子育て

ワーキングマザーの学級閉鎖時の対応。預け先の候補や子どもの留守番時のルール

ワーキングマザーとして暮らしていると、子どものクラスが学級閉鎖になっても子ども自身が感染していない場合、仕事を休もうか留守番してもらおうか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は、子どものクラスが学級閉鎖になったときの対応と、学級閉鎖時の預け先や子どもが留守番をするときのルールを体験談を交えてご紹介します。

ワーキングマザーの学級閉鎖に関する悩み

感染症が流行する季節になると、子どものクラスが学級閉鎖になったときに、仕事と家庭のバランスについて考えるワーキングマザーもいるのではないでしょうか。子ども自身が感染症にかかっていない場合「数日間に渡る連休はとりにくい」「子どもだけで留守番できるだろうか」という心配もあるかもしれません。今回は、子育て中のワーキングマザーの立場で、子どものクラスが学級閉鎖になったときについてご紹介します。

子どものクラスが学級閉鎖になったときの対応

インフルエンザなどの感染症が流行し、子どものクラスが学級閉鎖になることもあるようです。ワーキングマザーたちに、子どものクラスが学級閉鎖になったときの対応の仕方を聞いてみました。

子どもを預ける

「帰宅した子どもに『明日から学級閉鎖になったよ』と言われたとき、仕事を休めるか心配になりました。スタッフの数が少ないお店の販売員をしているため、急にまとまった休日をとることは難しいです。学級閉鎖の期間中は子どもを預かってもらうサービスを利用することを検討しました」(20代/7歳児のママ)

 

学級閉鎖中の子どもを預かってもらいたいというワーキングマザーは少なくないのではないでしょうか。ママのなかからは、夫の出張中に学級閉鎖になってしまったので1人で対応するのは大変だと考え、すぐに子どもの預かり先を探したという声も聞かれました。

子どもに留守番をしてもらう

「子どもたちが通う小学校でインフルエンザが流行し、それぞれのクラスが学級閉鎖になってしまったことがあります。うちの場合は子どもだけで留守番をした経験があったので、2人で留守番してもらいました。子どもだけの留守番時間が短くなるように、学級閉鎖期間中はできるだけ早めに帰宅するよう意識しました」(8歳児と10歳児のママ)

 

子どもに留守番をしてもらったママがいるようです。子どもだけで留守番をすることが初めての場合、子どもが寂しい思いをしないように短時間だけや1日だけにするという工夫をするのもよいかもしれません。

職場に連れて行く

iStock.com/alvarez

 

「子どものクラスが学級閉鎖になったとき、職場に相談して承諾を得たので連れて行ったことがあります。私が仕事をしている間、娘には空いている机でぬり絵などの静かにできる遊びや自習用のドリルなどをして過ごしてもらいました」(40代/11歳児のママ)

 

子どもと同伴で職場に行ったママもいるようです。子育てしながら働くことを応援する企業のなかには、いざというときの子連れ出勤を認めてくれることもあるようなので、相談してみるとよいかもしれません。

学級閉鎖時の預け先の候補

学級閉鎖など、いざというときのために子どもの預け先を検討ておきたいワーキングマザーもいるのではないでしょうか。ママたちが候補としている、学級閉鎖時の預け先をご紹介します。

祖父母や親戚

「子どものクラスが学級閉鎖になったとき、近くに住む私の実家と姉の家に協力してもらいました。子どもに『おじいちゃんの家とおばちゃんの家でお世話になるよ』と伝えると、大好きな祖父母や叔母と過ごせることを楽しみにしていました。家族の協力に感謝しています」(30代/7歳児と10歳児のママ)

 

自分の実家や姉妹の家に子どもを預けたママがいるようです。ママのなかからは、毎年感染症が流行する時期が近づくと、お互いに子どもがいる兄弟や姉妹と「学級閉鎖になったときは助け合おう」と事前に相談しているという声も聞かれました。

民間学童保育

iStock.com/Joy10000Lightpower

 

「うちの子が普段通っている学童保育は、学級閉鎖になったクラスの子どもは利用できない決まりがありました。子どもの預け先を探しているとき、近所にあった民間の学童保育に問い合わせると、学級閉鎖時も子ども自身が健康なら一時預かりとして対応してもらえました」(40代/7歳児と8歳児のママ)

 

民間の学童保育は、学級閉鎖になったクラスの子どもでも利用できる場合があるようです。定員数に余裕がある場合に限り、一時預かりの対応をしてもらえることもあるようなので、感染症が流行する前に場所や内容の確認しておくとよいかもしれません。

預かりサービス

「学級閉鎖は数日間に渡ると考え、思い切ってベビーシッターサービスを利用しました。少し費用はかかりますが、プロの方が子どもを預かってくれていると思うと集中して仕事ができたのでよかったです」(20代/3歳児と7歳児のママ)

 

子どもの預かりサービスのひとつとして、ベビーシッターの方に依頼したママもいるようです。他にも、ファミリー・サポート・センターを利用して地域の会員の方に子どもを預かってもらったというママの声もありました。

学級閉鎖時に子どもが留守番するときのルール

学級閉鎖になったとき、子どもに留守番をしてもらいたいと考える家庭もあるかもしれません。ママたちに聞いた、学級閉鎖時に子どもが留守番をするときのルールをご紹介します。

インターホンや電話に出ない

「防犯のため、子どもが1人で留守番をしていることがわからないようにしたいと思いました。子どもが留守番をするときは、インターホンが鳴っても対応したり玄関のドアを開けたりしないルールを作りました」(30代/7歳児と9歳児のママ)

 

普段からインターホンに対応することがある子どもには、留守番時は対応しなくてよいことを伝えるのも大切なことかもしれません。他にも、電話を使って保護者の不在を確認する不審者対策として「おうちの電話が鳴ってもとらないこと」というルールを作ったというママの声もありました。

外出しない

「我が家では、学級閉鎖の期間中は留守番に飽きても外出しないことをルールに加えました。夫婦で相談し、子どもが自宅で過ごしやすい環境にしたいと考え、マグネット式の着せ替えおもちゃや工作キットを用意しました。子どもも『これで楽しく留守番できそう!』と喜んでくれました」(8歳児と12歳児のママ)

 

留守番に飽きても外出しないルールを作ったママがいるようです。外出しないルールを作るときは、災害時は例外だということも伝えておくとよいかもしれません。

ガスや火を使わない

「うちの子は料理をすることが好きなので、留守番中にガスを使ってしまうかもしれないと思いました。火事になったりやけどをしたりしないように『留守番中はガスや火を使わないこと』というルールを作りました。料理をしたいという子どもの気持ちにも寄り添いたいと思ったので、食パンとハムやチーズなどの具材を用意してサンドイッチを作る準備をしておくと喜んでもらえました」(40代/4歳児と9歳児と12歳児のママ)

 

子どもだけで留守番をするときのルールのなかに、ガスや火を使わないことを考えたママもいるようです。ルールを決めるだけでなく、子どもの気持ちも大切に考えるとよりルールを守りやすくなることもあるのではないでしょうか。

ワーキングマザーは学級閉鎖の備えをしておこう

iStock.com/Yagi-Studio

 

ワーキングマザーのなかには、子ども自身が感染していない状態での学級閉鎖に備えてさまざまな準備をしている方もいるようです。学級閉鎖時の子どもの預け先には、祖父母や預かりサービスを利用したママもいました。学級閉鎖期間中、子どもだけで留守番をするルールとして、来客の対応をしないことや外出しないことなどを家族で相談して決めるのもよいかもしれません。子育てしながら仕事もしていると急に連休はとりにくいこともあるようなので、感染症が流行する前に家族で相談し、学級閉鎖に備えられるとよいですね。

学級閉鎖時の子どもの預け先は「キズナシッター」の活用も

ワーキングマザーとして暮らしていると「学級閉鎖になったが仕事を数日間も休みにくい」「うちの子は感染症にかかっていないけれど、学級閉鎖の子どもは学童保育には行かれない」という悩みもあるようです。学級閉鎖時の子どもの預け先として「キズナシッター」を活用してみるのはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、学級閉鎖時に子ども自身が感染症にかかっていない状態なら利用が可能です。登録しているスタッフは、全員が保育士や幼稚園教諭または看護師という国家資格を所有し、なかには学童保育の経験者もいます。そのため、子どもや保護者の方の気持ちに寄り添った丁寧なシッティングが好評をいただいています。

 

専用のアプリを活用し、登録から利用日の申請、支払いまでを一括で行うことができるのも、忙しいワーキングマザーにとって魅力のひとつかもしれません。いざというときの子どもの預け先として、キズナシッターの登録から始めてみるのはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら