現在こども園で保育補助教諭で、勤務しています。のびのび、ニコニコ笑顔で楽しい時間で、お子さまをサポートいたします。|ベビーシッター探すならキズナシッター

現在こども園で保育補助教諭で、勤務しています。のびのび、ニコニコ笑顔で楽しい時間で、お子さまをサポートいたします。

鹿児島県 > 鹿児島市
鹿児島市電1系統 > 水族館口駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、3人まで
年齢 50代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
内閣府補助(ベビーシッター派遣事業割引券) 対象
はじめまして。わたしは、短大卒業後、保育園、託児所など、合わせて、5年6か月、保育のお仕事に携わりました。そして、現在、こども園勤務は、今年で、4年目になります。結婚後は、主人の実家が、酒類、お米、たばこ、雑貨販売の、お店を、営んでいましたので、後継者として、子育てしながら、お店の、手伝いに、励んでいました。こどもたちも社会人となりました。
そんな時、こどもたちが、通っていた幼稚園がこども園に、変わり、ご縁を、頂いて、もう一度保育で働く機会を、与えられ現在に至っております。そんな中で、わたしの息子に、こどもが出来、嫁の仕事復帰と同時に、孫の預かり保育を自宅ですることになり、私にとりましては、大変幸せで、楽しい時間を、過ごすことが、できました。2人目も授かり、同じく、自宅で二人の孫のお世話をしました。11月には3人目も、生まれる予定です。
話はかわりますが、今、児童虐待や、育児放棄など、こどもを、育てる環境に、とても危機感を、覚えてしまいます。
昔みたいに、近所つきあいも、希薄な世の中、他人に、こどもを、預けられなかったり、コミュニティ不足で、事件や、事故に、つながってしまうのでは。、と、私は思います。
幸せになる権利が、ある大切な命をもって生まれて来たこどもさんを、安心、安全に、育んでいきたいと、私は考えています。
ご両親や、こどもさんが、楽しく、元気に、過ごせるよう、お役にたつお手伝いを、ぜひさせて頂きたいと考えています。
幸せになる権利が、ある大切な命をもって生まれて来たこどもさんを、安心、安全に育みます。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 2,400/時間
3人 ¥ 3,600/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 200/時間
1歳 ¥ 200/時間
2歳 ¥ 200/時間
3歳 ¥ 200/時間
4歳 ¥ 200/時間
5歳 ¥ 200/時間
6歳 ¥ 200/時間
7歳 ¥ 200/時間
8歳 ¥ 200/時間
9歳 ¥ 200/時間
10歳 ¥ 200/時間
11歳 ¥ 200/時間
12歳 ¥ 200/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

鹿児島市電1系統 > 水族館口駅
鹿児島市電1系統 > 市役所前駅
鹿児島市電2系統 > 水族館口駅
鹿児島市電2系統 > 市役所前駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

鹿児島県鹿児島市のベビーシッターさんです。
ベビーシッターとしての経験も豊富で、だれでも安心してお預けできること間違いなしです!

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
ワーキングマザーが感じる小1の壁とは?学童保育や児童クラブの利用の仕方など
ワーキングマザーとして生活しているママは、学童保育や児童クラブについて知りたい方もいるかもしれません。今回の記事では、ワーキングマザーが感じる小1の壁と、小学生が利用している学童保育について、学童保育を利用できない場合の対応の仕方をママたちの体験談を交えてご紹介します。
子どもが留守番をするときの約束。気になることや子育て支援サービスの利用について
子どもの留守番の仕方について気になっているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、安全面などの子どもが留守番をするときに気になることや、火や刃物を使わないといった留守番の約束、子どものために行なった工夫を、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。
働くママを応援する子育て支援制度とは?制度の内容やママたちが利用しているサービス
働くママのための子育て支援について気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は「子ども・子育て支援新制度」の概要や、新たにできた「地域型保育」などの働くママを支援する教育や保育の場、働くママのニーズに応じた子育て支援やサービスについて、内閣府と文部科学省、厚生労働省の資料をもとにご紹介します。