子育て

二人目の出産前後の上の子の過ごし方は?預け先や関わり方について

二人目を出産するときの上の子の預け先が気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、二人目の出産を控えた時期の悩みと出産前後の上の子の過ごし方、出産する時期の子どもの預け先やママたちが意識したことを、体験談を交えてご紹介します。

二人目の出産を控えた時期の悩み

二人目の出産を控えている家庭では、出産までの生活や出産後の子育てなどで気になることがあるかもしれません。ママやパパたちに、悩んでいることを聞いてみました。

 

「子どもが二人になると、育児の内容も増えるのではないかと思います。子どもたちのお世話が今までのようにできるか心配になります」(30代/3歳児のママ)

 

「出産をするときの入院中や退院後の上の子の過ごし方が気になります。妻がいない間、子どもとの生活をどのように工夫するとよいかと悩んでいます」(30代/2歳児のパパ)

 

二人目の出産を控えたパパのなかには、ママの入院中に上の子とどのように過ごすとよいか不安を感じている方もいるようです。退院後は生まれた赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、上の子のお世話ができるか心配だというママの声もありました。

二人目の出産前後の上の子の過ごし方

二人目の出産前後に上の子がどのように過ごしているのかを、ママたちに聞いてみました。

自分の母といっしょに過ごす

「出産前から実家の母に自宅に来てもらい、退院後もしばらくいっしょに過ごしました。母が上の子の生活や遊びをサポートしてくれたので、私が赤ちゃんのお世話で忙しくなっても普段と変わりなく過ごせたと感じています」(30代/3カ月の赤ちゃんと3歳児のママ)

 

二人目の出産前から自分の母親に来てもらったというママがいました。入院中から母親にサポートしてもらえると上の子も甘えることができるので、あまり寂しがらずに過ごせるかもしれません。

パパと留守番をする

iStock.com/kohei_hara

 

「出産のために入院したときは、夫がしばらく育休をとってくれました。私が自宅にいない間、上の子といっしょに過ごしてもらえたので、子どもが普段通りの生活リズムを送ることができました」(20代/2カ月の赤ちゃんと2歳児のママ)

 

二人目の出産のために育児休暇を取得したパパがいるようです。子どもも毎日パパといっしょに楽しく過ごせると、ママが家にいない寂しさも少し和らぐかもしれません。

入院先でいっしょに過ごす

「二人目を出産するときは家族で利用できる産院を選んだので、産前産後に子どももいっしょに泊まることができました。私が出産した産院は家族の食事も依頼できたため、上の子といっしょに生まれた赤ちゃんと過ごせました」(40代/4カ月の赤ちゃんと3歳児のママ)

 

家族でいっしょに過ごせる産院を選んで出産をしたママがいました。産院によってはパパが泊まれるところもあるようなので、生まれた赤ちゃんを囲んで家族水入らずで過ごすこともできそうです。

二人目を出産する時期の上の子の預け先

二人目を出産する時期に上の子を実家やパパに預けられない場合、どのような預け先があるのかをママやパパたちに聞きました。

地域の一時預かり

FRANK – stock.adobe.com

 

「我が家では産後に妻の体調を整えるために、地域の保育園に上の子の一時預かりを依頼しました。一時預かり事業は出産でも利用できる制度と聞いたので、自治体の窓口に相談して昼間だけ保育所で預かってもらいました」(40代/0歳児と2歳児のパパ)

 

子ども・子育て支援制度には昼間子どもを預かってもらえる「一時預かり」や、短期間の宿泊を依頼できる「子育て短期支援」などがあります。出産前に夫婦で話し合い、入院中はショートステイを利用し、退院してからは一時預かりを利用したというママの声もありました。

 

出典:よくわかる「子ども・子育て支援新制度」/内閣府

ベビーーシッターサービス

「二人目の出産のために入院したときと退院後しばらくの間、ベビーシッターサービスを利用しました。ベビーシッターの方が自宅でシッティングをしてくれるので、上の子も普段と同じような生活ができてよかったと感じています」(30代/0歳児と3歳児のママ)

 

二人目を出産する時期の上の子の預け先として、ベビーシッターサービスを利用するのもよさそうです。普段の生活リズムを崩さずにお昼寝や食事をすることができれば、子どもも落ち着いて過ごしやすいかもしれません。

ファミリー・サポート・センター

「妻の出産前に地域のファミリー・サポート・センターに会員登録し、私が仕事をしている間、会員の方の家で上の子を預かってもらいました。出勤で忙しい朝は自宅まで迎えに来てもらえたので、とても助かりました」(30代/0歳児と2歳児のパパ)

 

ファミリー・サポート・センター事業は子育ての援助を希望する方と援助をする方とが相互に助け合う活動です。二人目の出産をするために利用したい場合は、地域のファミリー・サポート・センターに行って早めに会員登録をするとよいでしょう。

 

出典:よくわかる「子ども・子育て支援新制度」/内閣府

二人目の出産時にママたちが意識したこと

二人目の赤ちゃんを出産する際に意識したことを、ママたちに聞いてみました。

上の子の気持ちに寄り添う

「私は上の子の気持ちに寄り添って生活することを意識しました。新生児の頃はお世話に慌ただしいのでで、赤ちゃんが寝ている間は、できるだけ上の子とのコミュニケーションをとるようにしています」(30代/0歳児と4歳児のママ)

 

二人目が生まれると赤ちゃんのお世話をする時間が増えるために、上の子が寂しさを感じることがあるかもしれません。赤ちゃんの機嫌がよいときは、上の子とのスキンシップを優先しているというママの声もありました。

家族に協力してもらう

「二人目の出産時には、ほとんどの家事や育児を夫にやってもらいました。妊娠中から少しずつ家事と育児の分担を増やしていたので、出産する頃には家事がスムーズにできるようになっていて頼もしかったです」(40代/0歳児と5歳児のママ)

 

「私は実家の両親に家事や育児をサポートしてもらいました。出産後に夫が残業で忙しい時期は母が泊まりがけで来てくれたので、精神的にゆとりがもててとても心強かったです」(20代/0歳児と2歳児のママ)

 

二人目を出産するときは、ママの生活も今までとは変わってくるのではないでしょうか。家族のサポートが得られると上の子も過ごしやすいかもしれません。

二人目を出産するときの上の子の過ごし方を考えよう

Yusei – stock.adobe.com

 

二人目を出産するときに、上の子の過ごし方が気になるママやパパたちは、地域の支援制度やベビーシッターサービスなどを利用するなど工夫して過ごしているようです。家庭での育児が大変な場合は、夫婦で話し合いながら、上の子が落ち着いて過ごせるように考えられるとよいですね。

上の子の預かり先として「キズナシッター」の活用も

出産を控えたママのなかには「入院中に上の子をベビーシッターの方に預かって欲しい」「赤ちゃんが生まれてからしばらくの間、上の子のシッティングをしてもらいたい」と考える方もいるようです。二人目を出産する時期の上の子の預け先として「キズナシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは前日の利用予約にも対応が可能なため、体調不良などで病院に診療を受けに行く間の上の子の預け先としても利用しやすいと好評を得ています。産後に赤ちゃんと上の子のお世話で疲れたときは、リフレッシュや体を休めるための利用もできます。

 

専用のアプリを使って会員登録することで、ベビーシッターの検索や依頼、利用料金の支払いまでを一括で行なえるため、出産前後の忙しいママやパパにも利用しやすいサービスといえるでしょう。ベビーシッター会社探しで迷ったときには、3人まで同時にシッティング可能なキズナシッターの会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら