保育・保活

江戸川区でのベビーシッター会社選びのポイントは?江戸川区の保育サービスなど

江戸川区で子どもの預け先を探すとき、ベビーシッターサービスの利用を検討するママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、江戸川区でのベビーシッター会社選びのポイントや江戸川区でベビーシッターサービス利用時に受けられる助成、江戸川区の保育サービスについて、区の資料とママやパパたちの体験談をもとにお伝えします。

江戸川区でベビーシッターの方を探したい

江戸川区で子育てをしている家庭のなかには、仕事や家庭の用事があるときにベビーシッターサービスを利用したいと考えるママやパパもいるようです。下の子を妊娠しているとき、ベビーシッターの方に上の子の遊び相手をしてもらいたいと考える方もいるかもしれません。

 

今回は、江戸川区でベビーシッターサービス利用するときについて、ママやパパたちに聞いてみました。

江戸川区でのベビーシッター会社選びのポイント

江戸川区にある自宅や公園などでベビーシッターサービスを利用したいとき、どのように会社を選ぶとよいのでしょうか。ママやパパたちに聞いた、江戸川区でのベビーシッター会社選びのポイントをご紹介します。

利用料金

「シッティングの利用料金を目安のひとつとしてベビーシッター会社を選びました。我が家の場合は、利用料金が少し高めでも保育の質がよさそうだと感じられた場合は候補に加えました」(40代/6歳児と8歳児のママ)

 

利用料金を意識してベビーシッター会社を選んだママがいるようです。基本のシッティング料金に加え、時間帯によっては早朝や深夜料金や2人目以降に加算されるオプション料金がかかることもあるそうなので、実際に利用したいシーンをイメージして計算してみるのもよいかもしれません。

対象年齢

iStock.com/Demianastur

 

「0歳児の息子の預かり先を探すとき、対象年齢を重視してベビーシッター会社を探しました。同じ0歳でも月齢によって対象外の場合もあるので、生後何カ月からシッティング可能かを確認するとよいと思います」(30代/11カ月の赤ちゃんのパパ)

 

ベビーシッター会社によって対象年齢はそれぞれ違いがあるようです。3人の子どもと暮らすママのなかからは、子どもたちが全員が対象年齢の範囲内であるベビーシッター会社を選んだという声も聞かれました。

交通費

「江戸川区にある自宅でのシッティングを依頼したいとき、区内在住の方に来てもらいたいと思いました。ベビーシッターの方の交通費は利用者が支払うため、同じ江戸川区の方に依頼できると経済的だと感じます」(20代/4歳児のママ)

 

ベビーシッターの方の交通費を考え、江戸川区在住の方に依頼したいと考えるママもいるようです。ベビーシッターの方が暮らす地域や最寄り駅を公開しているベビーシッター会社を探し、自宅から近い場所に住んでいる方にシッティングを依頼したというパパの声もありました。

 

キズナシッターで東京都江戸川区のベビーシッターを探す

江戸川区でベビーシッターサービス利用時に受けられる助成

江戸川区でベビーシッターサービスを利用したとき、区から受けられる助成制度があるようです。江戸川区の資料をもとに、ベビーシッターサービス利用時に受けられる助成についてお伝えします。

幼児教育・保育の無償化制度

tamayura39 – stock.adobe.com

 

保育の必要性認定の2号または3号を受けている方が認可外保育施設等を利用した場合、幼児教育・保育の無償化制度の対象となるようです。無償化の対象となるのは保育料のみで、給食費やバス代などは含まれないそうです。当サイトを運営するキズナシッターは、区への申請時に必要な受託証明書の発行を行なっています。

 

出典:認可外保育施設等の無償化について/江戸川区

企業主導型ベビーシッター利用者支援事業

企業主導型ベビーシッター利用者支援事業とは、事業主などに雇用された従業員がベビーシッターサービスを利用したときに、利用料金の一部または全てを助成するといった内閣府の取り組みのひとつです。割引券承認事業主の一覧は、全国保育サービス協会のホームページで確認できるようです。当サイトキズナシッターのなかにも、割引券承認事業主として登録しているベビーシッターの方が在籍しています。

 

出典:企業主導型ベビーシッター利用者支援事業/内閣府

 

出典:割引券承認事業主一覧 [令和元年度版]全国保育サービス協会

 

出典:内閣府内閣府補助(ベビーシッター派遣事業割引券)の利用について

江戸川区の保育サービス

いざというときの子どもの預かり先として、ベビーシッターサービス以外の江戸川区の保育サービスが気になる方もいるかもしれません。江戸川区の保育サービスのなかから、3種類ご紹介します。

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターとは、子育ての手伝いを行ないたい方(協力会員)と、子育てを手伝った欲しい方(依頼会員)をつなぐ地域の助け合い事業のようです。センターが実施する基礎研修や説明会を受講した方が協力会員として登録しているそうです。ファミリー・サポート・センターの利用を希望するときは、事前に依頼会員入会説明会を受講する必要があるそうなので、都合のよい日程に参加してみるとよいでしょう。

 

出典:ファミリー・サポート・センターとは/江戸川区

 

出典:ファミリー・サポート・センターが実施する講習会/江戸川区

病児・病後時保育

病児・病後児保育とは、病気の回復期にあるけれど、まだ集団生活が難しいとされる子どもを預かるサービスのようです。江戸川区では、生後6カ月から小学3年生までの乳幼児が対象とされています。

 

出典:病児・病後児保育/江戸川区

一時保育

一時保育とは、保護者の通院や冠婚葬祭への出席、リフレッシュなどを理由に一時的の子どもを預かるサービスのようです。就学前の、健康で集団保育が可能な子どもが利用対象とされています。江戸川区では、1世帯につき1カ月あたり5日まで利用できるそうなので、いざというときの預け先として登録を済ませているというママの声もありました。

 

出典:一時保育/江戸川区

江戸川区でじょうずにベビーシッターサービスを利用しよう

iStock.com/kohei_hara

 

江戸川区でベビーシッターサービスを利用したいと考えるママやパパのなかには、利用料金や対象年齢を意識してベビーシッター会社を選んでいるという方がいました。同じ江戸川区在住のベビーシッターの方にシッティングを依頼できると、交通費を少額で抑えやすいかもしれません。江戸川区では、ベビーシッターサービスを利用したときに受けられる助成制度もあるようなので、対象になるかや申請の仕方を事前に確認しておくとよいでしょう。子育てをサポートしてもらいたいときは、子どもを預けたいシーンにあわせてじょうずにベビーシッターサービスを活用できるとよいですね。

江戸川区で子育てのサポートが必要なときは「キズナシッター」の活用を

江戸川区で暮らすママやパパのなかには「江戸川区に暮らすベビーシッターの方を探している」「区の保育サービスの対象時間外に子どもを預かってもらいたい」と考える方もいるようです。ベビーシッター会社を探すときは、江戸川区在住のベビーシッターの方も登録している「キズナシッター」を活用してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、保育士や幼稚園教諭、看護師といった国家資格を所有したベビーシッターの方が登録しています。保育の現場での経験を活かし、赤ちゃんや子どもに寄り添った丁寧なシッティングが保護者の方に好評です。

 

専用のアプリで会員登録からベビーシッター検索、利用依頼や利用料金の支払うまでを一括で行えるところは、忙しいママやパパにとって使いやすいといえるでしょう。子どもの預かり先を探すときは、0歳から12歳までの赤ちゃんや子どもを、同時に3人までシッティング可能なキズナシッターを利用してみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら