3歳、4歳、5歳、6歳に対応可能なベビーシッターを探す

検索結果 406 件
1 2 3 4 5 6 7 8 9

3歳、4歳、5歳、6歳に対応可能なベビーシッターを探せます

キズナシッターでは、あなたの希望にあう3歳、4歳、5歳、6歳に対応可能なベビーシッターを探せます。「保育園で正社員として6年、パートとして4年の勤務経験があります。保育園では、主に0、1歳時クラスの担任をしていまし...」「保育園、ワクワクプラザスタッフ経験あり。前職はフルタイムのSEで、現在中学生の双子の娘がいます。」「私は、子どもと触れ合い、お子様の成長を身近に感じられる保育の世界が大好きで、保育士になりました。今までの保育歴は、...」など、保育士・幼稚園教諭・看護師など国家資格を持つベビーシッターが大切に子どもをお預かりします。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】働くママのタイムスケジュールや仕事と家事を両立する工夫とは
日々の料理や洗濯、掃除などママにとってはやらなければならない家事がたくさんあります。さらに、仕事をしているママは、時間に追われることも多く、どのように家事を進めればよいのだろうと悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、体験談を通して、働くママのタイムスケジュールや仕事と家事の両立の工夫について紹介します。
パートでの一時預かり。利用シーンや利用のメリット、泣いたときの対応は
子育てをしているママのなかには、保育園の一時預かりを利用してパートで働こうと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、子どもを預けることに不安を感じていたり、泣いたときの対応などに悩みを感じている方もなかにはいるようです。そこで今回は、体験談を交えて利用シーンの例や一時預かりのメリット、泣いたときの対応方法など紹介します。
【体験談】2歳児の一時預かりの利用。利用シーンや泣くときの対応、預け先の選択肢とは
子どもが大きくなり、保育園の一時預かりを利用しているママもいるかもしれません。2歳児くらいになると、預けられることがわかり、泣いたり嫌がったりして預けることが一苦労と感じている方もいるかもしれません。今回は、体験談を交えながら、2歳児の一時預かりの利用シーンや泣くときの対応、一時預かり以外の預け先の選択肢を紹介します。