保育・保活

働くママにとっての幼稚園とは。幼稚園通いの工夫や夏休みの対応など

働くママのなかには、子どもの成長に応じて幼稚園の入園を検討している方もいるのではないでしょうか。しかし、「幼稚園に通わせながら、働くことはできるのか」「みんな、どんな働き方をしているのか」と漠然な不安を抱えている方もいるようです。そこで今回は、働くママにとっての幼稚園について、体験談を交えて、幼稚園通いの工夫や夏休みの預け先の対応などについて紹介します。

働くママにとっての幼稚園

幼稚園は、一般的に保育園より保育時間が短いことや、夏休みなどの長期休みがあることで、共働き家庭にとっては、幼稚園に入園させることは難しいと考える方が多いかもしれません。しかし最近では、共働き家庭の増加や待機児童解消などを目的に、通常の保育時間の前後に預かり保育を実施し、長時間子どもをお願いすることが可能な幼稚園が増加しています。また、幼稚園によっては、預かり保育の時間を利用して、幼稚園独自で習い事を実施していたり、園バスを利用することで送迎の負担を軽減させることができるなど、働きながらでも通いやすい場合もあるようです。

 

働くママが幼稚園の入園を検討する場合には、幼稚園の保育内容以外にも、預かり保育の内容や長期休みの対応、園バスの利用時間など考慮しながら、家庭の条件に合った幼稚園を見つけていけることが、幼稚園と仕事を両立できるポイントになってくるかもしれません。

働き方による幼稚園

働くママは、働き方によってどのように幼稚園を利用しているのでしょうか。働き方に応じた幼稚園の利用について聞いてみました。

パート

「私は、9時から15時までのパートで勤務しています。預かり保育を入園当時から利用していますが、最初の頃は『早く迎えに来て欲しい』と訴えることもありましたが、今では普段遊べない友だちと遊ぶことができる、預かり保育を楽しんでいるようです」(20代/3歳のママ)

 

通常の保育時間ではカバーできない部分を、預かり保育を利用してパート勤務をしている方もいるようです。預かり保育は、幼稚園によっては混合保育となり、異年齢で関わりながら過ごす場合もあり、普段いっしょに過ごしていない友だちと関わる機会にもなるようです。

自営やフリーランス

iStock.com/Customdesigner

 

「子育てが落ち着いてきたので、子どもが幼稚園に入るタイミングでフリーランスの仕事を始めました。フリーランスで仕事をしているので、子どもの行事などに対応がしやすく、年間行事を把握して仕事のスケジュールを立てています」(30代/4歳のママ)

 

幼稚園は、保育園に比べ親が参加する行事が多いため、働くママにとって行事は悩む部分でもあるようです。フリーランスや自営業の場合には、平日の行事にも対応しやすいという声がありましたが、一方で、不規則なことが起きたときのために、夫やママ友と協力体制を作っておき対応したという方もいました。

時短勤務

「時短勤務をしながら、幼稚園に子どもを通わせています。幼稚園に決めた理由は、自然を活かした教育方針や、毎週スイミングの習い事を実施していたりと、我が家の理想に合っていたからです。お弁当など負担に感じることもありますが、手の込んだお弁当ではなく、子どもが食べられるメニューが中心です」(40代/5歳のママ)

 

働いているとどうしても、習い事に通わせにくいということがあるようです。そのなかで、幼稚園の習い事を活用することで送迎の負担を軽減することができ、休みの日は子どもとの時間に当てられるので、気持ちに余裕を持って過ごすことができているという声も聞かれました。

働くママの幼稚園通いの工夫とは

仕事をしている方が幼稚園に子どもを通わせる場合、どのようなことを意識したのでしょうか。働くママに幼稚園通いの工夫について聞いてみました。

働き方について伝えておく

「私は、時短勤務をしていますが、他の子どもに比べお迎え時間が遅くなることが予想されたので、事前に勤務時間など働き方について、担任の先生に伝えておきました。先生は、他の先生方と情報を共有しておいてくださり、預かり保育などスムーズに対応してもらうことができました」(40代/5歳のママ)

 

幼稚園は、仕事をしていない場合でも利用ができるため、それほど勤務状況について詳しく聞かれない場合もあるようです。そのため、働き方については、保護者の方からきちんと伝えておくことで、幼稚園側と協力体制が取りやすくなるというメリットもあるようです。

子どもの行事は早めにチェック

iStock.com/joel-t

 

「入園を検討しているときから、保護者の参加が必要な行事や保護者会の集まりなどについては、詳しく幼稚園に確認をしました。幼稚園によって違いがあり、事前に確認をいたことで、無理なく仕事ができる幼稚園を選べたように思います」(30代/3歳のママ)

 

幼稚園の行事については、ホームページや園の紹介冊子などで確認をできますが、保護者の参加が必要な行事や保護者会の有無など、詳しい内容についてはわからない部分も多いようです。事前に幼稚園に通っているママ友に聞いてみたり、園の説明会に参加し確認することで、詳細を把握することができ、入園してからの負担を軽減できるかもしれません。

急な子どもの預け先を確保

「インフルエンザなどが流行すると、長期間学級閉鎖になることもあり、急きょ子どもを預けなければならなくなったときの対応を事前に考えています」(40代/5歳のママ)

 

幼稚園は、感染拡大を防ぐため感染症などが流行し始めると、学級閉鎖になることがあるようです。働いている場合には、学級閉鎖が長期間に及ぶと仕事に影響ができることも考えられるため、事前に子どもの預け先について、検討しておくと安心かもしれません。

夏休みなどの預け先の対応

幼稚園には夏休みなど、長期休みがあります。夏休みなどの預け先について、どのように対応していたか聞いてみました。

預かり保育の利用

「息子が通っている幼稚園では、夏休みは毎日預かり保育に対応しているので利用しています。有料にはなりますが、プールをやっていたり、スイカ割りなどのイベントを行っていたりするので、子どもも楽しんで通ってくれています」(30代/3歳のママ)

 

夏休みなどの長期休みには、共働き家庭を対象に預かり保育を実施している幼稚園も多いようです。長期休みの預かり保育の内容は、料金設定やお弁当の有無など、普段の幼稚園生活とは異なることもあるようなので、事前に確認しておくと安心かもしれません。

夫婦で協力

「夏休み中は、夫が休みの日のみパート勤務をしています。普段は、なかなか夫と子どもだけで過ごす機会がないので、子どもにとっても夫にとっても新鮮なようです」(40代/4歳のママ)

 

幼稚園の長期休みについては、夫婦で協力できるよう仕事を始める際に勤務先に調整してもらえるよう依頼したというママもいました。事前に、対応策について考えておくことで、仕事も無理なく続けられるようです。

両親や義父母に依頼

「義父母が近くに住んでいたので、どうしても仕事が休めないときはお願いをしました。子どもも大きくなり、祖父母と過ごすことに慣れたようで、親がいなくでも楽しんで遊んでいます」(20代/3歳のママ)

 

近くに、両親や義父母が住んでいる場合には、子どもをお願いしやすいかもしれません。子どもが小さい頃は、負担が大きいのではないかと預けることにためらいを感じていた方も、幼稚園くらいになると自分の思いをはっきり言えるようになり、祖父母との過ごし方に変化が見られるようになり、安心してお願いできるようになったという声も聞かれました。

働くママも幼稚園を預け先の一つに考えてみよう

© aijiro – Fotolia

 

働くママにとっての幼稚園について、幼稚園通いの工夫や夏休みの預け先の対応など、体験談を交えて紹介しました。働いているママが、幼稚園を検討する場合には、幼稚園の預かり保育の内容、長期休みの対応など、無理なく通うことができそうか事前に把握することがとても大切になってくるようです。希望の条件を家族で相談した上で、幼稚園を預け先の一つとして考えてみてもよいかもしれませんね。

送迎や長期休みの対応で困ったときに「キズナシッター」活用

働きながら幼稚園に通う場合「お迎え時間に間に合わない」「夏休み、急きょ預け先が見つからない」という場合が出てくるかもしれません。そのようなときには、子どもを安心してお願いできるベビーシッターサービス「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターに登録しているベビーシッターは、保育士・幼稚園教諭など、全員が資格保有者となります。そのため、子どもに関わる専門知識を身につけ、保育現場などでの経験豊富な方が多くいます。

 

また、担当するベビーシッターについては、専用アプリを利用して顔写真やプロフィール、レビューを参考に利用者自身が決めることができ、悩んだときにはカスタマーサポートを利用して相談することも可能です。

 

ベビーシッターというと、顔が見えないことが不安となり利用に戸惑いを感じる方も多いかもしれませんが、キズナシッターでは、選んだベビーシッターとの事前面談が行われたり、専用アプリを通してベビーシッターとやり取りができたりと初めてでも安心して利用できる要素が多いです。

 

初めて利用するからこそ、安心して活用できるキズナシッターを、もしものときのために会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://sitter.kidsna.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら