キズナシッター トップ > 東京都 > 世田谷区 > シッタープロフィール

保育園5年/学童保育5年、合計10年の保育歴。いづれも正職員。子育て経験あり。楽しい保育を提供します。

東京都 > 世田谷区
東急田園都市線 > 桜新町駅
1,600円/時間
預かり年齢 1歳〜12歳、2人まで
年齢 50代
性別 女性
経験・資格 幼稚園教諭
はじめまして。
保育園と学童保育で計10年の保育歴があります。子育て経験もあります。現在高校生。仲良く楽しく暮らしています。

保育は、
言葉ではうまく説明できない幼少期から『自分の気持ちを伝えることができる』ような対話を常に心がけています。

親子や、大人子どもの関係で、ストレスなくお互いに尊重しあえる気持ちのいい『対話力』が育ちます。

何かを教えなくてはならない場面でも、ただ叱るのではなく。丁寧に対話で伝えることを心がけています。

叱ると子どもは「叱られたからダメなんだ。叱られなければいいんだ」と感じ取ってしまいます。それよりも自ら「あ!そうか!だからダメなんだね!」と気づける対話を積み重ねることが教育と思っています。

人間の悩みは殆どが人間関係ですので、自分の気持ちをしっかりと表現でき、相手を尊重するコミュニケーション力を育てることは重要だと思います。

様々な企業さまで、人材育成の講師なども、させていただいてますが、自分を表現する力が育っているほど、活躍できることを目の当たりにしています。

また、イヤイヤ期のお子様に対しては、子どもの気持ちがパッと切り替わり(フォーカスを変える)場面場面をお互いに楽しく進めることが得意です。嫌がることを無理やりさせることはせず、だからと言ってワガママにもせず。

例えば、
「ご飯にしましょう」と言っても、遊びに夢中で「やだー」と遊びをやめないような場面で、遊び感覚の競争やお歌などでお片づけを楽しみ、スムーズに食事に移行する、などです。

安心安全はもちろん、子どもも大人も楽しく気持ちよく!をモットーに保育をしています。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

◎スケジュール外でも相談可能です。
◎急な延長も対応できます。

ベビーシッター料金・価格

ベビーシッターの基本料金・預かり人数

1人 ¥ 1,600/時間
2人 ¥ 2,400/時間

ベビーシッターの預かり年齢・年齢別オプション料金

0歳 ¥ 0/時間
1歳 ¥ 0/時間
2歳 ¥ 0/時間
3歳 ¥ 0/時間
4歳 ¥ 0/時間
5歳 ¥ 0/時間
6歳 ¥ 0/時間
7歳 ¥ 0/時間
8歳 ¥ 0/時間
9歳 ¥ 0/時間
10歳 ¥ 0/時間
11歳 ¥ 0/時間
12歳 ¥ 0/時間

ベビーシッタープロフィール

最寄駅

東急田園都市線 > 桜新町駅

保有資格

幼稚園教諭免許

キズナシッターからのコメント

保育歴10年以上、東京都世田谷区のベビーシッターさんです。明るいあいさつと常にニコニコ笑顔が印象的で、保育の信念についてお話しいただきました。幼少期から「対話力」を大切にお子さんと接してらっしゃるそうです。普段はお子さんとの関りだけでなく、企業での人材育成研修の講師としてもご活躍です。お子さんへの声がけの仕方、関り方について勉強になる部分もあるのではないでしょうか。

お問い合わせ先

サービス内容や料金形態など不明な点がある場合は、フリーダイヤルでお電話いただくか、メール等でお問い合わせください。ベビーシッターのご希望をお伺い、おすすめのベビーシッターさんのご提案もさせていただきます!

シッター希望の方はこちらから
まずはキズナシッターをダウンロード!
インストール&登録 完全無料
育児に自信がなくなってしまいそうなときにできる対処法や大切にしたいこと
子どもが生まれると、子育て自体が初めての経験であったり、子どもによって違う性格に「どう対応したらよいの」と不安な気持ちを抱えてしまう方もいるのではないでしょうか。育児の悩みは、子どもによって異なることもあり、自信をなくしてしまいそうになることもあるかもしれません。そこで今回は、体験談を交えて育児のなかで大切にしていることや育児に悩んだときの対処法について紹介します。
育休復帰が不安。復帰に向けて仕事や家族のことで準備したこと
初めての育休復帰を行う場合、さまざまな不安な気持ちを抱く方も多いかもしれません。 例えば、長期間仕事を休んでいたことで「仕事はきちんとできるだろうか」「復帰後、家庭と仕事を両立できるか」など悩みの内容は人それぞれかもしれません。そこで今回は、育休復帰に向けて、仕事と家庭について準備していたことや心構えについて、体験談を交えて紹介します。
子どもを預けるときのお礼はどうしている?預けたタイミングやお礼の内容
子育て中は、子どもを連れて行かれない用事や2人目の出産などの際、子どもを誰かに預ける場合もあるかもしれません。そのようなとき「親へのお礼は必要なのか」「お礼はどのような内容がよいのか」などお礼の仕方について悩みを抱えている方もいるようです。そこで今回は、子どもを預けたタイミングやお礼の内容など、体験談を交えて紹介します。