保育・保活

保育園に落ちたら退職?入れないときの対応や退職時の保険について

育休を取得した後、子どもを保育園に預け職場復帰される方も多いでしょう。しかし、待機児童が多い地域などでは、保育園に落ちたことで退職を選択するケースも少なくはありません。そこで今回は、保育園に落ちたときの体験談と対応策、また退職した場合の育児休業給付金や社会保険等保険について紹介します。

保育園に落ちたとき、仕事はどうした?

育休を取得するときには、仕事を継続していく意思があったとしても保育園に入れないことで「退職」が頭をよぎることがあるかもしれません。

 

そこで、育休取得した後、保育園に落ちた方に仕事をどうしたのか実際のケースを体験談とともに紹介します。

子どもの預け先を見つけ、仕事を継続

「私の住んでいる地域は保活激戦区です。
育休明けの4月入園を目指していましたが、一次募集は保育園に落ちたので、急いで認可外の保育園を調べ電話をかけました。
5件目でちょうど空きが出たとのことで、なんとか仕事を継続することができました」(30代2歳児のママ)

 

保育園に落ちたとわかった後、すぐに認可外保育施設に電話をかけ入園が決まったケースです。

 

認可外であっても、入園が決まることで子どもの預け先は確保できるので、働けない不安から開放され安堵したと言う声もありました。

勤務形態を変更し、仕事を継続

「1歳児の入園は厳しいと聞いていたので、0歳のうちに入園を目指していましたが、実際の現実は厳しく保育園に入れない状況となりました。
今後のことも考え、職場に相談したところ勤務形態の変更を承諾してもらえたので、在宅勤務を中心に仕事を継続することができました。
子どもは、その後保育ママに空きが出たので預けられることができました」(40代1歳児のママ)

 

待機児童が多い地域では、育休を前倒しするケースも少なくないようですが、保育園が決まらず悩む家庭も多いでしょう。

 

今回のケースでは、職業柄在宅勤務が可能となり仕事を継続することができたようです。

どこへも入園が決まらず仕事を退職

「妻はもともと1年の育休でしたが、保育園に落ちたので、育休を延長しました。
それでも入れない状況は変わりませんでした。
認可外にも何度も申し込みをしましたが空きが出ず、どこへも入園が決まらず退職しました」 (30代2歳児のパパ)

 

育休を延長して保活を継続しましたが、どこの保育園にも入れない場合、職場復帰を希望していてもやむを得ず退職を選択する方も珍しくないようです。

 

退職した方のなかには、子育てが落ち着いたタイミングでパートの仕事を見つけ、改めて保活を開始し子どもの預け先を見つけた方もいました。

PR Image Factory/shutterstock.com

保育園に入れないとき、仕事を続けるためにできること

保育園に落ちた場合、何からはじめたらよいのかわからなくなる方もいるかもしれません。

 

ここでは、保育園に入れないときに、仕事を続けるためにできることを紹介します。

育児休暇の延長

育児休業は原則的に1年間ですが、保育園に入れないなどの事情がある場合には、1歳6カ月まで延長ができます。

 

延長申請をして認可保育園や認可外保育園の空きが出るまで保活を行うのも一つの方法です。

 

また、2017年10月より1歳6カ月に達する前日までに保育園に入園できない場合、再延長が2歳に達する前日までできるようになり、育休手当もあわせて受けられるようになりました。

 

育休の延長は、会社にとって人員確保等で調整が必要になってくるため、早めに連絡をしましょう。

 

出典:平成29年10月より育児休業給付金の支給期間が2歳まで延長されます/厚生労働省・都道府県労働局・ハローワーク

二次募集に応募する

認可保育園の一次選考に落ちた場合、あきらめずに二次募集をしている認可保育園があるか確認してみましょう。

 

二次募集とは、募集人数より人数が集まらなかったり、急な転勤などにより空きが出た場合に追加募集されることです。

 

二次募集に応募する場合には、自分の家庭の選考指数を計算し直し、保育園の当落ラインと照らしあわせ、志望順位を考え直すことも重要なポイントです。

 

自治体によっては、ホームページに二次募集のお知らせや一次募集の内定最低指数を掲載している場合もあります。

 

市区町村の役所に直接出向き、通える保育園について相談することで、当初考えていた保育園以外にも通える認可保育園を見つけられる場合もあります。

 

二次募集については、希望園を変更する際、書類の再提出が必要な場合もあるため早めに詳細を確認していきましょう。

認可外保育施設の活用

認可保育園に落ちてしまった場合には、認可外保育施設を活用するのも一つの方法です。

 

認可外保育施設は、細かな選考基準がなく申込順に内定が決まるところが多いため、タイミングによっては定員に空きが出る場合があります。

 

認可外保育施設は、申し込みのスピードが重要になってくるため、事前に目星をつけておくことも大切かもしれません。

 

認可外保育施設に預けることができれば、将来的に認可保育園に入園させたい場合、自治体によっては選考基準の加点対象となり、年度途中や来年度の認可園の入園が有利になることがあります。

 

認可外保育施設は、住んでいる自治体にかかわらす受け入れ基準は平等であることも多いため、自宅や職場周辺など通える範囲を拡大して連絡してみてもよいかもしれません。

ベビーシッターの活用

子どもの預け先が見つからない場合には、ベビーシッターの利用も手段のひとつです。

 

ベビーシッターの対象となる子どもの年齢は幅広く、おおむね0歳から12歳の子どもとなっています。

 

ベビーシッターは、マンツーマンの関わりとなるため、保護者の要望に応じで、子どもの気持ちやペースを大切にしながら丁寧な保育を可能にするようです。

 

そのため、待機児童になったときに、ベビーシッターを利用し認可保育園に入れるまでの間対応したという保護者もいます。

 

自治体によっては、一定期間のベビーシッターの利用は「保育を必要としている」ということになり、選考基準の加点対象になることがあります。

 

この加点を確実にするためには「受託証明書」が必要となります。

 

必ず、ベビーシッターに発行してもらい、子どもを預けていることを証明してもらうとよいでしょう。

職場に相談

保育園に落ちた場合には、すぐに職場に相談しましょう。

 

職場側も結果次第では業務の調整や人員増加など対応策を考える必要があるため、早めに状況を知りたいところです。

 

職種によっては、勤務形態の変更が可能か相談してみるのも一つの方法でしょう。

 

時短勤務やパートへの転向、在宅勤務など可否など、職場によっては難しいケースもあるかもしれませんが、仕事を継続していくために職場とともに打開策を見つけていけるとよいでしょう。

退職した場合の育児休業給付金や社会保険等について

育休中や育休後に退職した場合、育児休業給付金や社会保険、失業保険はどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、上記の3つの保険について説明します。

育児休業給付金は返金するの?

育児休業給付金は保育園に落ちた場合、返金する必要があるのでしょうか。

 

育児休業給付金は、育児休業開始時点で退職を予定している場合を除き、育児休業期間中に退職した場合は、それまで受給した育児休業給付を返金する必要はありません。

 

なお、育休が満期終了後の退職についても、育児休業開始時点で退職を予定していない場合には返金は不要です。

 

出典:Q&A~育児休業給付~/厚生労働省

社会保険について

育休中や育休満期終了後に退職した場合、退職と同時に保険証を返却することになります。

 

退職後の健康保険制度の加入は、任意継続もしくは配偶者の扶養に入るか、国民健康保険に加入するの3つの選択肢となります。

 

扶養に入らずに、任意継続して退職前の会社の保険に一定の条件を満たせば2年間加入することが可能ですが、任意継続したとしても保険料か免除されることはなく、全額自己負担となります。

 

加入している健康保険組合によっても内容が異なるので、確認するようにしましょう。

 

出典:会社を退職するとき/全国健康保険協会協会けんぽ

失業保険について

育休取得後退職した場合、復職するまでの間、失業保険を申請することができるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

 

失業保険をもらうためには「就職しようとする積極的な意思があり、就職できる能力があるにもかかわらず就業に就くことができない失業の状態にあること」「離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12カ月以上あること」の2つの要件を満たすことが条件となります。

 

この条件を満たしていれば、育児休業給付の受給に関係なく、失業手当を受けられるようです。

 

なお、育児に専念する場合、失業手当は対象外となりますが、必要な手続きをすることで、通常1年の受給期間を最長で3年間延長できます。

 

出典:基本手当について/ハローワークインターネットサービス

出典:特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要/ハローワークインターネットサービス

 

paulaphoto/shutterstock.com

保育園に落ちたときは選択肢を考えよう

認可保育園に落ちたときの体験談とともに、仕事を続けるためにできる対策や退職した場合の育児休業給付金や社会保険等について紹介しました。

 

やむなく退職を選択した場合には、失業保険など、お金の関係についてはどの給付をいつまで受けられるのかきちんと確認しておくと安心かもしれません。

 

しかし、保育園に落ちたときには「退職」という道だけではなく様々な選択肢が残っています。

 

自治体の最新の情報を確認しながら、あらゆる可能性を探していってみて下さい。

保育士の先生とマンツーマン保育「キズナシッター」の活用

認可保育園に落ちたときには、保育士の先生とマンツーマンの保育が可能になる「キズナシッター」を活用してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは業界では初めて、保育士資格、幼稚園教諭免許など国家資格保有者のみが登録しているベビーシッター、キッズシッターのサービスです。

 

専門知識を持った経験豊富なベビーシッターが多く登録しており、自宅で保育園の先生とマンツーマンの保育をしているイメージでしょう。

 

ベビーシッターは、専用アプリの紹介ページや利用者のレビューを参考に、自分で選ぶことができます。

 

特定のベビーシッターの定期利用も可能なため、信頼関係も築きやすく育児の相談もしやすいようです。

 

キズナシッターの利用についても、上記のベビーシッターと同様に一定期間利用することで、自治体によっては認可保育園入園の加点対象になることがあります。

 

また「受託証明書」に対応しているため、必要なときには問いあわせてみるとよいでしょう。

 

認可保育園に入れない場合には、キズナシッターも預け先のひとつとして候補に考えてみてはいかがでしょうか。

 

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

 

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪

※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

 

キズナシッターアプリAppstore

キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら