キズナシッター トップ > 群馬県 > 北高崎駅 > 1時間あたり2,000円以下

北高崎駅の近くで1時間あたり2,000円以下のベビーシッターを探す

検索結果 1 件
1

北高崎駅の近くで1時間あたり2,000円以下のベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう群馬県の北高崎駅(JR信越本線)の近くで1時間あたり2,000円以下のベビーシッターを探せます。「保育士時代は0〜5歳児、全ての年齢のクラスの担任を持ちました。その中で、受け持った子どもが病気で入院し、どんな病気...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
共働き家庭のワンオペ育児。仕事と家事、子育ての両立方法
家事や子育ての役割が、夫婦のどちらか一方に大きな負担となっている「ワンオペ育児」。共働き家庭の中には、パートナーの仕事の関係や協力体制によって、ワンオペ状態を引き起こしていることも少なくないようです。今回は、共働き家庭のワンオペ育児の体験談や、それを乗り越える働き方や家事、子育ての工夫を紹介します。
「BabyTech」でキズナシッターの体験レポートが掲載されました
「日本のBabyTechシーンを盛り上げること」をミッションに掲げるオンラインメディア「BabyTech(ベビテク)」で、キズナシッターの体験レポートが掲載されました。
ワンオペ育児の意味とは?育児や家事を乗り越えるコツ
子どもが生まれると、家事や子育て、仕事に追われ忙しい毎日を送っている方もいるかと思います。そんな子育て世帯の間で耳にすることが多い「ワンオペ育児」。この、ワンオペって何?と疑問に感じる方もいるかもしれません。今回は、「ワンオペ育児」という言葉の意味やどんな状態のことなのか体験談とあわせて、ワンオペ状態を乗り越えるコツを紹介していきます。