子どもにかかわる仕事

産前産後ヘルパーの資格とは?仕事内容や身につけておくとよいこと

産前産後ヘルパーの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。妊産婦のママをサポートするために、詳しい内容を知りたい方もいるようです。今回は、産前産後ヘルパーの資格や仕事内容、身につけておくとよいことをご紹介します。

産前産後ヘルパーになるための資格とは

産前産後ヘルパーに関わる資格について、概要や資格の取得方法をご紹介します。

資格の概要

産前産後のママを支える資格として、「産前産後ヘルパー技能認定」というものがあります。

この資格は、一般財団法人日本医療教育財団が認定しているものとなり、妊娠から出産までの流れや新生児の体のしくみといった、産前産後ヘルパーとして必要な知識と技術を取得できる資格となります。

資格の取得方法

産前産後ヘルパー技能認定の資格取得は、承認を受けた教育機関において、所定のカリキュラムで技能を習得し修了試験に合格する必要があります。

修了試験は、「産前産後ヘルパー技能認定申請資格に関する教育訓練ガイドライン」から出題され、学科の筆記試験のみとなるようです。得点率は90%以上ですが、資料の持ち込みは可能とされています。

出典:技能審査認定 産前産後ヘルパー技能認定/一般財団法人 日本医療教育財団

産前産後ヘルパーの仕事内容

stock.adobe.com/yamasan



産前産後ヘルパーになりたい方のなかには、詳しい仕事内容を知りたい方もいるようです。自治体や対応している民間の会社によって、仕事内容は異なるようですが、妊産婦の方のいる家庭において、一般的にどのようなことを行うのか確認していきましょう。

育児

育児については、新生児の授乳やおむつ交換といったお世話以外にも、沐浴介助のサポートを行うことがあるようです。また、上の子がいる場合には、遊び相手などのお世話をすることもあるでしょう。

自治体が行っている産前産後ヘルパー事業では、育児に関する支援は、保護者と子どもがいっしょにいる場所で行うケースが多く、ヘルパーと子どもだけでの留守番や外出の対応は行っていないようです。

家事

家事は、簡単な食事の準備や片づけ、衣類の洗濯、掃除といった日常的に行われる家事全般について対応している場合が多いようです。自治体によっては、近隣のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでの食材や日用品の買い出しも、対応しているケースもあるでしょう。

病院への付き添い

育児や家事以外にも、妊婦の通院や赤ちゃんの健診、上の子の病院受診などの付き添いに対応している場合もあります。依頼によっては、赤ちゃんを連れての、上の子の保育園や学校などへの送迎に付き添うといったこともあるかもしれません。

産前産後ヘルパーとして身につけておくとよいこと

stock.adobe.com/PRPicturesProduction



出産前後のママたちをサポートするために、どのようなスキルをもっているとよいのでしょうか。仕事を行う際に、身につけておくとよいことを見ていきましょう。

新生児期の対応力

産前産後ヘルパーとして、お仕事をしていると新生児期の赤ちゃんと関わる機会が多いため、寝かしつけや授乳、おむつ交換といったことに素早く対応できるスキルが身についているとよいでしょう。

初めて出産を経験したママのなかには、寝かしつけや授乳が思うようにできず、悩むケースも少なくないようです。産前産後ヘルパーとして、手際よく赤ちゃんの対応ができれば、ママもゆっくり体を休められるかもしれません。

家事全般の適応力

産前産後ヘルパーの仕事内容には、家事の対応も欠かせないため、日常的な家事全般に適応できるスキルが身についているとよさそうです。日常生活において必要となる家事を日頃から実践しておくことで、業務において依頼されたときにも、スムーズに対応できるでしょう。

コミュニケーション力

育児や家事のサポートを行う際に、大切になってくるのはコミュニケーションスキルとされています。どのようなサポートを必要としているのか、細かくヒアリングをして、気持ちに寄り添いながら進めていくことで、ママたちも信頼して任せてくれるようになるかもしれません。

ママたちが安心感をもって楽しく子育てができるように、産前産後ヘルパーが心の支えとして力になってけるとよいでしょう。

産前産後ヘルパーの資格を検討してみよう

stock.adobe.com/chikala



産前産後ヘルパーの資格として、「産前産後ヘルパー技能認定」というものがあるようです。これは、妊娠から出産までの流れや新生児の子育てについて学び、知識と技術を取得できる資格とされているようです。産前産後ヘルパーの仕事内容は一般的に、育児や家事、病院の付き添いなどがありました。仕事を行う際は、新生児期の対応力以外にも、家事全般の適応力やコミュニケーション力が身についているとよさそうです。妊産婦の力になりたいときには、産前産後ヘルパーの資格を検討してみてもよいですね。

出産前後のママのサポートをしたいときは「キズナシッター」も

保育士や看護師の資格をもっている方のなかには、産前産後のママたちのサポートがしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。資格を活かし、出産前後の家庭の力になりたいときには「キズナシッター」を検討してみてはいかがでしょうか。

キズナシッターとは、保育士や幼稚園教諭、看護師資格を所有している方のみが登録できるベビーシッターのマッチングサービスです。キズナシッターの産前産後のシッティング内容は、上の子の保育園や習い事教室への送迎、赤ちゃんのお世話やサポートなど、育児のサポートが中心となります。

働くスケジュールや仕事を受ける料金は、ご自身で自由に設定ができ、副業としての登録も可能です。ご自身の取得している資格を活かし、働き方の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

ページ上部へ戻る
保護者の方向けの記事はこちら