キズナシッター トップ > 東京都 > 港区 > シッタープロフィール

【港区を中心に平日夜・週末のシッターを行います】 幼稚園教諭 3年・海外のプリスクール 3年 お気軽にご連絡ください!

東京都 > 港区
1,700円/時間
預かり年齢 2歳〜12歳、3人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 幼稚園教諭
はじめまして!
中川と申します。
現在は日中は会社員として勤務していますが、夕方以降の時間を子育てでサポートを必要とされているご家庭のために有効利用出来たらと思い、登録しました。

少し変わった経歴なのですが、まずは幼児教育を専攻後、関西の私立幼稚園で3年間幼稚園担任教諭として働いていました。

海外の幼児教育を学ぶためにその後オーストラリアへ留学し、英語を学んでから現地のAfter care/ Vacation care(学童保育)でチャイルドケアワーカーとして国際色豊かな環境で4歳から7歳くらいまでの子ども達の保育に携わり、毎週土曜日には日本語を学ぶ子ども達のための日本語補修校で4歳から12歳の子ども達の担任教師をしていました。

ドイツのインターナショナルスクールでは1年半ほど勤務経験があり、0歳から6歳までの保育園で保育士として勤務していました。

ですので、英語やドイツ語をお子様に学ばせたい方へは様々な学習も提供させていただきます。

また、ドイツ国際平和村という国際NGO団体で、アフリカやアジアから病気や怪我を治療するためにやってきた子ども達の滞在施設において、1歳から8歳くらいまでの子ども達の身の回りのお世話をする半年間の住み込みスタッフをしておりましたので、特別な資格はありませんが病児保育に関してもお問い合わせください。

国籍や環境を越え様々な子ども達と関わり幼児教育を学んできた中で最も大切にしていることは、子ども達と丁寧に向き合うこと、そして子ども達から発される学びたい!知りたい!の気持ちを尊重することです。
子ども達にとって心地の良い時間を提供させていただきたいと思っています。

また、親御様のご希望や子育てへの願いなどもぜひ聞かせて頂けたらと思います。

英語やドイツ語の指導のご希望なども承ります。

突然のニーズに備えてまずは一度面談だけということでも構いません(^-^)
対応スケジュールはあまり多く登録していないのですが、基本的には調整が可能ですのでお気軽にお問い合わせお待ちしています!

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,700/時間
2人 ¥ 2,300/時間
3人 ¥ 2,700/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

保有資格

幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

東京都のベビーシッターさんです。
海外での社会貢献活動の経験があったり、チャイルドケアワーカーとして子ども達のためにお仕事をしていたりと、とってもパワフルなシッターさんです!

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
在宅ワークやフリーランスは保育園に入れづらい?点数を増やすためにした工夫など
在宅ワークやフリーランスで働いていると、希望する保育園に入れないかもしれないと考える家庭もあるのではないでしょうか。今回は、在宅ワークやフリーランスは保育園に入りづらいのかや就労証明の用意の仕方、在宅ワークやフリーランスで保育園に入園する工夫と、入園の点数を増やすためにしたことを体験談を交えてご紹介します。
育児疲れを感じるときの具体的なストレス解消法
子どもを育てているなかで、育児疲れを感じるママもいるのではないでしょうか。しかし、家事や子育てに追われ時間や気持ちに余裕が持てないことで、ストレスを解消できずに悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、どんなときに育児疲れを感じるのか、具体的にどんなことをしてストレスを解消しているのか体験談を交えて紹介します。
子どものクラスが学級閉鎖になったときの過ごし方。留守番のルールや預け先など
子どもが小学校に通っているとき、感染症の流行などで学級閉鎖になってしまうこともあるのではないでしょうか。子ども自身が感染していない場合、仕事を休もうか子どもに留守番してもらおうか考える家庭もあるかもしれません。今回は、学級閉鎖になったときの子どもの過ごし方や子どもの預け先、子どもだけで留守番をするときのルールを体験談を交えてご紹介します。