保育・保活

荒川区でのベビーシッター会社探しのポイントは?荒川区で受けられる保育サービス

荒川区で子育てをするときに、ベビーシッターサービスを利用したいと考えるママやパパもいるかもしれません。今回は、荒川区でのベビーシッター会社選びのポイントと、ベビーシッターサービス利用時に受けられる助成、子育て家庭のための荒川区の保育サービスについて、区の資料をもとにご紹介します。

荒川区でベビーシッターの方を探したい

荒川区で子育てをしているママやパパのなかには、仕事や急な用事で子どもの預け先に悩む方もいるのではないでしょうか。体調が悪いときやリフレッシュしたいときに、べーシッターの方に子どもを預かって欲しいこともあるかもしれません。今回は、荒川区でベビーシッターサービスを利用するときのポイントや保育サービスについて、区の資料をもとにご紹介します。

荒川区でのベビーシッター会社選びのポイント

荒川区でベビーシッター会社を選ぶときにポイントにしていることを、ママやパパたちに聞いてみました。

利用料金

「我が家では利用料金にポイントをおいてベビーシッター会社を選びました。荒川区を対象としているベビーシッター会社を調べ、さまざまなシーンでの利用料金を比較して絞り込んだので選びやすかったです」(40代/7歳児のパパ)

 

利用料金をベビーシッター会社選びのポイントにしているパパがいました。ベビーシッターサービスの利用料金は、シッティングを依頼する時間帯や内容などによっても異なるようなので、事前に確認するとよいでしょう。

対象年齢や人数

iStock.com/kohei_hara

 

「我が家では2歳と3歳の子どもをいっしょに預かってもらうために、会社を選ぶ際に対象年齢と預かり可能な人数をポイントにしました。1人のベビーシッターの方に兄弟をいっしょに見てもらえると助かります」(30代/2歳児と3歳児のパパ)

 

ベビーシッター会社を選ぶときに、対象年齢や預かる人数をポイントにしたパパもいるようです。年の離れた兄弟がいる場合は、対象年齢の幅が広く、預かってもらえる人数が多い会社を選ぶと、シッティングを依頼しやすいかもしれません。

交通費

「ベビーシッターの方に自宅でシッティングをしてもらうために、荒川区にある自宅までの交通費が必要になると思いました。同じ荒川区の方を選んで依頼できると、交通費が抑えられて経済的だと考えています」(40代/10歳児のママ)

 

荒川区の自宅でシッティングをしてもらうために、同じ区内でベビーシッターの方を探したママもいました。ベビーシッターの方の交通費は利用料金とは別にかかる会社もあるようなので、区内か近隣の地域から来てもらえると経済的かもしれません。

 

東京都荒川区でベビーシッターを探す

荒川区のベビーシッターサービス利用時に受けられる助成

iStock.com/kawamura_lucy

 

荒川区で子育てをしている家庭がベビーシッターサービスを利用する場合の助成制度について、区の資料をもとにお伝えします。

幼児教育・保育の無償化制度

令和元年10月から始まった幼児教育・保育の無償化制度により、認可外保育施設等を利用する子どもたちも対象となっているそうです。認可外保育施設とは、認証保育所、家庭福祉員、認可外保育所の他に、ベビーシッターサービスも含まれるようです。

 

無償化の対象となるためには、事前に区から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。認定を受ける際は、荒川区ホームページから必要様式をダウンロードして提出しましょう。

 

また、荒川区ホームページに掲載されていない施設・事業は、利用しても無償化の対象にならないようです。利用する施設・事業が無償化の対象になるか知りたい場合は、事前に確認するとよいでしょう。

 

出典:無償化の対象施設・事業一覧/荒川区

 

出典:認証保育所・認可外保育施設 無償化対象施設一覧/荒川区

 

出典:無償化のための認定について(施設等利用給付認定)

 

出典:荒川区無償化パンフレット/荒川区

ひとり親家庭サポート事業

荒川区では一時的傷病や冠婚葬祭、学校等公的行事の参加により育児や家事が困難なひとり親家庭を対象に、ベビーシッターを派遣するサポート事業を行なっています。利用する場合は、利用希望日の2週間前までに事前登録を行なう必要があるそうです。

 

育児対象は生後6カ月から小学校3年生までとされており、派遣時間や回数、費用などはそれぞれ条件があるようなので、利用を希望する場合は区のホームページなどで確認するとよいでしょう。

 

出典:ひとり親サポート事業/荒川区

荒川区の保育サービス

荒川区で行なっている、ベビーシッターサービス以外の保育サービスをご紹介します。

ファミリー・サポート・センター事業

ファミリー・サポート・センター事業は、荒川区の子育て世代の方(利用会員)が、残業や通院、冠婚葬祭などで子どもを預けたいときや保育園や学童クラブの送迎を希望しているときに、登録している協力会員が利用会員をサポートする相互援助活動です。

 

荒川区では「保育の必要性の認定」を受けた方は、ファミリー・サポート・センター事業の利用料が無償化の対象となるようです。

 

出典:ファミリー・サポート・事業/荒川区

 

出典:一時保育・病後児保育・ファミリーサポートセンター事業の無償化/荒川区

一時保育

一時保育とは、保護者の冠婚葬祭出席や地域や学校行事への参加、育児疲れ解消のために、一時的に子どもを預かるサービスです。荒川区の一時保育の対象となるのは、区内在住で集団保育が可能な生後6カ月から小学校就学前の子どもとなっていますが、園によって対象年齢が異なる場合もあるようです。

 

利用できる回数や時間、費用や申込方法などは荒川区のホームページに記載されているので、予定している場合は早めに確認するとよいでしょう。

 

出典:一時保育/荒川区

病児・病後児保育

荒川区では子どもの看護のための休暇を取得しにくい保護者のために、病気や病気の回復期で保育園に登園できない子どもを預かる支援を行なっています。対象となるのは区内在住の幼稚園、保育園、認定こども園などに通っていて、病児・病後児保育が可能と医師が判断した1歳以上の子どもとなるようです。利用を考える場合は、期間や時間、費用などを確認して、事前登録をしておきましょう。

 

出典:病児・病後児保育/荒川区

荒川区での子育てにベビーシッターサービスや保育サービスを利用しよう

iStock.com/Yagi-Studio

 

荒川区での子育てをサポートしてもらいたい家庭のなかには、ベビーシッターサービスの利用を検討するママやパパもいるようです。荒川区では、ベビーシッターサービスを利用するときに受けられる助成制度もあるそうなので、自分の家庭が対象になるかを事前に確認しておくとよいでしょう。仕事の都合や自分のリフレッシュなどで子どもの預け先を探すときは、ベビーシッターサービスや区の保育サービスを上手に利用できるとよいですね。

荒川区で子育てのサポートが必要なときは「キズナシッター」の活用を

荒川区でベビーシッターサービスを探すとき「同じ区内のベビーシッターの方に依頼したい」「子どもを2人いっしょに預かってくれるベビーシッター会社が知りたい」と考えるママやパパもいるようです。荒川区在住のベビーシッターも登録している「キズナシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

キズナシッターは、全国のさまざまな地域のベビーシッターの方が登録している保育のプロ集団で、全員が保育士や幼稚園教諭などの国家資格を所有しています。保育の現場での経験も豊富なため、赤ちゃんや子どもの気持ちに寄り添った丁寧なシッティングが好評です。

 

キズナシッターでは0歳から12歳までの子どもを、3人まで同時にシッティングすることもできるので、年齢の離れた子どもがいる家庭にも利用しやすいベビーシッターサービスといえるでしょう。荒川区の子どもの預け先のひとつとして、キズナシッターの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

スマホ版・ベビーシッターさん検索はこちら

https://kidsna-sitter.com/

お住まいのエリアからシッターさん検索が可能です♪
※実際のご予約依頼はアプリからお願いします。

キズナシッターアプリAppstore
キズナシッターアプリAndroid

ページ上部へ戻る
シッター希望の方向けの記事はこちら