東京都のベビーシッターを探す

検索結果 160 件
1 2 3 4

東京都のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう東京都のベビーシッターを探せます。「自分自身の3人の子どもの育児経験から、育児で困っている方の助けになりたいと思い、ファミリーサポートでの預かり保育活...」「大学4年間で保育について学び、保育士資格と幼稚園教諭一種免許を取得しました。現場での保育歴はありません。現在は新卒...」「以前幼稚園教諭として5年働いており、主に4,5歳児の担任をしていました。"自分の力でやり遂げよう"子ども達の自主性...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

東京都は待機児童が5414人(2018年)と、全国でも最も認可保育園に入りにくい都市となっています。各自治体は待機児童を解消するために、認証保育園や保育ママなど、認可外保育も含めて受け入れ枠を増加させていますが、今後も入園希望者が増えることが見込まれ、保活の厳しい現状は続く見通しです。そこで東京都では、0~2歳の待機児童を対象に、ベビーシッターの利用に対して補助制度の導入を予定しています。特に23区では認可保育園の入園の際に、ベビーシッター利用で加点対象になる場合が多く、保活を有利に進める事ができると注目されています。ベビーシッターは、マンツーマンでの保育となるため、子どもの思いに寄り添った丁寧な保育を実現し、保護者と一緒に子どもの成長を見守っていきます。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】産後の育児疲れを感じたとき。具体的な解決方法とは
産後は、ママの体調が少しずつ回復していく期間でもありますが、慣れない子育てのなかで育児疲れを感じているママもいるのではないでしょうか。なかには、育児疲れに対して、どのように対応していけばよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、育児疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の育児疲れの解決方法を紹介します。
子どもを一時的に預ける場所の種類。預け先の具体的な活用法とは
日頃、子どもを保育園などに預けていない場合や、預けている場合であっても一時的に子どもを預けられる場所を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、預けたい理由に応じて、どんな預け先があるのかわからない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時的に預ける場所の種類や、具体的なシーンに応じた活用内容を紹介します。
【体験談】産後に疲れやすいと感じたとき。対策方法や息抜き時間の工夫とは
産後は、夜中の授乳や慣れない育児に追われ疲れやすいと感じるママもいるのではないでしょうか。なかには、疲れを感じたときに、どのように対応すればよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、ママが疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の疲れに対しての対策方法や息抜き時間の工夫について紹介します。