子供が好きです(^^)。現在小中学生の家庭教師をしています。学習指導、習字やペン字の指導ができます。|ベビーシッター探すならキズナシッター

子供が好きです(^^)。現在小中学生の家庭教師をしています。学習指導、習字やペン字の指導ができます。

岩手県 > 北上市
JR北上線 > 北上駅
1,600円/時間
預かり年齢 3歳〜12歳、3人まで
年齢 50代
性別 女性
経験・資格 幼稚園教諭
幼保無償化対象ベビーシッター 対象
平日、日中は定期予約可能です!

子供が大好きです。現在、夜に小中学生7人の家庭教師の仕事をしています。日中は時間がたっぷりあるので、もっともっとお子様とかかわりあいたいたく、ベビーシッターになりたいと思いました。

私自身には、成人した子供が2人いてどちらも働いています。孫が3人いる50代の主婦です。

家庭教師として、日ごろ高校受験指導もしていますので、宿題などの学習指導ができます。習字とペン字はともに5段ですので、美しい文字を書く指導もできます。英検3級の受験指導もできます。
幼稚園で1年、小学校で10年程講師をしていました。また、幼児教室を3年経営し、歌ったり踊ったり、工作したりして幼児との遊びの経験もあります。

多少ピアノが弾けるので、お子様と一緒に童謡を歌いたいです。また、工作が得意なので、牛乳パックやトイレットペーパーの芯などで、お子様と一緒に簡単なおもちゃを作りたいです。工作は、お子様の成長にあわせてご自宅にある折り紙、ペットボトル、ペンなど を使って、お子様の好きなものを一緒に製作していきます。

私は、ベビーシッターにとって大切なことは、愛情と安全だと思います。
子供はその未熟さゆえ、時として大人が思いもよらないことや周りが望まないことをする場合があります。家庭教師の仕事を通して、感情的にならず、子供の気持ちを尊重しながら、愛情をもって教え諭す力が身についてきたと自負しております。また、子供を預かるということは、すなわち命を預かるということです。子供は大人と比べて免疫力がないので、体調の変化も激しいです。常に注意深く子供を見守り、些細な体調の変化にも気をつけながら、適切に対応できるように責任をもって保育します。

大切なお子様をお預かりするので、安全に十分に気を配り、愛情をもってお世話をします。日ごろお疲れのお父様、お母様にとっても、そしてお子様にとっても、充実した楽しい時間が過ごせるように、精一杯、頑張ります。
安心して、私にお任せください。

北上市に住んでおります。車で30分以内に行けるご家庭を希望します。

年齢が3歳以上のお子様を希望します。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 1,600/時間
3人 ¥ 1,600/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 1,600/時間
4歳 ¥ 1,600/時間
5歳 ¥ 1,600/時間
6歳 ¥ 1,600/時間
7歳 ¥ 1,600/時間
8歳 ¥ 1,600/時間
9歳 ¥ 1,600/時間
10歳 ¥ 1,600/時間
11歳 ¥ 1,600/時間
12歳 ¥ 1,600/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

JR北上線 > 北上駅
JR東北本線 > 北上駅

保有資格

幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

岩手県北上市のベビーシッターさんです。
小学校で約10年お仕事していた経験や、幼児教室をご自身で開催していたご経歴など、保育教育現場で活躍されていたシッターさんです!

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
兄弟育児をして疲れたと感じるときは?辛いと感じるときの対処法
兄弟がいる子どもの育児をしているママやパパのなかには、辛い、疲れたと感じることがあるかもしれません。今回は、兄弟の育児で疲れたと感じるときや兄弟の育児で疲れたときの対処法、育児に疲れたときの子どもの預け先について、体験談を交えてご紹介します。
【お知らせ】お盆期間のサポートデスクの営業について
ダブルケアをしながら仕事もしているママやパパの対応。子育てと介護を行なうための工夫
ダブルケアをしているママやパパは、仕事と子育てと介護をどのようにしていけばよいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、ダブルケアが必要になった場合の対応の仕方や、親を介護するときの子どもの預け先、ダブルケアで疲れたときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。