保育歴9年目、幼稚園教諭。ベビーシッターは100回近く経験あります。|ベビーシッター探すならキズナシッター

保育歴9年目、幼稚園教諭。ベビーシッターは100回近く経験あります。

東京都 > 西東京市
西武新宿線 > 東伏見駅
1,800円/時間
預かり年齢 2歳〜12歳、3人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
内閣府補助(ベビーシッター派遣事業割引券) 対象
はじめまして!
ご覧頂きありがとうございます。

◉自己紹介
・西東京市在住、幼稚園教諭です。過去12年間水泳をやっており、幼稚園の先生か水泳の先生になるかで迷い、保育の道に進みました。昔から体を動かすことが好きで、休みの日にはジムに行ったりもします!普段は自転車に乗って行動しています。
・担任をしていた時のお母様方からは「基本的には優しいけど、叱るべき時はビシッと言う先生」と言われることが多かったです。

◉経歴
・2020年3月まで私立幼稚園にて8年間、クラス2.30人の担任をしていました。2歳児クラスの保育も経験あります。
・4月よりベビーシッター(他社)開始。現在はベビーシッター中心に、空いている時に幼稚園でお手伝いをしています。

◉保育について
・大前提として、各ご家庭の方針を大切にします。(例、子どもの要望には何でも応えて欲しい、なるべく1人でやるようにして欲しい 等)
・お子さんのやりたい遊びや気持ちを大切にしながら、遊びの幅が広がっていくような保育を心がけています。
・体を動かすことが好きなので、公園遊びやお散歩も喜んでお受けしています。

◉シッターになったきっかけ
・集団を見る保育の楽しさや喜びを実感する中で、個々に充分に関わる保育もしてみたいと思ったこと。
・個性あふれる子供たちと過ごし、卒園児を送り出す中で、保護者の皆様のご理解やご協力、暖かい言葉がけや労いの言葉があったことを実感しています。次は保護者の方々に何か出来ないかなと考えるようになり、【勤め先の幼稚園でも預かり保育や延長保育の需要が高いこと】【今回の休園でお困りの方々を目の当たりにしたこと】【子どもを持つ友人の話を聞き】、以上のことからベビーシッターに興味を持ちました。

◉最寄り
西武池袋線 保谷駅
西武新宿線 東伏見駅
中央総武線 三鷹駅
・この3つの駅から選んで伺います。

◉その他
⭐︎預け先が見つからない..
⭐︎手が回らない..
⭐︎家事がなかなか進まない..
などのお悩み解消はもちろん、
⭐︎美容院に行きたいからその間だけでも!
⭐︎お買い物に行きたい!
⭐︎たまには1人で、またはお友達と、または旦那様・奥様と、お出かけしたい!
などリフレッシュ系 他、

ご依頼お待ちしています。


よろしくお願いします。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,800/時間
2人 ¥ 2,100/時間
3人 ¥ 2,500/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 100/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

西武新宿線 > 東伏見駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

西東京市のベビーシッターさんです。幼稚園で8年のご経験をお持ちです。こどもの気持ちを第一に考えてやりたいことにそってサポートすることを大切にしてらっしゃいます。親御様に対しても、ご家庭の考えを大事にしながら寄り添って、親御様のご負担を軽減させたいとお話しされてました。ベビーシッターとしてのご経験も豊富な頼もしいシッターさんです。ぜひまずはご相談されてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
兄弟育児をして疲れたと感じるときは?辛いと感じるときの対処法
兄弟がいる子どもの育児をしているママやパパのなかには、辛い、疲れたと感じることがあるかもしれません。今回は、兄弟の育児で疲れたと感じるときや兄弟の育児で疲れたときの対処法、育児に疲れたときの子どもの預け先について、体験談を交えてご紹介します。
【お知らせ】お盆期間のサポートデスクの営業について
ダブルケアをしながら仕事もしているママやパパの対応。子育てと介護を行なうための工夫
ダブルケアをしているママやパパは、仕事と子育てと介護をどのようにしていけばよいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、ダブルケアが必要になった場合の対応の仕方や、親を介護するときの子どもの預け先、ダブルケアで疲れたときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。