【4月からの定期利用も受付中】 保育歴10年 0〜年長まで担任経験あります 神奈川/埼玉/千葉等もお気軽にご相談ください|ベビーシッター探すならキズナシッター

【4月からの定期利用も受付中】 保育歴10年 0〜年長まで担任経験あります 神奈川/埼玉/千葉等もお気軽にご相談ください

100.0点 (25回)
東京都 > 武蔵野市
JR中央線 > 吉祥寺駅
1,800円/時間
預かり年齢 0歳〜8歳、1人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
幼保無償化対象ベビーシッター 対象
内閣府補助(ベビーシッター派遣事業割引券) 対象
■2020年4月〜 定期利用募集中■


保育園、学童合わせて 10年 勤務経験あり
小学3年生までなら、育成も可能です

日々のお迎え、沐浴、リフレッシュ、親御さんの体調不良等々、ご依頼お待ちしております
 
※別日で事前面談を実施お願い致しております



ご依頼、お待ちしてます。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,800/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 100/時間
1歳 ¥ 100/時間
2歳 ¥ 100/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

JR中央線 > 吉祥寺駅
JR総武線 > 吉祥寺駅
京王井の頭線 > 吉祥寺駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

ベビーシッターの口コミ・レビュー

100点
母親 (女の子0歳)
2020年03月11日
子どもが安心している姿にホッとしました。
事前に様々なことを調べて、娘との過ごし方を考えてくださったり、私たち親のこともケアしてくださったり、嬉しいことばかりでした。ありがとうございます。
100点
母親 (女の子1歳)
2019年09月26日
とても優しくて
男の子も女の子も安心しそうな方でした。
機会がありましたら
また是非お願いします。
100点
父親 (女の子0歳)
2019年05月22日
初めてだったので、とても緊張してお待ちしてましたが、最初から最後まで丁寧に対応いただき、朗らかな雰囲気でしたので安心してお任せすることができました。また、細かな子どもとの距離感について拝見していて、とても勉強になることも多く、子どものことをお任せすることで時間ができるだけでなく、子育ての普段わからないことを学ぶのにも役立ちました。またお願いしたく思います。
100点
母親 (男の子0歳)
2019年02月22日
今回も暖かなケアをしていただきありがとうございました。
たくさん抱っこしていただいて、とても安心してます。

キズナシッターからのコメント

保育歴8年、0歳~年長までの担任と小学生の学童もご経験豊富のシッターさんです。集団保育ではできないことを1対1のベビーシッターでは大事にしたい、育児でがんばりすぎてしまう保護者さんのサポートをしたいとベビーシッターのお仕事への熱意を語ってくださいました。保護者さんのご要望に合わせて臨機応変に対応してくださるシッターさんです。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
ワーキングマザーが感じる小1の壁とは?学童保育や児童クラブの利用の仕方など
ワーキングマザーとして生活しているママは、学童保育や児童クラブについて知りたい方もいるかもしれません。今回の記事では、ワーキングマザーが感じる小1の壁と、小学生が利用している学童保育について、学童保育を利用できない場合の対応の仕方をママたちの体験談を交えてご紹介します。
子どもが留守番をするときの約束。気になることや子育て支援サービスの利用について
子どもの留守番の仕方について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、安全面などの子どもが留守番をするときに気になることや、火や刃物を使わないといった留守番の約束、子どものために行なった工夫を、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。
働くママを応援する子育て支援制度とは?制度の内容やママたちが利用しているサービス
働くママのための子育て支援について気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は「子ども・子育て支援新制度」の概要や、新たにできた「地域型保育」などの働くママを支援する教育や保育の場、働くママのニーズに応じた子育て支援やサービスについて、内閣府と文部科学省、厚生労働省の資料をもとにご紹介します。