キズナシッター トップ > 神奈川県 > 横浜市 > シッタープロフィール

男の子ふたりの母保育士です♪ゆったりとした空間づくりも!走り回って遊ぶことも!お任せください(^^) 新生児さんも受入可

神奈川県 > 横浜市
京浜急行本線 > 神奈川新町駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、2人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士
プロフィールをご覧頂き、ありがとうございます。保育経験に関しましては、定員100人程の保育園で4年間勤務し、今も現役で子どもたちと関わっています。
保育に携わって丸8年になります。

経歴詳細も記載いたしますので、参考にして頂ければと思います。

☆*:.。. .。.:*☆ ☆*:.。. .。.:*☆ ☆*:.。. .。.:*☆

【経歴詳細】
2003/3 短期大学幼児教育学科 卒業
保育士
幼稚園教諭二種免許 取得
2004/4 保育園にて
0歳児〜5歳児を担当
2007/3 結婚を機に退職
2012/12 第一子出産
2016/11 第二子出産
自宅近くの保育園に勤務しながら、
子育てに奮闘!!

☆*:.。. .。.:*☆ ☆*:.。. .。.:*☆ ☆*:.。. 。.:*☆

子ども大好き!そこを根っこに社会と人と繋がる仕事をしたく、保育士という仕事を選びました。

ご両親と同じ目線で、我が子を想う気持ちに寄り添った保育、またそれぞれのご家庭の空気感を大切にしながらサポートができればと思います♪
今…保育園に預けたくても預けられない、働けない、頼れるはずの祖父母も遠くに住んでいる…など、切実な事情をかかえているご家庭も少なくないのではないでしょうか…少なくとも私もその中の一人です。

自身の子どもを預け、他のご家庭のお子様をお預かりする…そこに切なさや矛盾を感じる方もいらっしゃるかと思います。しかしながら、たくさんの子どもたちと関わるからこそ、離れている時間があるからこそ、見えてくるもの、感じるものがあります。
頑張っているお母さんに〝頑張って〟はツライもの…なぜなら、いっぱい頑張っているからです。
頑張らなくていい…誰かに頼ったっていい…そんな時に頼れる場所がキズナシッターであるといいなぁと思います。ほんの少しの心のゆとりが、お母さんの笑顔に繋がります。

毎日笑顔で家庭を守っているお母さんのリフレッシュ!!大歓迎です(*´∀`*)一期一会…色々なご家庭との出会いを楽しみにしております。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 2,500/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 400/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

京浜急行本線 > 神奈川新町駅

保有資格

保育士資格

キズナシッターからのコメント

保育経験8年以上。0歳~5歳までそれぞれ担任経験をお持ちのベビーシッターさんです。ご自身もふたりのお子さんの子育て中なので、保護者の方と同じ目線で保育絵の悩み・不安に寄り添っていただけると思います。保育園での時間は受ける愛情が少しずつになるけれど、ベビーシッターは1対1でパワーを注げるのでよりお子さんと深く関われるのが楽しみですと語ってくださいました。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
日本テレビ「スッキリ」にキズナシッターがコメンテーターとして出演いたしました。
子どもの保育園や習い事の送迎サービス。ベビーシッターの活用方法とは?
急な残業や用事ができてしまい、子どもの保育園や習い事のお迎えに行けないとき、周囲に頼れる祖父母やママ友がいないと困ってしまうものですね。そのようなとき、気軽にベビーシッターの送迎サービスを利用できることをご存知ですか?ここでは、ベビーシッターの送迎サービスの活用方法やキズナシッターのサービスについて詳しく紹介します。
ベビーシッター利用で点数を獲得?調整指数における加点とは
保育園の入園に欠かせない選考基準の点数。点数が高いほど、入園の確率が上がりますが、都市部を中心にフルタイムの共働きであっても、入園できない現状があります。そこで、注目したいのが、調整指数においてベビーシッター利用が加点対象になることです。ここでは、ベビーシッター利用で狙える加点について詳しく紹介します。