キズナシッター トップ > 兵庫県 > 西宮市 > シッタープロフィール

保育歴15年。担任の経験もあります。子どもさんとの楽しいお遊びは室内室外共にたくさん提案できます。

兵庫県 > 西宮市
阪神本線 > 西宮駅
2,000円/時間
預かり年齢 0歳〜5歳、3人まで
年齢 40代
性別 女性
経験・資格 保育士/幼稚園教諭
はじめまして。

養護施設と保育所で0歳から18歳までの子どもさんの生活や遊びを通して保育でお仕事してきた経験があります。現在も平日は保育園で保育士をしております。
又3人の子育て経験もあり、自身もシッターの利用経験者です。そのような保護者の観点からもシッターのお仕事にしかない魅力を感じています。
シッターとしての特色を生かしてお仕事したいと思い、こちらに登録しています。

今までは主に0~2歳までのクラスに配属されることが多く、特に小さいお子様をお預かりするのには慣れております。ご安心ください。
私のスローガンは子どもさんの個々に合わせた成長と個性を尊重し、愛情たっぷり楽しくシッターさせていただこうと考えております。
それぞれのご年齢に合わせて遊びも工夫したり、お時間いっぱい安全、安心にお預かりさせていただくように努めます。

私のお勤めの関係でご利用いただけますのは土日祝日のみとさせていただいております。

●急な延長も可能な限りご一報により対応致します。
(急なご用事の時間延長、電車の遅延など)

●シッターのお時間後に次のシッター予定や私の子ど
もの用事や予定がある場合には延長をお受けできな
いこともあります。

●長時間も短時間も対応致します。
(例えば2時間だけのお出かけ、1時間だけの保育所
のお迎えから自宅待機時間、半日の冠婚葬祭など)

ご不安や疑問点、お伝えされたいことなどは、事前に打ち合わせの時にお話下さい。
ご依頼お待ちしています。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 2,000/時間
2人 ¥ 3,000/時間
3人 ¥ 5,000/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

阪神本線 > 西宮駅

保有資格

保育士資格
幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

児童養護施設と保育所で0歳から18歳までの幅広い年齢のお子さんと関りを持たれてきたベビーシッターさんです。3人の子育て経験もあり、子育て中にご自身もベビーシッターさんを利用したこともあるそうです。利用者としての不安や求めることなど保護者さんの気持ちに寄り添い、誠心誠意対応していただけると思います。お子さんの個々に合わせた成長と個性を尊重し、愛情たっぷり楽しく過ごすという信念をお持ちです。それぞれのご年齢に合わせた遊びの工夫に期待できそうです。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
【体験談】産後のランニングはいつから?準備したものや気をつけたこと
産後、妊娠中に増加した体重を減らしたい、体を思い切り動かしたいと感じランニングを始めたいと考えているママもいるかもしれません。しかし、ランニングは激しい運動のため、いつから始めようかと悩んでしまう方もいるようです。そこで今回は、ママたちの体験談をもとに、産後のランニングの始め方やタイミング、また準備したものや気をつけたことを紹介します。
産後の保育園はどうする?保育園情報や上の子の送迎について
これから働こうと思っているママにとって、保育園の入園は重要な問題になってくるでしょう。いつから入園できるのか保育時間など、基本的な情報が気になる方もいるかもしれません。また産後、上の子の保育園の送迎について悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。そこで今回は、保育園の基本情報や保活内容、二人目の保育園について紹介します。
フリーランスで働く場合の保育園入園。手続きに必要な書類や保活を進める上でのポイント
現在、都市部を中心に保育園に入園しにくい現状があります。そのなかで、フリーランスで働いている方のなかには「保育園は入りにくいの?」と漠然とした不安を抱えている方もいるかもしれません。そこで今回は、フリーランスは保育園の入園が不利になるのかという疑問とともに、入園に必要な書類や保活を進めていく上でのポイントを紹介します。