子育て

ロンパースはいつから使った?種類や選び方、カバーオールとの違い

ベビー服のロンパースは、いつから赤ちゃんに着せるものなのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、ロンパースとはどのようなベビー服かや、いつからいつまで使ったか、ロンパースの種類と選び方をママやパパの体験談を交えてご紹介します。

ロンパースとは

ロンパースとは、トップスとボトムスがつながったベビー服です。短肌着や長肌着、ドレスオールやツーウェイオールの次に赤ちゃんが着る服とされています。カバーオールとの違いは、一般的に肌着の上に洋服として着るタイプがカバーオールで、肌着または洋服どちらとしても活用できるタイプがロンパースですが、メーカーによっても違いがあるそうです。

ロンパースには、前身頃にボタンがついた前開きタイプや横開きタイプと、頭からかぶって着用するかぶりタイプの2種類があります。前開きタイプは赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態でボタンを開くことで着替えがしやすいため、ねんね期に向いているといえるでしょう。かぶりタイプは、ズリバイやハイハイを始める赤ちゃんにとってはお腹側にボタンがないため過ごしやすいベビー服とされています。

ロンパースはいつから使った?

stock.adobe.com/mapo

赤ちゃんを妊娠中や新生児期の赤ちゃんがいる家庭では、いつからロンパースが使えるようになるのか気になる方もいるようです。ママ・パパたちに、いつからロンパースを使ったか聞いてみました。

0カ月から

「冬生まれの娘には、0カ月の時にロンパースを着せました。用意していたツーウェイオールだけでは洗濯が追いつかなかったため、出産祝いにいただいた前開きタイプのロンパースがあって助かりました」(20代/4カ月の赤ちゃんのママ)

新生児期からロンパースを使った家庭があるそうです。兄弟育児をしているママのなかからは、上の子が通う幼稚園の送迎のために0カ月からベビーカーに乗せるため、外出時は前開きのロンパースを活用していたとの声もありました。

1カ月や2カ月から

「生後1カ月の頃、短肌着をサイズアウトしそうだったのでロンパースを購入しました。夏だったので、半袖のロンパースを肌着兼洋服として使っていたことを覚えています」(30代/8カ月の赤ちゃんのママ)

1カ月からロンパースを使い始めた家庭もありました。他には、2カ月の頃にツーウェイオールのサイズアウトをきっかけにロンパースを新調したパパもいるそうです。

3カ月以降

「首が座り始めた3カ月頃、初めてかぶりタイプのロンパースを着せました。かぶりタイプはボタンがないので、着替えにかかる時間の短縮につながったように思います」(20代/10カ月の赤ちゃんのパパ)

首が座り始めたことをきっかけに、3カ月の頃にロンパースを着た赤ちゃんもいるそうです。他には、4カ月などロンパースをいつから使用し始めるかは家庭によってそれぞれ違いがありました。

ロンパースはいつまで使った?

stock.adobe.com/fotoduets

これからロンパースを用意する家庭では、いつまでロンパースを使用するのかも気になるかもしれません。ママ・パパたちに聞いた、ロンパースを卒業した時期ときっかけをご紹介します。

6カ月まで

「うちの子はハイハイをするようになってから、着替え中に動き出してしまうことが増えました。股下のスナップボタンを留める前にハイハイをしてしまうので、6カ月の頃にセパレートのベビー服に切り替えたタイミングでロンパースを卒業しました」(40代/1歳児のママ)

ロンパースを6カ月まで使用したという家庭がありました。他には、3カ月の頃に用意したロンパースがサイズアウトしたことをきっかけに卒業したという家庭もあるそうです。

1歳まで

「離乳食が始まると、ロンパースの襟元が汚れてしまうことがありました。トップスとボトムスが分かれているベビー服にすると、トップスを着替えるだけで済むので、1歳頃にはロンパースを使わなくなったことを覚えています」(20代/1歳児のパパ)

1歳までロンパースを使った家庭の場合、洗濯のしやすさが理由だったそうです。同じ理由で8カ月や10カ月の頃にロンパースを卒業したというママ・パパたちの声もありました。

2歳まで

「ロンパースは、息子のトイレトレーニングを始めた2歳頃まで使用しました。背中やお腹が出ないので気に入っていたので、できるだけ長く使いたかったです」(40代/2歳児と5歳児のママ)

ロンパースを長期間愛用していた家庭からは、2歳まで使用したという声もありました。他には、保育園や幼稚園への入園をきっかけにロンパースを卒業した家庭もあるそうです。

ロンパースの選び方

stock.adobe.com/netrun78

ロンパースの選び方にはどのようなポイントがあるのでしょう。ママ・パパたちに聞いた、ロンパースの選び方をご紹介します。

サイズ

「ロンパースはジャストサイズのものを選ぶことがポイントです。赤ちゃんはすぐに大きくなりますが、大きめのロンパースは着せにくいだけでなく、赤ちゃん自身も動きにくそうだと思いました」(30代/8カ月の赤ちゃんのママ)

ロンパースのサイズ感を大切にしているママがいるようです。同じサイズでも、メーカーによって身幅や丈が異なるそうなので、サイズを確認してから購入するとよいかもしれません。

素材

「赤ちゃんが動きやすいように、伸縮性のある素材のロンパースを選びました。縦や横、斜めにも伸縮する生地で作られたロンパースは、着心地がよさそうです」(30代/11カ月の赤ちゃんのパパ)

ロンパースの素材選びを意識しているパパもいました。同じ綿素材のなかでも、暑い時期には通気性のよいガーゼを、寒い時期は保湿性のあるスムースを使い分けているという家庭もあるそうです。

ロンパースをいつから使うかは家庭によってそれぞれ

stock.adobe.com/netrun78

ロンパースをいつから使い始めるかは、家庭によってそれぞれ違いがあるそうです。最初に用意したベビー服がサイズアウトしたタイミングや、赤ちゃんの成長や過ごし方に合わせてロンパースを使うようになったという声もありました。ロンパースを選ぶときは、使用期間をイメージしたうえで、種類やサイズ、素材なども意識しながら用意できるとよいですね。

いざというときの預け先は「キズナシッター」

子育て中の家庭では、「用事のために赤ちゃんを預けたい」「普段の預け先が休みで困っている」といったシーンもあるようです。赤ちゃんや子どもの預け先を探すときは、「キズナシッター」を利用してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターは、0歳から12歳までの赤ちゃんや子どもを対象にしたベビーシッターのマッチングサービスです。保育士や幼稚園教諭、看護師いずれかの国家資格を所有する方のみがベビーシッターとして登録しているため、初めて利用する家庭からも安心感があると好評を得ています。

365日利用可能なため、保育園や学童保育の休業期間中も利用しやすいといえるでしょう。預け先が見つからないというときに備えて、キズナシッターの会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら