キズナシッター トップ > 東京都 > 練馬区 > シッタープロフィール

★保育士&調理師保有★小学生対応が得意です!保育歴8年!笑顔と安全を心がけます

東京都 > 練馬区
東武東上線 > 東武練馬駅
1,600円/時間
預かり年齢 0歳〜12歳、3人まで
年齢 20代
性別 男性
経験・資格 保育士
はじめまして、ご覧頂きありがとうございます。

【保育経歴】
学童保育勤務 6年
児童養護施設(2歳から18歳までの児童)勤務 2年勤めさせて頂きました。
ベビー&キッズシッターの経験もありますのでご安心ください。

【資格】
保育士、調理師の国家資格を始めとして
任用資格では、食育インストラクター、放課後児童指導員、チャイルドカウンセラー、上級救命講習なども取得しています。

【特技】
・無料で簡単なバルーンアートもします。
・工作やプラモデル作りのお手伝いいたします。

【おけいこ】
・水泳の初級指導、水慣れからクロールまで指導いたします。
・お料理・お菓子作り指導いたします。

【簡単な家事】
食器洗い、買い物、重たい物を運ぶなどの力仕事、お子様の様子を見ながら、できる限りのサポートをさせていただきます!
注:基本的に掃除道具などは、ご家庭にある物をお借りします。

★これまで小学生との関わり多く得意としています。
もちろん、幼児さんとの経験もございますのでお気軽にご連絡ください。

★突然のシッター以来や延長もやり取りさせて頂きながら、出来るだけご要望にお答えしたいと思いますのでご相談ください。
たまには、リフレッシュしたいなぁ。。。と言う方も大歓迎です!

★お子様一人ひとりの性格に合わせて、目線を尊重し会話を大切にしながら、「楽しかった」と言ってもらえるよう心がけます!

★体を動かす事が大好きなのでお子様と一緒に年齢別や発達に合わせた遊びを提供し楽しくサポートさせて頂きます!

★今までの経験から安心、安全な環境には配慮していますのでご安心ください。

どうぞよろしくお願い致します。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 2,100/時間
3人 ¥ 2,700/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

東武東上線 > 東武練馬駅

保有資格

保育士資格

キズナシッターからのコメント

東京都のベビーシッターさんです。
現場でのご経験はもちろんのこと、とても勉強熱心でたくさんの資格を取得し、日々お仕事に励んでいるシッターさんです。保育士資格をはじめ、調理師免許やチャイルドカウンセラー、食育インストラクターなど、保育や子どもに関わる知識をたくさんお持ちです!キャンプなどの野外活動にも積極的に参加しており、子どもたちが楽しい時間を過ごせるスキルをたくさんお持ちの素敵なシッターさんです!

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育休明けの働き方。復帰に向けて会社に確認したことや家庭で取り入れたこと
育休復帰後の働き方について、悩みを抱えている方もいるかもしれません。子育てしながらの仕事は「不測の事態に備えておきたい」「仕事と育児を両立できるよう準備しておきたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、体験談を交えて、育休明けの働き方について触れるなかで、復帰に向けて会社に確認したことや家庭で取り入れたことなどを紹介します。
働くママの仕事と育児を両立するコツや仕事面での工夫とは
働くママにとって、仕事と育児を両立することに悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。「どうやったら家事を上手に進めるのか」「育児をしながら仕事をこなしていくには」など悩みの内容は人それぞれかもしれません。そこで今回は、仕事と育児を両立するコツや仕事面での工夫、預け先の選択肢について体験談を交えて紹介していきます。
育休中の学童利用はできる?できなかったときの子どもの対応や過ごし方
上の子が小学校に通っている場合、下の子の出産で育休を取得した際、学童利用についてどのような対応になるのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、体験談を交えながら育休中の学童は利用できたか触れるとともに、学童を利用できなかったときの子どもの対応や過ごし方の工夫について紹介します。