子どもにかかわる仕事

子育て心理カウンセラーの役割とは。資格取得方法や活かせるシーン

子育て心理カウンセラーとは、どのような資格なのか知りたい方もいるのではないでしょうか。今回は、子育て心理カウンセラーの役割や資格の取り方、活用方法をご紹介します。

子育て心理カウンセラーとは

子育て心理カウンセラーは、一般社団法人子育て心理カウンセラー協会が認定する民間の資格です。一般社団法人子育て心理カウンセラー協会によると、子育て心理カウンセラーは、自分の命をかけて赤ちゃんを産み、心身や時間、人生をかけて育てるママの願いや思いを叶える、お手伝いやアドバイスをするスペシャリストの名称とされています。ママと子どもがいっしょに幸せになる子育て心理の知識を世の中に広めることを理念としているそうです。

子育てカウンセラーの資格取得方法

stock.adobe.com/west_photo



子育て心理カウンセラーの資格は、どのような手順で取得するのか気になる方もいるようです。資格取得の流れをご紹介します。

申し込み

子育て心理カウンセラーの講座を受けるために、受講申し込みを行います。子育て心理カウンセラー協会の教室で受講する他に、在宅でオンライン受講もできるので、希望するコースを予め選択しておきましょう。申し込みは、電話またはFAXで受け付けているそうです。

受講

stock.adobe.com/sharaku1216



専用のテキストを2冊使用し、コースによって18時間相当の講座を受けます。教室受講コースは6日間と3日間の2種類があり、在宅受講コースにはDVD教材で学ぶ他に、マンツーマンの個別講座が受けられるコースもあります。

試験

受講終了後、認定試験を受けます。認定試験は100門の記述式で、時間は1時間30分とされています。テキストやノートの閲覧が認められており、合格点は70点で、合格率は98%です。

子育てカウンセラーの資格の活用方法

stock.adobe.com/maru54



子育てカウンセラーの資格は、どのようなシーンで活かせるのでしょうか。実際に、資格を取得した方に活用の仕方を聞いてみました。

保育の仕事に活かす

「保育園で働いていると、保護者の方から子育ての相談を受けたり、同僚とディスカッションをしたりすることがありました。子育て心理カウンセラーの資格を取得してからは、より広い視野で相談に対応しやすくなったように感じます」(20代/保育士の女性)

保育士と子育て心理カウンセラーの資格を掛け合わせ、保育現場でスキルを活用している方がいるようです。自治体の子育て相談員として働いている方のなかからは、自分のスキルアップのために資格を取得したとの声もありました。

自分の子育てに取り入れる

stock.adobe.com/blanche



「ワンオペ育児が続き、心にゆとりがなくなっていたときに子育て心理カウンセラーの講座を受けました。自分で決めたルールに縛られていたと感じ、前向きに子どもと向き合えるようになってよかったです」(30代/1歳児のママ)

子育てをする上で、学んだ内容を活かしている方も少なくないのではないでしょうか。他には、子どものよいところを見つけやすくなったというママもいました。

社会貢献活動をする

「核家族が多い世の中で、私の時代とは違った悩みを抱えるママやパパがいるのではないかと思いました。今の時代の子育て世帯の力になりたいと考え、子育て心理カウンセラーの資格を取得して交流サロンを開催しています」(50代/女性)

子育て中の家庭をサポートしたい気持ちから、子育て心理カウンセラーの資格を活かした場づくりをしている方もいました。子育てにまつわる相談が多いことから、子育て心理カウンセラーの資格を取得したベビーシッターの方もいるようです。

出典:一般社団法人日本子育て心理カウンセラー協会 公式サイト/一般社団法人日本子育て心理カウンセラー協会

子育て心理カウンセラーは子育て心理の知識を世の中に広める役割

stock.adobe.com/Khunatorn



子育て心理カウンセラーは、ママの願いや思いを叶え、お手伝いやアドバイスをする役割の民間の認定資格です。資格を取得するためには、講座を受けて試験に合格する必要があります。保育にまつわる仕事や自身の子育てで、学んだことを活かしている方もいました。子育てに悩む方や、スキルアップを目指したい方は、公式ホームページから内容を確認してみてはいかがでしょうか。

子育てにまつわる仕事として「キズナシッター」も

子育て心理カウンセラーの資格が気になる方のなかには、一人ひとりの赤ちゃんや子どもを向き合う仕事にも興味がある方もいるようです。子育てにまつわる仕事を探している場合は、「キズナシッター」も検討してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターは、赤ちゃんや子どもを預けたい方とサポートしたい方をつなぎ、シッティングを行うベビーシッターのマッチングサービスです。担当する赤ちゃんや子どもの年齢や人数、時間帯は自由に設定できるため、ワークライフバランスが取りやすいといえるでしょう。

キズナシッターでは、ベビーシッターの方に安心してお仕事をしていただくために、万が一のケガや事故に備えて保険に加入しています。副業としての登録も可能なため、興味のある方はアプリのダウンロードから始めてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る
保護者の方向けの記事はこちら