東京都豊島区で20代のベビーシッターを探す

検索結果 2 件
1

豊島区東京都で20代のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう豊島区東京都で20代のベビーシッターを探せます。「夜間の専門学校に通いながら2年半幼稚園で3歳児補助の仕事をしました。資格を取った後は保育園で1歳.2歳.5歳.フリ...」「この度はご覧頂きありがとうございます。現在保育士として働いています。お話しする事が大好きですので、たくさんのお子様...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

現在、豊島区は待機児童ゼロ(2018年)を達成していますが、入所申込者は年々増加しており希望した保育園に入れない状況もあるようです。希望する認可保育園に入園するためには、加点の可能性を探ることが重要になってきますが、そこで注目したいのが「ベビーシッター」です。ベビーシッターの利用は、選考内容で加点の対象になり保活を有利に進めていくことができるでしょう。ベビーシッターは、マンツーマン保育となるため、保護者の要望に応じて、子どもの様子や思いにあわせてきめ細かい対応をすることが可能です。さらにキズナシッターでは、専門知識を身につけた経験豊富なベビーシッターのなかから、利用者がベビーシッターを選ぶことができ定期利用することも可能です。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育休復帰が不安。復帰に向けて仕事や家族のことで準備したこと
初めての育休復帰を行う場合、さまざまな不安な気持ちを抱く方も多いかもしれません。 例えば、長期間仕事を休んでいたことで「仕事はきちんとできるだろうか」「復帰後、家庭と仕事を両立できるか」など悩みの内容は人それぞれかもしれません。そこで今回は、育休復帰に向けて、仕事と家庭について準備していたことや心構えについて、体験談を交えて紹介します。
子どもを預けるときのお礼はどうしている?預けたタイミングやお礼の内容
子育て中は、子どもを連れて行かれない用事や2人目の出産などの際、子どもを誰かに預ける場合もあるかもしれません。そのようなとき「親へのお礼は必要なのか」「お礼はどのような内容がよいのか」などお礼の仕方について悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、子どもを預けたタイミングやお礼の内容など、体験談を交えて紹介します。
【体験談】働くママが考えた2人目のタイミングや妊娠後の報告方法
1人目の出産を終え、職場復帰をしたり育児休暇を取得している方のなかには、2人目の子どもについて検討している場合もあるかもしれません。働くママにとっては、仕事と育児の両立を考えている方も多く、妊娠のタイミングを悩むこともあるようです。そこで今回は、2人目を考えたタイミングや妊娠の報告、きょうだい育児の悩みについて体験談を交えて紹介します。