キズナシッター トップ > 千葉県 > 松戸市 > シッタープロフィール

保育歴7年、二児の母です。 お子さんが温かく楽しい時間が過ごせるように精一杯努めていきたいと思います!

100.0点 (3回)
千葉県 > 松戸市
JR武蔵野線 > 新八柱駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、2人まで
年齢 30代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
はじめまして。
幼稚園教諭を7年していました。出産を機に退職し、今は5歳の女の子と3歳の男の子を子育て中です。
幼稚園教諭の他にも保育士と小学校の免許ももっています。大学では絵本について専門的に勉強したので、お子さんの興味と年齢に合わせた絵本を選んで読みきかせをすることが得意です。
ただおもちゃで遊ぶだけでなく、年齢や興味に合わせた身体を動かす遊びやわらべうたや触れ合い遊びなども積極的に取り入れて、おうちの中でも体も心も満足して過ごせるようにしていきたいです。

ご家庭で子育てする上で大切にしていることを一緒に大事にしながら、お子さんがやりたいことや好きなことを思う存分楽しめるようにしていきたいと思います。
ご家族がいらっしゃらない間も温かな愛情をもってお子さんの気持ちに寄り添いながら、お子さんが安心して過ごせるように精一杯努めていきたいと思います。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 1,600/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

JR武蔵野線 > 新八柱駅
新京成電鉄線 > 常盤平駅
新京成電鉄線 > 八柱駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

ベビーシッターの口コミ・レビュー

100点
母親 (女の子2歳、男の子2歳)
2018年12月27日
今日は、子供の体調不良により突然のドタキャンになってしまいすみませんでした。
親子共々、 お会い出来る事を楽しみにしていたので、またの機会にぜひ宜しくお願いいたします。
100点
母親 (女の子2歳、男の子2歳)
2018年12月17日
先日は、大変お世話になりました。
シッティング依頼した場所が公園で、珍しいケースだった様ですが、細かい要望まで色々とくみ取ってくださり、大変ありがたかったです。
初対面とは思えない位子供たちも安心して楽しく過ごせた様でして良かったです。
経過報告も、時系列に詳しく書いてくださったので、様子がとても良く伝わってきました。
また次回宜しくお願いいたします。
100点
母親
2018年12月17日
先日は大変お世話になりました。
初対面とは思えないくらいなついていた様でして安心しました。
報告も、時系列に詳しく書いてくださり様子がよく伝わってきました。
また次回宜しくお願いいたします。

キズナシッターからのコメント

幼稚園で7年お勤め後、ご自身の子育てをしながらもずっと保育に関する仕事に携わりたいとのことでキズナシッターに登録いただきました。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】産後の育児疲れを感じたとき。具体的な解決方法とは
産後は、ママの体調が少しずつ回復していく期間でもありますが、慣れない子育てのなかで育児疲れを感じているママもいるのではないでしょうか。なかには、育児疲れに対して、どのように対応していけばよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、育児疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の育児疲れの解決方法を紹介します。
子どもを一時的に預ける場所の種類。預け先の具体的な活用法とは
日頃、子どもを保育園などに預けていない場合や、預けている場合であっても一時的に子どもを預けられる場所を知りたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、預けたい理由に応じて、どんな預け先があるのかわからない方もいるようです。そこで今回は、子どもを一時的に預ける場所の種類や、具体的なシーンに応じた活用内容を紹介します。
【体験談】産後に疲れやすいと感じたとき。対策方法や息抜き時間の工夫とは
産後は、夜中の授乳や慣れない育児に追われ疲れやすいと感じるママもいるのではないでしょうか。なかには、疲れを感じたときに、どのように対応すればよいのか悩みを抱えている方もいるようです。今回は、ママが疲れを感じたときの体験談を交えながら、産後の疲れに対しての対策方法や息抜き時間の工夫について紹介します。