現在、リトミック講師・非認知能力のワークショップ講師をしています お子さまの可能性の種まきをしています♪ |ベビーシッター探すならキズナシッター

現在、リトミック講師・非認知能力のワークショップ講師をしています お子さまの可能性の種まきをしています♪

千葉県 > 八千代市
東葉高速鉄道 > 村上駅
1,900円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、3人まで
年齢 50代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
幼保無償化対象ベビーシッター 対象
内閣府補助(ベビーシッター派遣事業割引券) 対象
<経歴>
・幼稚園教諭4年間 
 担任 年少・年中(2回)・年長
・子育て支援センター 
 民間施設1年間
 私立3年間 一時預かり・親子イベント担当
・リトミックアシスタント講師 2年間
・保育園・幼児園でのリトミック指導・
 音楽指導 7年目
・インターナショナルスクール保育士3年間 
・小学校受験塾 講師 1年間
・某累計出版部数10万部以上の英語の先生の
 アシスタント 半年間
・ベビーシッター5年目

<保有資格>
・自治体認定ベビーシッター
・保育士
・幼稚園教諭
・チャイルドケアオブザーバー
・発達障害コミュニケーション指導者初級
・青少年ケアストレスカウンセラー
・准ケアストレスカウンセラー
・RTAベビーマッサージ初級講座終了
・リトミック認定講師
・音符ビッツ準指導者
・上級保育絵画指導インストラクター
・mpi(松香フォニックス)初級認定
・小学校英語準認定指導者
・パステル和アート準指導者
・普通救命講習終了(R.1.11.23)
・上級救命講習終了(R.2.1.19)
・小児MFA(2度受講、現在未更新)

✩なぜいろいろな資格を保有し、
    いろいろな職についたか✩
子育て支援勤務をしていたときに
親子で来館された方への
イベント提供をしていました。
せっかく来ていただいたのだから
「来てよかった。また来たいね」
そう思ってほしいという願い。
また、お子様の特性を見抜くのが
得意だったので
”こんなことをしたらこの子は興味を
もってくれそう”
そう思ったときに自分の努力不足で
ご提供できないのは悔しかったので
資格というひとつのハードルを目標に
研鑽をしてきました。

幼児期については
ベビーマッサージから小学校受験まで
専門のお教室へいくまでのことは
お伝えできるようにしています
そこまでの流れを把握するために
いろいろな職で実践してきました

またアシスタント業務をすることで
物事を俯瞰してみることや
実際にアシスタントとしての動きを
身につけました


☆こども関係のお仕事をいくつかしているため
稼働日は少なめです☆

☆大変申し訳ありませんが
18時以降のご依頼は
1時間あたり500円の割増があります。☆

☆犬が苦手です。すみません。
猫はなんとか大丈夫です☆

☆ご依頼は1日1組のみです☆

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,900/時間
2人 ¥ 2,300/時間
3人 ¥ 2,500/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

東葉高速鉄道 > 村上駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

千葉県八千代市のベビーシッターさんです。
沢山の知識と、経験をお持ちでとても専門性の高いシッターさんです。子どもたちが一番輝く関わり方やサポートは何かと常に学び続けている姿勢が印象的です。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
兄弟育児をして疲れたと感じるときは?辛いと感じるときの対処法
兄弟がいる子どもの育児をしているママやパパのなかには、辛い、疲れたと感じることがあるかもしれません。今回は、兄弟の育児で疲れたと感じるときや兄弟の育児で疲れたときの対処法、育児に疲れたときの子どもの預け先について、体験談を交えてご紹介します。
【お知らせ】お盆期間のサポートデスクの営業について
ダブルケアをしながら仕事もしているママやパパの対応。子育てと介護を行なうための工夫
ダブルケアをしているママやパパは、仕事と子育てと介護をどのようにしていけばよいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、ダブルケアが必要になった場合の対応の仕方や、親を介護するときの子どもの預け先、ダブルケアで疲れたときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。