キズナシッター トップ > 愛知県 > 安城市 > シッタープロフィール

保育歴7年半。わんぱく兄弟のママ保育士です。 お子様一人一人に寄り添い、一緒に笑って、一緒に遊んで、楽しく過ごしたいです

愛知県 > 安城市
JR東海道本線 > 安城駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、3人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士
はじめまして。プロフィールをご覧いただきましてありがとうございます。

保育園で6年半(2歳〜年長まで担任経験あり)、幼稚園で1年(フリー教諭)勤めた後、出産を機に家庭に入りました。

現在、小学2年生(男児)と年少児(男児)の母です。

私が勤めていた園は、ほとんどが公立園でしたので、お勉強的なことよりも、『のびのびあそび、日々のあそびを通してこどもを育てる』ことに重点をおいて保育してきました。

保育園では、担任をしたことがあるのは2歳児以上ですが、6ヶ月のお子さんから受け入れていた園ばかりでしたので、早朝保育、延長保育等で小さいお子さんと関わることもありました。2歳児の担任をしていたときは、0〜2歳児混合クラスでしたので、0、1歳児の子どもたちとも接していました。

お預けになるお子様が、シッターへの警戒心や緊張から、泣いてしまったり、保護者様から離れようとしなかったり…ということはあって当然です。大人でも初対面の相手に緊張しますよね。

まずは、お子様が心を開いてくれるように、一人一人に寄り添いながら、距離を縮めていきます。

お子様の好きなスキンシップやあそびがあれば、ぜひお知らせください。

一緒に笑って、一緒にあそんで、楽しい時間を過ごせたらいいなと思います。

お仕事だけではなく、
「ちょっと外出してリフレッシュしたい!」
「睡眠不足だから何も気にせず寝たい!」
「話し相手になって〜」
そんなご依頼も大歓迎です!

私自身も子育て真っ最中なので、保護者様の気持ち、よ〜く分かります。

お子様からも保護者様からも必要とされるシッターになれるよう、精一杯頑張らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

次男が園に行っている日中の時間のみではありますが、少しでも保護者様のお役に立てれば嬉しいです!

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 2,400/時間
3人 ¥ 3,200/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

JR東海道本線 > 安城駅
名鉄西尾線 > 南安城駅

保有資格

保育士資格

キズナシッターからのコメント

愛知県安城市のベビーシッターさんです。
保育園でのお仕事経験を通して、お子様の成長を近くで感じることが、保育の魅力であると語ってくださいました。それような感動的なシーンに関わっていきたいという想いで、ベビーシッターとして今回お仕事をスタートされました!

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育児疲れによる保育園の一時利用はできる?保育園以外に子どもを預ける先など
育児疲れを感じるとき、保育園に赤ちゃんや子どもを一時的に預けることはできるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、育児疲れによる保育園の利用はできるかや保育園以外の子どもの預け先、ママたちが考える育児疲れの解消方法を体験談を交えてご紹介します。
共働き家庭の仕事と家庭を両立するコツ。1日のスケジュールや利用したサービスなど
小学校に通う子どもと暮らしている家庭のなかには、夫婦が共働きをしていることもあるようです。子どもの習い事の送迎をどのように行うか考える方もいるかもしれません。今回は、共働き家庭のママの1日のスケジュールや仕事と家庭を両立するコツ、共働き家庭の子どもが習い事をするときのポイントと、活用している子育て支援サービスを体験談を交えてご紹介します。
子どもが一人で留守番をするのはいつから?一人で留守番をしてもらうときの約束や工夫
両親に用事があるとき、子どもに一人で留守番をしてもらいたいと感じることもあるのではないでしょうか。子どもだけで留守番をするとき、誰かに付き添ってほしいと考える家庭もあるかもしれません。今回は、いつから子どもに一人で留守番をしてもらったかや心配なこと、子どもが一人で留守番をするときにした約束と工夫したことを体験談を交えてご紹介します。