保育・保活

一時保育はどのような理由でいつから利用できる?持ち物や料金について

子育てをしていて、やむを得ず子どもを預けなければならないときに便利なのが「一時保育」です。 しかし、実際の保育内容や利用方法がわからず、まだ使ったことがないという方もいるかもしれません。 そこで今回は、一時保育とはどのようなものか、利用理由やいつから預けられるのか、料金や持ち物についてもあわせて紹介します。

子育てをしていると、さまざまな理由で子どもを預けたいと感じる場面も出てきますよね。

 

そのようなとき、ママやパパにとって頼りになるのが一時保育です。

一時保育とは

一時保育とは、主に認可保育園や子育て支援施設で実施している預かりサービスのこと。

 

通常の保育とは別枠で、普段その保育園に通っていない子どもを預かる仕組みです。

 

一時保育の利用を検討する際は、どのような理由でいつから利用できるのか。

 

どこの施設で実施していて、料金はどのくらいかかり、必要な持ち物は何かという疑問について詳しく見ていきましょう。

一時保育を利用できる理由

StePro/shutterstock.com

 

一時保育を利用できる理由

一時保育を利用するには、子どもを預ける必要性=理由を申告する必要があります。

 

理由によって断られる、ということはないようですが、一度に申し込める日数や料金が変わってくる場合もあるようです。

 

また、地域によっては、理由に応じて利用できる園が異なることもあるようです。

 

具体的にどのような理由で預かってもらえるのか、保育の種類別にそれぞれ詳しく見ていきましょう。

定期的な保育

定期的な保育とは、保護者の就労や家族の介護などの理由で、保育園に預けるほどではないが、定期的に一時保育で預かってもらう必要がある場合に利用できます。

 

このような場合、自治体によっては、決まった曜日に預かってもらうことが可能であったり、1カ月120時間以上預かってくれるところもあるようです。

緊急保育

緊急保育とは、保護者の突然の事故や病気で入院が必要になったときや、冠婚葬祭などで一時的に保育が必要なときに利用できます。

 

このような場合、自治体によって、1カ月で最長15日間預かってくれるところもあるようです。

リフレッシュ保育

リフレッシュ保育は、育児による心身の負担を軽減するために、一時的に保育をお願いしたいときに利用することができます。

 

リフレッシュ保育のなかには、夫婦の時間を確保したり、友だちとゆっくり食事に行くなど、自分の時間を作るために利用することができるようです。

 

このような場合、1回の利用で、1日預かってもらえるところが多いようです。

利用方法

初めて一時保育を利用するときには、不安に感じることが多いかもしれません。

 

一時保育について「いつから」「どこで」「料金」「持ち物」に分けて紹介します。

いつから預けられる?

一時保育は主に、0歳児から預けられるところが多いようです。

 

なかには、生後50日から預かっている保育園もあるようなので、利用を考えるときには、おおむね生後どのくらいから預けられるのか確認しておきましょう。

どこで預けられる?

一時保育を実施している場所は、主に認可保育園、認定こども園となりますが、地域によっては、一時保育のみ行っているような「子育て支援施設」もあります。

 

一時保育を行っている園は限られるため、利用を検討するときには、自治体に問いあわせてみましょう。

 

利用できる一時保育がホームページなどで一覧になっているところもあるようです。

料金

一時保育の料金は、自治体や園によって大きく異なるようです。

 

1時間いくらと決まっている場合が多いですが、一日預けた場合、2000円から5000円程と幅広いようです。

 

また、預ける理由によって、料金が変わってくる場合もあるようです。

 

保育料とは別に、昼食代やおやつ代が別に発生することもあるので、事前に確認しておくとよいかもしれません。

持ち物

持ち物は、子どもの保険証のコピー、着替え、オムツは必ず準備する必要があるようです。

 

他のものについては、園によって異なるのできちんと確認しておき、当日までに余裕を持って準備するようにしましょう。

 

また、保育園に通っている園児といっしょに、遊んだりお昼を食べたりすることもあるので、持ち物にはすべて名前を書いておきましょう。

一時保育で気をつけたいこと

Purino/shutterstock.com

一時保育で気をつけたいこと

一時保育を利用する上で、どのようなことに気をつけるとよいでしょうか。

 

一時保育事情も踏まえながら、詳しく紹介します。

利用日が決まったら、すぐに申し込み

一時保育は受入れ可能な枠が限られているため、争奪戦のようになってしまっている自治体もあるようです。

 

預ける日がわかった時点で、すぐに対応することが大切でしょう。

 

一時保育の申し込みをする際には、その施設の申し込みの開始日もよく確認しておくことが重要です。

 

一時保育の利用者が多い地域では、利用日の数カ月前から受付を開始するというところも多いようです。

子どもの思いに寄り添っていく

一時保育は、初めての場所に預けられるため、子どもにとっては不安となることもあるようです。

 

園によっては、きちんと広い一時保育室を確保しているところもあります。

 

子どもが心地よくすごせるような、保育園選びも大切かもしれませんね。

 

余裕があれば園の雰囲気に慣れるよう子どもといっしょに見学に行き、候補を決めておいてもよいでしょう。

 

 

預ける際には、子どもにきちんと説明し、気持ちの準備ができるようにしてあげることで、不安を和らげることができるかもしれませんね。

預けられなかったときの対応も考えておく

一時保育は、地域によっては予約が困難なところがあるようです。

 

例えば、1カ月前の何日の何時から予約ができるとしていても、すぐに枠が埋まってしまうほど、実際には利用が難しい現状もあるようです。

 

どうしても、子どもを預けなければならない状況のときには、預けられなかったときの対応を考えておくことも大切でしょう。

 

預け先に悩んだときには、ベビーシッターを利用するのもひとつの手段かもしれません。

 

ベビーシッターなら2日前や前日でも予約をすることができるので、緊急のときにもきちんと対応してもらうことができます。

 

いざというときに、スムーズに利用できるようベビーシッター会社に事前登録しておくと安心かもしれませんね。

一時保育の制度について知り、困ったときには上手に活用していこう

milatas/shutterstock.com

一時保育の制度について知り、困ったときには上手に活用していこう

一時保育は、さまざまな理由で子どもを預けたい時に役に立つ制度です。

 

いつから預かってもらえるのか、料金や持ち物などについて、まず自治体に確認してみるとよいかもしれません。

 

一時保育の制度を知り、困ったときには上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

一時保育に預けられない時は、ベビーシッターも活用を

キズナシッターでは、保育士、幼稚園、看護師資格を持ったベビーシッターが、家庭の要望にあわせて、子どもの気持ちに寄り添いながらシッティングを行っています。

 

一時保育を利用しなくても、保育のプロにマンツーマンでお世話をしてもらうことができるため、預け先の1つとしてキズナシッターを活用している保護者もいるようです。

 

シッティング場所は自宅の他に、保護者の要望や子どもの様子に応じて、散歩や公園にも連れて行ってもらえるため、柔軟な対応が可能です。

 

また、ベビーシッターを専用アプリから自分で選ぶことができ、事前に面談をして相性を確認することもできます。

 

いざというときに、気軽に利用できるよう、アプリを使って、気になるベビーシッター探しから始めてみてはいかがでしょうか。

専用アプリのダウンロードはこちらから

面倒な手続きは一切不要!ご登録から依頼・料金の支払いまで、専用アプリでカンタンにご利用いただけます。

キズナシッターアプリAppstore

キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら