ギターを弾きながら歌うことが好き♪療育施設、保育園にて担任をしていました。発達がゆっくりなお子さんへの保育経験あり。|ベビーシッター探すならキズナシッター

ギターを弾きながら歌うことが好き♪療育施設、保育園にて担任をしていました。発達がゆっくりなお子さんへの保育経験あり。

東京都 > 文京区
都営三田線 > 千石駅
1,600円/時間
預かり年齢 1歳〜12歳、1人まで
年齢 20代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
内閣府補助(ベビーシッター派遣事業割引券) 対象
はじめまして!
私がベビーシッターをしたいと思ったのは、第一子を出産した姉が、初めての子育てに奮闘する姿を目の当たりにしたからです。(陣痛から出産まで付き添い、新生児の頃は週3日ほど通ってサポートしていました!)少しでも保護者の方のお手伝いができればいいなぁと思っています。

【わたしの経歴】
大学卒業後は、発達がゆっくりな子ども達が通園する療育施設に就職。子ども達1人1人の発達に合わせ、丁寧な保育を心がけました。その後は保育園に移り、幼児クラスの担任をしていました。
療育施設では2歳から5歳までの合同クラス担任、保育園では幼児クラス担任を経験しました。経験年数は合わせて3年ほどです。
学生時代に小学校の特別支援級で1年間ボランティアをしていたことがあります。
療育に関することもお気軽にご相談ください。

【保育にあたって、大事にしていること】
どの現場でも「子ども達からの発信」を大切にした保育を心がけてきました。子ども達は遊びの天才!子どもならではの発想を受け止めて、さらに面白く広げることにやりがいを感じています。
大人になった今でも、子ども達から教えてもらうことが沢山あります。上下の関係ではなく、子ども達と同じ目線で対等に関わっていくことを大事にしています。

【好き、得意】
ギターを弾くことが趣味です。保育園で勤務していた時も子ども達と一緒に歌ったり、実際に楽器に触ってもらったりして音遊びを楽しみました。子ども達と遊ぶ用のギターを持参しますので、楽器可のご家庭はぜひお知らせください!
体を動かすことも得意です。絵本を一緒に読んだり、折り紙などの制作遊びも大好きです。生活リズムや状況、お子さんの興味関心に合わせて、様々な遊びを楽しみたいと思っています♪

【シッティングにあたって】
・まず保護者の方の想いを丁寧にお伺いすることを大事にしたいと思っています。不安に思うことは何でもお伝えください。
・1歳児未満のお子様のお預かりは、お断りさせていただくことがあります。
・電車で1時間以上かかる場合、お断りさせていただくことがあります。


ご依頼をお待ちしております!

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

都営三田線 > 千石駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
ワーキングマザーが感じる小1の壁とは?学童保育や児童クラブの利用の仕方など
ワーキングマザーとして生活しているママは、学童保育や児童クラブについて知りたい方もいるかもしれません。今回の記事では、ワーキングマザーが感じる小1の壁と、小学生が利用している学童保育について、学童保育を利用できない場合の対応の仕方をママたちの体験談を交えてご紹介します。
子どもが留守番をするときの約束。気になることや子育て支援サービスの利用について
子どもの留守番の仕方について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、安全面などの子どもが留守番をするときに気になることや、火や刃物を使わないといった留守番の約束、子どものために行なった工夫を、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。
働くママを応援する子育て支援制度とは?制度の内容やママたちが利用しているサービス
働くママのための子育て支援について気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は「子ども・子育て支援新制度」の概要や、新たにできた「地域型保育」などの働くママを支援する教育や保育の場、働くママのニーズに応じた子育て支援やサービスについて、内閣府と文部科学省、厚生労働省の資料をもとにご紹介します。