丘駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

西東京市のベビーシッターさんです。
保育士歴25年と経験豊富で、チャイルドマインダーやチャイルドケアプラスの資格もお持ちです。ご自身の子育て時に、ベビーシッターさんにたくさん助けて頂いたご経験があり、恩返しとしてこれからは子育て中のお母さんたちの力になりたいという想いで、お仕事を決心したそうです。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育児に自信がなくなってしまいそうなときにできる対処法や大切にしたいこと
子どもが生まれると、子育て自体が初めての経験であったり、子どもによって違う性格に「どう対応したらよいの」と不安な気持ちを抱えてしまう方もいるのではないでしょうか。育児の悩みは、子どもによって異なることもあり、自信をなくしてしまいそうになることもあるかもしれません。そこで今回は、体験談を交えて育児のなかで大切にしていることや育児に悩んだときの対処法について紹介します。
育休復帰が不安。復帰に向けて仕事や家族のことで準備したこと
初めての育休復帰を行う場合、さまざまな不安な気持ちを抱く方も多いかもしれません。 例えば、長期間仕事を休んでいたことで「仕事はきちんとできるだろうか」「復帰後、家庭と仕事を両立できるか」など悩みの内容は人それぞれかもしれません。そこで今回は、育休復帰に向けて、仕事と家庭について準備していたことや心構えについて、体験談を交えて紹介します。
子どもを預けるときのお礼はどうしている?預けたタイミングやお礼の内容
子育て中は、子どもを連れて行かれない用事や2人目の出産などの際、子どもを誰かに預ける場合もあるかもしれません。そのようなとき「親へのお礼は必要なのか」「お礼はどのような内容がよいのか」などお礼の仕方について悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、子どもを預けたタイミングやお礼の内容など、体験談を交えて紹介します。